タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ミセン-未生-

第16話  

76 分
グレや彼の同期は新人ながらも企画を立案していた。グレの出した企画は採用されるが、オ次長はなぜか悪い予感を抱く。一方ソンニュルの部署では、上司のソン代理が工場に無理をさせていることが判明する。

エピソード

  • 無料 
    チャン・グレは幼い頃から囲碁の棋士を目指していたが、父親の他界によって断念し、26歳までバイトに明け暮れていた。ある日、母の知人の紹介でワン・インターナショナルのインターンになるのだが…。
    90 分
  • 上司はグレに「仕事は共同作業が大切だ」と諭すが、彼には共同作業する相手すら見つからなかった。そんな時、共同作業が必要なプレゼンが持ち上がり、同僚たちはなぜかスキルもないグレに声を掛ける。
    65 分
  • グレは同僚のハン・ソンニュルをプレゼン発表のパートナーにすることを決意する。しかしソンニュルはグレに全てを任せきりで、言うのは文句ばかりだった。その頃、3課で商品の輸出をめぐってトラブルが発生する。
    67 分
  • 個人プレゼンのテーマが、それぞれのパートナーに物を売ることに決まり、彼らは資料集めに奔走する。そしてプレゼン当日、グレとソンニュルのチームは、ソンニュルが緊張してしまってうまく話すことができず…。
    72 分
  • 営業3課から資源2課への引き継ぎ資料の中に大事な原本がなかったので、オ課長は資源部のマ部長、チョン課長と口論になる。一方、ヨンイは上司から女であることで理不尽に叱責され、トイレで涙を流していた。
    70 分
  • ウィルマートは担当者に会うことすら難しい取引先だったが、オ課長の高校の同級生が担当者ということでチャンスが到来。一方、IT営業課のパク代理は押しが弱く、取引先からもなかなか在庫を確保してもらえない。
    70 分
  • 業3課のオ課長は実現可能な中国の案件よりも、可能性の低いイランの案件に賭けたがっていた。そんな課長にグレは不安を感じていた。一方ヨンイは、温室効果ガスの排出権に関する案件の承認を得るよう指示される。
    70 分
  • オ課長はIT営業課が推し進める案件の担当を命じられるが、取引先のムン社長が女性の夜の接待を求めるため気乗りがしなかった。そして営業3課の面々は、ムン社長を泥酔させて契約を取り付ける作戦を実行するが…。
    71 分
  • 営業3課に中東のエキスパートと言われるパク課長がやってきた。彼は問題のある人物で、グレは高卒とバカにされてこき使われ、ベッキは仕事の仕方を教えてもらえず、ヨンイは机拭きやゴミ箱の掃除までやらされる。
    70 分
  • パク課長は女性社員にセクハラまがいの行為をしつつも、ヨルダンへの中古車輸出の案件を進めていた。しかしパク課長の中古車輸出の資料を見たオ課長は疑問を抱き、キム代理とグレを内部監査として取引先へ派遣する。
    70 分
  • パク課長は解雇され、キム部長も責任を取ってオフィスを去り、不正を暴きだしたオ課長が次長へと昇進する。営業3課にはチョン・グァヌンが課長としてやってくるが、親しいはずのオ次長らに威圧的な態度を取る。
    70 分
  • 営業3課は、懲戒解雇されたパク課長が進めていた中古車輸出の案件を再び軌道に乗せようと考えていた。正式に打診すると、専務もこの企画に興味を示していることが分かり、3課の面々は目的達成を目指して奮闘する。
    70 分
  • 営業3課による中古車案件のプレゼンが成功した。企画を進めるきっかけとなったグレは、そのことを会議で社長に褒められたため、一躍社内の注目の人物となる。しかし、そんな彼を横目に同期のベッキは焦っていた。
    69 分
  • グレは社長に評価された新人として注目されたが、同期の中でただ1人契約社員のため疎外感を抱いていた。グレはオ次長に「いつか正社員になれますよね」と尋ねるが、オ次長からは厳しい発言しか出てこなかった。
    74 分
  • グレは自分が正社員になれないことを分かっていたが、新規の企画を立てるなどして奮闘していた。そんな中、オ次長はグレに10万ウォンで何かを仕入れてそれを今日中に街で売りさばくという課題を与える。
    75 分
  • グレや彼の同期は新人ながらも企画を立案していた。グレの出した企画は採用されるが、オ次長はなぜか悪い予感を抱く。一方ソンニュルの部署では、上司のソン代理が工場に無理をさせていることが判明する。
    76 分
  • 成功すれば5億ドルもの利益になる太陽熱発電の事業の話が営業3課に舞い込んだ。しかし、オ次長はこの話に裏があるのではないかと考えて戸惑いを隠せない。そんな時、キム代理の同期が海外赴任することになる。
    80 分
  • オ次長は、太陽熱発電事業を成功に導けばグレを正社員にできるかもとの思いから、話を受けることに決める。しかし、事業を進めていくうちに不可解な事実が露呈し、誰もがこの裏には何かあるのではと疑い始めた。
    80 分
  • グレは中国支社のソク代理に、チェ専務の太陽熱発電事業に浮上した疑惑について話す。この行動が営業3課を危機に陥れるかもしれないとオ次長は心配する。また、事業に不安を感じたソク代理は疑惑を上司に報告した。
    82 分
  • 営業3課の新しい次長は以前のやり方を認めず、2年間の契約社員として入社したグレには契約終了が迫っていた。同期のヨンイ、ベッキ、ソンニョルとソン次長らはグレが正社員になれるよう奔走する。
    88 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ