タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

拝啓、民泊様。

#4  「嘘がバレ?。」

23 分
息子が旅館を始めたと聞き、うれしさのあまり思わず口に出た寛十郎の言葉から、リストラが沙織にばれてしまう。夫に騙されたと思い家を出て行く沙織。寛十郎は落ち込む寛太に旅館のイロハを教えようとするが…。

エピソード

  • ゲーム開発会社に勤めていた山下寛太は、ある日突然、会社からリストラされてしまう。そのことを労働基準監督署で働く妻・沙織に打ち明けられない寛太は、成り行きで民泊ビジネスを始めることに。
    24 分
  • 妻の沙織を説得し民泊を始めた寛太だが、まだリストラのことは言えずにいた。そんな中、初めての客を迎えるもクレームの連続。寛太の後輩で沙織の兄・昌平に助けを求めてその場を乗り切るのだが…。
    24 分
  • 労働基準監督署の沙織の元に民泊管理会社の社員がやって来た。沙織は寛太にその実態を伝えようと電話するが、寛太は動揺して電話を切ってしまう。そんな折、民泊の開業祝いに父・寛十郎が現れる。
    24 分
  • 息子が旅館を始めたと聞き、うれしさのあまり思わず口に出た寛十郎の言葉から、リストラが沙織にばれてしまう。夫に騙されたと思い家を出て行く沙織。寛十郎は落ち込む寛太に旅館のイロハを教えようとするが…。
    23 分
  • ハウスフリーエージェントが無許可で民泊を運営していた事実を知った寛太。突如、民泊を閉めることになった寛太は再就職を決意。そのことを沙織に話すと、彼女から思ってもいなかった言葉が告げられる。
    23 分
  • 新しいゲーム会社に勤め始めた寛太は、沙織のいない日々を過ごしていた。そんなある日の帰り道、沙織の兄・昌平がやって来る。自分の良さを見失っていた寛太は、誰もいなくなった民泊に立ち寄るのだが…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ