タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ウルフ・ホール

第2話  

90 分
北へと向かっていたウルジーは反逆罪で捕らえられた後、病死する。ウルジーの復権のため王に仕えていたクロムウェルは王の信頼を得て、枢密院の顧問官になった。一方、大法官のモアは異端者を激しく弾圧するが…。

エピソード

  • 1529年。20年におよぶキャサリン王妃との結婚生活において男児を授かることが叶わなかったヘンリー8世は、ローマ法王に王妃との結婚無効を認めるよう長い間働き掛けていたが、望む結果は得られなかった。
    90 分
  • 北へと向かっていたウルジーは反逆罪で捕らえられた後、病死する。ウルジーの復権のため王に仕えていたクロムウェルは王の信頼を得て、枢密院の顧問官になった。一方、大法官のモアは異端者を激しく弾圧するが…。
    90 分
  • アンが女児を出産し、ヘンリーはエリザベスと名付けるが落胆を隠せない。アンは宮廷内での自分の立場に危うさを感じ、周りを敵視し始めた。女予言者のエリザベス・バートンは王位を狙う貴族たちに利用されるが…。
    91 分
  • ヘンリーは落馬事故から回復したが、アンは流産してしまう。男児を産まないアンからヘンリーの心は離れ、ジェーン・シーモアへと移っていく。アンに失望したヘンリーは、結婚を無効にすべくクロムウェルに指示する。
    84 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ