タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
51 分
警察とマカフリーは、フォイに全てをしゃべらせることを承諾させた。マカフリーは、スティーヴンを隣室に呼び、スティーヴンは隠しマイクでデラに指示を出す。すると、フォイは意外なことを口にして…。

エピソード

  • エネルギー委員会の委員長である労働党下院議員のスティーヴン・コリンズは、順風満帆の人生を送っていた。翌年には入閣が確実視され、愛人・ソニアもいた。ところが、その生活は、ソニアの死によって一変する。
    51 分
  • メール紙に匿名でコリンズ議員とソニアの関係が真剣なものだったというFAXが入る。これに慌てたウィルソンは、アンを呼びつけ、コリンズと共に会見に臨ませる。だが、彼女は離婚は秒読みだったとうそをついた。
    51 分
  • 鞄の出所を言わず、逮捕されたマカフリーは、すぐに釈放されるが、ヒットマンに狙われる可能性があった。そこで、チューイという刑事とスワットチームが護衛につく。ところが、スワットが不可解な行動に出て…。
    51 分
  • マカフリーたちはフォイを締め上げるが、彼は白状しなかった。その後、フォイがゲイであること、フランスでソニアを仕事に誘ったこと、またフォイを雇った会社についてなどが、次々に明らかになっていった。
    51 分
  • 警察とマカフリーは、フォイに全てをしゃべらせることを承諾させた。マカフリーは、スティーヴンを隣室に呼び、スティーヴンは隠しマイクでデラに指示を出す。すると、フォイは意外なことを口にして…。
    51 分
  • 入閣を拒否されたコリンズは、ファーガスら閣僚に屈辱を味わわそうと、マカフリーに情報を渡すことにする。キャメロンたちは、記事が書けると喜ぶが、コリンズの談話にマカフリーは凍りついてしまう。
    51 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ