タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

一週間フレンズ。

#11  「大切なトモダチ。」

23 分
祐樹はこれまでと変わらず、これからも香織との思い出を積み重ね、友達になっていこうと決めた。冬が訪れる中、以前クレープ屋で香織が辛く感じた様子で立ち去って行ったことが気にかかる祐樹は…!?

エピソード

  • 長谷祐樹はいつもひとりでいるクラスメイト・藤宮香織が気になり、友達になりたいと伝える。最初は拒絶しながらも、ひたむきな祐樹に香織は次第に心を開き始めるが…。
    23 分
  • 「私、友達との記憶、1週間で消えちゃうの―」。それを証明するかのように、記憶がリセットされるという月曜日、本当に香織は祐樹との記憶を失くしていた。
    23 分
  • 日記をきっかけに距離が縮まった祐樹と香織。祐樹と一緒の昼休みには香織は楽しそうに過ごすものの、クラスでは変わらず周囲と関わろうとしないことから、陰口を叩かれていた。
    23 分
  • 祐樹に続いて、将吾とも友達関係になった香織。そんな中、クラス内では、香織と将吾が友達同士だという話題で盛り上がっていた。
    23 分
  • 祐樹をより大事な友達だと認識してきた香織。しかし彼女はまだ他の人とは関わることを避け、祐樹と友達であることも知られないようにしていた。
    23 分
  • 数学で赤点をとり追試を受けることになった祐樹と沙希は、香織に数学を教えてもらうために、将吾も連れて彼女の家へ。香織が家に友達を連れてきたことに母親の志穂は喜びを隠しきれず…。
    23 分
  • 夏休み。学期中と変わらず、祐樹は香織と会っていた。公園やカラオケ、図書館ばかりが定番化していたある日、香織から海に遊びに行こうと誘われる。「ついに!」と喜ぶ祐樹だったが…!?
    23 分
  • 夏休みの最終日、案の定課題をまったくやっていなかった祐樹と沙希は、香織の家で香織と将吾に手伝ってもらうことに。のんびりとした沙希にペースを乱されながらも、課題を進める祐樹だったが…!?
    23 分
  • 転校生・九条一。彼は香織を知っている様子だったが、香織は彼を覚えていない。「裏切り者」という九条の言葉をきっかけに気を失った香織。目覚めると、横で心配する祐樹のことを完全に忘れていた。
    23 分
  • 祐樹はこれまでと変わらず、これからも香織との思い出を積み重ね、友達になっていこうと決めた。冬が訪れる中、以前クレープ屋で香織が辛く感じた様子で立ち去って行ったことが気にかかる祐樹は…!?
    23 分
  • 香織が記憶を失う原因を知った祐樹は九条と自分を重ね、自分がそばにいることで、また香織につらい思いをさせてしまうのでは…、と距離を置くようになる。一方、香織も祐樹の変化に気づくが…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ