タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

TAXI ブルックリン 

第9話  「ダブル・アイデンティティ-」

48 分
あと7日で終了
ニューヨークの路上で、エルサルバドル出身のフェルナンダ・フローレスという女性が狙撃された。キャットとレオは、フローレスが家政婦として働いていたことをキャットの母から聞き、一緒に捜査を開始する。

エピソード

  • ニューヨークのタクシードライバーとして生計を立てている、フランス出身のレオ。収監されそうになっていた彼だったが、ニューヨーク市警の女刑事・キャットと組んで、一連の強盗事件の捜査に協力すると申し出る。
    51 分
    あと7日で終了
  • 有名デザイナーのサーシャ・ローエンタルが、息子・イアンの失踪についてキャットに捜査を依頼。キャットとレオは捜査中に、イアンの遺体を発見する。その後彼らは、サーシャがガンの診断を受けていることを知る。
    52 分
    あと7日で終了
  • キャットは、レオの身元保証人となった。そんな中、レオのタクシーの得意客、ヨセフ・ワイゼルが撲殺され、2人は犯人捜しに乗り出す。ヨセフの家から見つかった1万ドルの紙幣は、マフィアとの繋がりを示していた。
    49 分
    あと7日で終了
  • キャットが犯行現場に向かうと、女が胸を撃たれて死んでいた。その女は5人の子供の里親だ。年長の子供・トリスタンは、おばのローラに会おうと署から逃走。だが麻薬の売人・サミが彼女を人質にしてしまう。
    47 分
    あと7日で終了
  • 護送車が襲撃され、4人の収監者が逃走。そのうちの1人はキャットの父親の事件の目撃者、エリー・ウィルソンだった。また別の1人が遺体で発見されたことでロシアン・マフィアのリーダーとの繋がりが浮上する。
    48 分
    あと7日で終了
  • 逮捕したキャットを一躍有名にした連続殺人犯、パークスロープのストーカー。その妻、アマンダ・ピアソンが殺された。パークスロープのストーカーの再出現と思われる事件に動揺しつつも、キャットはレオと捜査する。
    48 分
    あと7日で終了
  • 3人のハンサムな男の死体が事故を偽装した状態で発見される。3人とも年配の金持ちの女性たちを相手にするホストだった。そこで、殺人者をあぶり出すために、レオがホストに成り済ましておとり捜査を始める。
    50 分
    あと7日で終了
  • キャットとレオがブルックリンの通りで、男の死体を調べるように頼まれる。男は何らかの兵器用の毒物にさらされ、気を失う前に謎の言葉を残していた。また、NY市警の全署が緊急プロトコルを発令する。
    44 分
    あと7日で終了
  • ニューヨークの路上で、エルサルバドル出身のフェルナンダ・フローレスという女性が狙撃された。キャットとレオは、フローレスが家政婦として働いていたことをキャットの母から聞き、一緒に捜査を開始する。
    48 分
    あと7日で終了
  • ブルックリンの街の半分が停電。そんな中、キャットは警察署前でギャング団メンバーであるスティクスを逮捕した。だが、取り調べ中にスティクスは2人の警官、レスター刑事とサム・コリンズ刑事を射殺する。
    49 分
    あと7日で終了
  • カペラ家の麻薬取引への関与が疑われるマリオ・マウラにヘロインを届けようとしたバイク便の配達人が殺害される。捜査の末、キャットとレオはバイク便の責任者であるアイリーン・デラインを逮捕するのだが…。
    53 分
    あと7日で終了
  • 息子・ニコと元妻・エイミーがNYに来ることになり、レオは大喜びだ。だが、レオに対して復讐心を抱くマルセイユのマフィアのリーダー・アンリは、2人のNY旅行を知り、彼女らを利用してレオ殺害の命令を下す。
    43 分
    あと7日で終了

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ