タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
サンピルは、国民党公認候補としてキョンジェ市から出馬してほしいと事務局長・ドヒョンに頼まれた。一方、候補になるはずだったインギョンはショックを受ける。また、サンピルの元に妻・ギョンアから離婚届が届く。

エピソード

  • 高校を中退して溶接工となったサンピルは、彼らを解雇した韓国修理造船を相手取って、裁判を起こす。その頃、サンピルが暮らすキョンジェ市の議員による収賄が発覚したことで、補欠選挙が行われることになった。
    40 分
  • サンピルは、国民党公認候補としてキョンジェ市から出馬してほしいと事務局長・ドヒョンに頼まれた。一方、候補になるはずだったインギョンはショックを受ける。また、サンピルの元に妻・ギョンアから離婚届が届く。
    40 分
  • ダルスがクレーンから落ちたと聞いたサンピルは病院に駆け付ける。伯母から連絡を受けたギュファンはダルスを看病する傍ら、警察官の制服姿を見たいという父のために警察採用試験の面接会場で順番を待つ。
    41 分
  • 議員となったサンピル。議員室のメンバーも増え、本格的な活動を始めることになった彼は、早速企画財政委員会に配属された。国会では補正予算案の審議が始まろうとしていて、水面下では駆け引きが行われていた。
    40 分
  • 補正予算案に反対するサンピルに対し、国民党は懲戒処分を検討。信念を貫こうとするサンピルに、インギョンは常任委員会を移るよう提案し、党から爪はじきにされたら業績など残せないと説得を試みる。
    41 分
  • サンピルは派閥の重要さを知り、ドヒョンに土下座する。何も知らないインギョンは、ドヒョンに手紙を書くようサンピルを説得。一方、大統領に指示されたドヒョンは、サンピルを使って、反青派を牽制しようとする。
    40 分
  • 次期総選挙での公認候補から除外される議員のリストに自分の名前が載っていたことで、サンピルはショックを受ける。一方、インギョンはドヒョンが作成して故意に流出させた文書であると確信するのだが…。
    40 分
  • 補佐官としてサンピルと共に戦うと、インギョンはドヒョンに対して宣言した。ドヒョンはキョンジェ市からの出馬を狙って動き始める。またサンピルは自転車で地区を回って、市民の声に耳を傾ける毎日を送った。
    41 分
  • インギョンがドヒョンのスパイだという噂が議員会館で広まり、みんなが彼女を疑い始めた。そんな時、インギョンが補欠選挙の公認候補に選ばれる予定だったことを知ったサンピルはショックを受ける。
    41 分
  • 次期総選挙で国民党から公認を外される議員のリストと思われる名簿が流出。そこに自分の名前が載っていたサンピルはショックを受ける。インギョンは、ドヒョンが作成し、わざと流出させた文書だと確信した。
    40 分
  • 政局混乱の責任を取って現選挙区を去ると、ドヒョンが宣言。だが総選挙への不出馬は言明せず、その後出演したテレビ番組ではキョンジェ市生まれということをアピールする。そんなドヒョンに対してインギョンは…。
    40 分
  • 謹慎処分を受けたギュファンが職場復帰を申し出て、サンピルは彼を自宅に同居させることにした。その頃、キョンジェ市への新港誘致の話を聞いたサンピルは、地域有力者の団体・誘致運動本部の懇談会に出席する。
    42 分
  • 総選挙への出馬を断念するようドヒョンはサンピルに圧力を掛ける。この真意を知りながら黙っていたインギョンに、サンピルの怒りが爆発。国会周辺では、インギョンがドヒョンのスパイだとのうわさが駆けめぐる。
    40 分
  • サンピルが新港誘致は実現不可能なばらまき公約と言い放ち、誘致運動本部は猛反発。そして議員辞職を求める市民運動を起こす。そしてドヒョンは、市の党員協議会総会でサンピルの不信任案を決議させようと画策した。
    40 分
  • 新港誘致を反対するサンピルの主張に賛同して支援する市民も現れ始めた。一方ドヒョンは追い詰められ、焦りながらも強気を崩さない。そこでインギョンは一計を案じ、サンピルが離党するという情報をリークする。
    40 分
  • サンピルの不信任案は可決され、彼は1人だけの派閥を作ると宣言。そんな中、国民党の議員総会では、不動産市場の活性化をめぐって、大統領が推す大胆な規制緩和策と国務総理が主張する慎重論が対立するのだが…。
    42 分
  • テレビの討論番組で、不動産市場の活性化をめぐりサンピルとチャンミが対決。サンピルは庶民目線の熱弁で視聴者の支持を獲得し、勝利する。その一方でサンピルは、ギュファンの正体を知って動揺を隠せない。
    40 分
  • サンピルはチョルスンの不正を暴こうと意気込むが、その方法を見つけられない。そんな中、インギョンは、合法的な議事進行の妨害である無制限討論・フィリバスターという妙案を思い付くのだが…。
    41 分
  • 国会の閉会宣言とともに気を失ったサンピルだが、チョルスンが辞退し、一躍ヒーローになる。一方サンピル潰しを画策するドヒョン陣営は、ギュファンがダルスの息子だと突き止め、サンピルの不正を暴けとけしかける。
    41 分
  • ハンミン銀行の頭取に面会したサンピルは、被害者の夫ではなく国会議員として、彼を国政調査の場に引きずり出すと告げる。一方、駐車場で待つギュファンは銀行側から記念品を渡され、中身が札束だと気付く。
    40 分
  • 大統領から国民党の事務総長にと内々の提案を受けたサンピル。一方、辞任を迫られたドヒョンは、逆に大統領の離党を要求する。韓国民主党では非主流派のセチャンが代表となり、ウンギュが離党した。
    42 分
  • インギョンは、ドヒョンと決裂したチャンミを引き入れるべきだとサンピルを説得する。一方チャンミは、自分を見捨てたドヒョンへ復讐すべく、反青派と親青派の間で交わされた裏取引の情報をサンピルに渡した。
    41 分
  • サンピルの除名を求める声が高まり、党の倫理委員会に掛けられる。情報提供者の名前を公表するよう説得するインギョンだが、サンピルは拒否。しかしチャンミが、自分が情報提供者だと明かして報道官を辞任する。
    42 分
  • 金を渡したというハンミン銀行の行員の供述によりギュファンが逮捕された。サンピルの自宅にも検察の家宅捜索が入り、書類などが押収される。サンピルは会見で、頭取から受け取った金はすぐに返したと釈明した。
    41 分
  • サンピルが検察へ任意出頭し、その弁護をチャンミが買って出た。彼女は同時にシラ切り派入りも果たす。サンピルは取り調べに対して容疑を認めないにもかかわらず、国会では逮捕許諾決議案が可決されてしまう。
    41 分
  • チャンミはキム頭取の辞任とハンミン銀行の特別監査を要求。彼女はドヒョンの裏工作により違法献金疑惑で選管に告発されるも、国会に提出した監査要求決議案は、反青派と親青派の決裂によって政務委員会を通過した。
    40 分
  • 事務総長職を解任されることになったドヒョンは、立場上得てきた情報を駆使して危機を脱しようとする。彼の動きを察知したサンピルたちは大統領官邸に、ドヒョン解任のための秘策を提案するが…。
    40 分
  • 非常対策委員会の運営が決まった国民党だが、ドヒョンとチュンソプ、大統領官邸の裏取引により、外部に委嘱されるはずの委員長にチュンソプが就任。サンホとドヒョンが委員に任命され、シラ切り派はしてやられる。
    42 分
  • サンピルはペ・ダルス法の法案を発議し、法案通過のために奔走。一方、ドヒョンとチュンソプはこれを阻止しようと動く。ギュファンは「ダルスさんはこの世に存在しません」とのドヒョンの言葉に反発し、行動に出る。
    44 分
  • サンピルはドヒョンにペ・ダルス法の再上程への助力を請うが拒まれる。一方、インギョンは政務秘書官にと声を掛けられた。サンピルはドヒョンから、インギョンが夢を叶えられるよう彼女を手放してほしいと言われる。
    45 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ