タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
バイツァオがフォンを倒したことによって、松柏館は準決勝進出を決めた。師匠と再会の約束をした決勝戦まであと一歩のところにきたバイツァオは、次の対戦相手である賢武館のことを忘れ、祝勝会へ向かう。

エピソード

  • 岸陽で暮らすバイツァオは、明るく真面目な女の子だが、養父であり元武道の師匠・シャンナンによる不正事件が原因で、周囲から蔑まれ、試合にも出られずにいた。ある日、彼女は岸陽の道場対抗戦の開会式に向かう。
    47 分
  • シャンナンから道場を出ろと言われたバイツァオ。彼女は土砂降りの中、道場前に座り込み、師匠の許しを待つ。すると、駆け付けた松柏館門下生で大親友のシャオインに説得され、バイツァオは道場を後にする。
    47 分
  • バイツァオにけがを負わせたため、破門寸前となるシウダー。ところが、バイツァオがかばったため、事態は収束する。そんな中、バイツァオは以前助けてくれたチューユエンと再会し、傷の手当てをしてもらった。
    46 分
  • 師匠を思い出し涙するバイツァオを慰めるチューユエン。彼から手作りのお守りのリースを渡されると、バイツァオは力がみなぎる。ある日、師匠が松柏館に現れ、館長に彼女を弟子にしてほしいと頼み込むが…。
    48 分
  • 松柏館で元武道を始めたバイツァオは、道場対抗戦に参加する代表を決める選抜戦に臨む。男子はルオバイとイーフォンに決定。そんな中、女子は勝ち抜いたバイツァオとシウチンのどちらかが選出されることになった。
    48 分
  • 対抗戦に出ることが敵わず落ち込むバイツァオ。練習も休んでしまった彼女だが、ルオバイに叱咤激励され、気持ちを持ち直す。すると、遅刻しながらも道場にやってきた彼女を仲間たちは温かく迎えた。
    47 分
  • バイツァオは、チューユエンからけがをしたら手当てをしたいと言われる。彼女はそんなチューユエンのことが、次第に気になり始める。これが恋なのかは分からないが、彼女は彼を思うだけで笑顔を浮かべた。
    48 分
  • バイツァオはティンハオにからかわれて憤慨。だが、その彼から技についての大きなヒントを与えられる。すると、彼女はより練習に精を出す。ある日、バイツァオがチューユエンといると、そこにティンイーが訪ね…。
    47 分
  • 事故でけがを負ったシウチンに代わり対抗戦に出たバイツァオ。しかし、緊張のため1ラウンド目は惨敗。するとルオバイから「頭で考えず体の感覚を信じろ」と言われ、別人のように動き出し、圧勝を収める。
    47 分
  • バイツァオとチューユエンが楽しそうにしているのを目撃したティンハオ。ある日、彼は道場でバイツァオに歌をプレゼントして彼女を驚かせる。さらに彼は、道場の全員を驚かせるサプライズを用意していた。
    47 分
  • シェン監督とティンハオは強化チームに迎える選手を吟味していた。だが、バイツァオの師匠がシャンナンだと知ると、彼女を候補から外す。そんな中、予選通過チームで争う決勝トーナメントの抽選会が行われた。
    47 分
  • バイツァオがフォンを倒したことによって、松柏館は準決勝進出を決めた。師匠と再会の約束をした決勝戦まであと一歩のところにきたバイツァオは、次の対戦相手である賢武館のことを忘れ、祝勝会へ向かう。
    47 分
  • 松柏館と賢武館の準決勝。イーフォンが惜敗する中、実力者・ティンイーとバイツァオが対戦。ティンイーは、チューユエンからプレゼントされると期待していた髪飾りをバイツァオが身に付けているのを見て…。
    48 分
  • ティンハオに惨敗し、落ち込むルオバイ。バイツァオに激励され、彼は松柏館に対する切実な気持ちを打ち明ける。ティンハオにはいくら努力しても勝てないと悟ったルオバイは、元武道を辞めることを考えていた。
    47 分
  • バイツァオに負けたティンハオは、約束通りチューユエンとの決闘を取りやめ、シェン監督には彼女にチャンスを与えてほしいと頼み込む。一方、ルオバイは選抜されず強がっていたバイツァオの本心を聞く。
    47 分
  • バイツァオは空港へチューユエンを見送りに行くが、すれ違いで会えなかった。さらに、ティンイーからチューユエンの気持ちを聞かされ、さらにはプレゼントしたはずのペンまで突き返されてしまう。
    48 分
  • ティンハオはバイツァオをドレスアップさせ、祖父の誕生パーティーへと連れて行き、そこで彼女を本気で愛していると宣言。これに祖父は怒りだす。その帰り道、落ち込むティンハオはバイツァオに励まされる。
    48 分
  • シェン監督に帰国したティンイーの練習相手を務めるよう指示されたルオバイ。だが、バイツァオとの特訓を続けたいとこれを拒否。そこでシェン監督はバイツァオとティンイーの実力を測るため戦わせることにした。
    47 分
  • 誕生日すら忘れて練習に励むバイツァオだったが、仲間たちからサプライズで祝ってもらい幸せを感じる。そんな中、訓練センターのチームドクターにチューユエンが就任。バイツァオは戸惑いを隠せない。
    47 分
  • ティンイーはバイツァオにプレッシャーを与えようとして、記者たちに試合の取材に来るよう呼び掛ける。そんな中、ティンハオは慢心しているティンイーを一喝。ところが、それが兄妹げんかに発展してしまう。
    47 分
  • バイツァオは試合の様子がテレビで報道されることを楽しみにしていたが、ティンイーばかりが映っていた。格の差を見せつけられたバイツァオはルオバイに、みんなから一目置かれる選手になることを誓った。
    46 分
  • ティンハオはバイツァオのために、合宿に行く気がなかったルオバイを説得。その甲斐があって、ルオバイの参加が決定し、バイツァオたちは韓国の昌海館を訪れる。ところが、施設内を案内された一行は…。
    46 分
  • 合宿で最優秀選手に選ばれることがバイツァオにとって、ティンイーと国家代表を懸けて戦う再試合の必須条件だった。彼女はミンチュの挑発に乗らず、目的を果たそうとする。練習後、バイツァオは街でスリを見つけ…。
    47 分
  • 互いを思い合うバイツァオとチューユエンだったが、すれ違いの状況が続く。そんなある日、選手たちの前で元武道の精神を説いていたイルサン師範は、バイツァオの養父で師匠のシャンナンの批判を始める。
    46 分
  • バイツァオの運命が懸かっている昌海館との試合が始まる。しかし、ルオバイの体調が悪いことを知ったバイツァオは、試合のことなどお構いなしで、薬を取りに行く。戻ってきたバイツァオに対し、ルオバイは…。
    46 分
  • 高熱を出しながらも昌海館のミンスと戦うルオバイは、必死に耐え、リードを守りきり勝利を収める。試合終了後、ルオバイはチューユエンに看病してもらうが、そこで「バイツァオのことが好きなのか」と聞かれる。
    46 分
  • バイツァオはひょんなことから天才少女・ウンスと手合わせをすることになった。必殺技・旋風3連続蹴りを事もなげによけられてしまうが、ウンスはバイツァオにアドバイスを与え、2人は仲良くなる。
    47 分
  • バイツァオたちは12年前にシャンナンに薬を盛った犯人を捜すが、見つけることができない。選抜試合当日、バイツァオはチューユエン、ティンハオに後を任すことにして、昌海館へ戻り試合に臨む。
    47 分
  • シャンナンの事件が仕組まれたものだったと判明し、イルサン師範は謝罪。資格剥奪を取り消して、世界王者のトロフィーを返還する。そんな中、シャオインのおかげでバイツァオとチューユエンは、思いを通じ合わせる。
    46 分
  • シャオインはルオバイの気を引こうとするが、失敗。イーフォンはこれまでになく落ち込むシャオインを慰める。同じ頃、チューユエンはバイツァオに「好きな人はバイツァオだけだ」と告白するが…。
    46 分
  • チューユエンは、バイツァオのおかげでユンユエ宗師に会い、「自分のような過ちは繰り返さないでほしい」と言われる。チューユエンは託された道着を身に纏い、新たな気持ちで元武道に向き合うことにした。
    47 分
  • バイツァオは、ルオバイの本心を知った。また彼女は、シャオインたちとティンイーのパーティーに行くが、ルオバイのことで頭がいっぱいだった。ティンイーはそんなバイツァオに「絶対に負けない」と告げる。
    47 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ