タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ホテリアー

第11話  

58 分
テジュンはドンヒョクの正体を知るも、しばらく様子見することにした。しかしジニョンが偶然この事実を知ってしまい、苦悩する。またドンヒョクはパートナーのレオに、ジニョンとの結婚をほのめかす。

エピソード

  • ソウルホテルは絶好の自然景観と伝統で名声を博していた。しかし、ある事件後の経営権争いを機に、一気に経営難になってしまう。そこで買収を目論む実業家たちがM
    59 分
  • ラスベガスに到着したジニョン。テジュンを捜すために奔走するが、手掛かりを掴めないでいた。一方、実業家のキム・ボンマンからソウルホテルのM&A依頼を受けたドンヒョクは、その仕事を請けるか否か頭を悩ます。
    60 分
  • テジュンと同居人のジェニ、ジニョンがロスに足を運ぶ。その途中、テジュンと口論になったジニョンは、砂漠の中にも関わらず車を降りてしまう。その後、偶然通り掛かったドンヒョクの車に拾われ助けられる。
    49 分
  • ホテルで感電事故が起こり、テジュンは迅速な対応を見せる。そんな中、ヨンジェはヒョンマンからスイートルームを空けてもらい、友達を呼んでユンヒの誕生日会を開催。しかし、心無いいたずら事件が発生し…。
    50 分
  • ヒョンマンはテジュンから総支配人の地位を奪われまいと、画策を企てていた。そして、テジュンを陥れることのできるビデオテープを手に入れることに成功。しかし、そのテープが行方不明になってしまう。
    50 分
  • スジンという子を預かるジニョンが、子供を部屋に連れて行く途中、ドンヒョクに会って市内ガイドを依頼される。その頃、ホテルの仲間はテジュンの歓迎会を開いていたが、ドンヒョクを案内中のジニョンは来られず…。
    51 分
  • ジニョンはドンヒョクから花をもらうが、送り返してしまう。それでもドンヒョクはジニョンに告白。一方、ホテルの厨房で仕事を始めたジェニは、料理長のお気に入りになった。また、ユンヒはホテルで働きたくて…。
    50 分
  • ヨンジェが泥酔した客とけんかになり、見ていたジニョンは客を殴ってしまう。客は警察を呼べと言い放ち、慌てたドンスクは土下座をして謝罪。一方、テジュンはドンヒョクとジニョンが一緒にいるところを目撃する。
    51 分
  • ドンヒョクはジニョンの誕生日に彼女と一緒に夕食をし、プレゼントにネックレスを渡す。その頃、ホテルの仲間とテジュンは、ジニョンのマンションでサプライズパーティーの準備していて、彼女の帰りを待っていた。
    57 分
  • 娘をソウルホテルから連れ戻すよう部下に指示するユンヒの父。部下がソウルホテルに乗り込んで騒動になる。テジュンは和解しようとするが、部下は聞き入れない。テジュンは、ユンヒがキム会長の娘だと知りし…。
    58 分
  • テジュンはドンヒョクの正体を知るも、しばらく様子見することにした。しかしジニョンが偶然この事実を知ってしまい、苦悩する。またドンヒョクはパートナーのレオに、ジニョンとの結婚をほのめかす。
    58 分
  • ヒョンジュンはドンヒョクの正体を知り、総支配人のテジュンの意見を聞かずに、ドンヒョクたちを追放する指示を下す。テジュンは慌てて止めに入るが、ドンヒョクは怒りに震えていて、手が付けられない。
    58 分
  • ユンヒが男に人質にとられ、屋上でとらわれの身になる。テジュンがすぐに屋上に駆け付けると、犯人は元カノだったチョン・ユンヒを連れてくるまで、キム・ユンヒを解放しないと脅かす。テジュンはそれを約束し…。
    58 分
  • ドンヒョクは、ジニョンが客の下着を買いに走る姿を目撃し、その姿に我慢できずにいた。そこでテジュンに自分がソウルホテルの買収を諦める代わりに、ジニョンをくれと迫る。そんな中、いわく付きの女が現れし…。
    57 分
  • ドンヒョクはテジュンが減員名簿を持ってこないため、オ・ヒョンマンに減員対象者を選ぶよう指示を出す。その後、ホテル内で対象者が発表されるが、テジュンは減員対象者名簿を破り、ある決意を口にする。
    50 分
  • ソウルホテルで働いていたジニが生き別れになった実妹だと知るドンヒョク。一方、テジュンはソウルホテルを買収しようとする漢江流通の資金出資疑惑に関する資料を新聞社にリークしたことを理由にリンチされる。
    49 分
  • キム会長はソウルホテルを外国のホテルチェーンに売ることを決断。だが、ドンヒョクはそれに反対する。活き活きしながら働くホテルの従業員たちが買収劇に巻き込まれることに、少しずつ疑問を抱くようになっていた。
    56 分
  • ソウルホテルの株を買い取り、株主になったドンヒョクは、本格的にホテル経営に乗り出す。ドンヒョクに裏切られたキム会長は彼を訴え、失脚させようとする。しかしドンヒョクは、ユンヒに助けられることになる。
    58 分
  • ドンヒョクはキム会長の手下に拉致されて殺されそうになる。しかし危機一髪のところでテジュンが駆け付け、ドンヒョクを救う。敵対し合っていたテジュンとドンヒョクだったが、互いを理解して和解することに。
    58 分
  • ソウルホテルの社員全員に株を分け与えることを発表するユン社長。そしてジニョンたちにホテルを頼むと言い残して亡くなる。そんな中、ドンヒョクもアメリカに戻ることになり、ジニョンにも航空券を渡すのだが…。
    57 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ