劇場公開記念「ダブルミンツ」特集| U-NEXT 劇場公開記念「ダブルミンツ」特集| U-NEXT

カリスマ漫画家・中村明日美子による伝説の衝撃作「ダブルミンツ」。注目の実力派俳優・淵上泰史と、人気急上昇中のパフォーマンスユニットBOYS AND MENのメインメンバー・田中俊介がW主演という新鮮な顔合わせにも期待が高まります。U-NEXTでは、メガホンを取った内田英治監督と主演のおふたりが撮影の思い出を語るオリジナルのトーク番組を独占配信中!

  • イベントレポ
  • イベントレポ
  • プレゼント
  • 「ダブルミンツ」の魅力 「ダブルミンツ」の魅力

    同じ名を持つ男たち…ねじれた関係と墜ちていく運命 同じ名を持つ男たち…ねじれた関係と墜ちていく運命

    「ブエノスアイレス」「マイ・プライベート・アイダホ」の系譜を継ぐ、男同士の極限までの愛情を描く「ダブルミンツ」。
    主演を務めるのは、「僕だけがいない街」「ミュージアム」など話題作への出演が続き、今作が初主演作となる淵上泰史と、2016年日本レコード大賞新人賞を受賞したBOYS AND MEN(ボーイズ アンド メン)のメインメンバー・田中俊介。須賀健太が高校時代の高圧的な光央を演じ、冨手麻妙、川籠石駿平、ベテラン勢からは高橋和也(「そして父になる」「そこのみにて光輝く」)、小木茂光(「踊る大捜査線」シリーズ)が脇を固めている。
    監督は、日本映画界の異端児、内田英治。「下衆の愛」がロッテルダム国際映画祭ほか30以上の海外の国際映画祭で上映され話題を呼んだ俊英だ。
    Story Story
    「女を殺した―」。ある日突然、壱河光夫(淵上泰史)の携帯電話にかかってきた高飛車な声の主は、高校時代の同級生で今はチンピラになっている市川光央(田中俊介)だった。高校の新クラスで出会った同じイチカワミツオの音の名前を持つ二人だったが、冷酷で高飛車な光央(須賀健太)にいつしか光夫(川籠石駿平)は下僕となり逆らえない主従関係となっていた。数年を経て、衝撃的な再会をした光夫と光央だったが、かつての隠微な記憶が忘れられない光夫は、逆らうことなく共犯者となった。だがそれは高校の頃の主従関係でない、新しい形の関係へと姿を変えていく…。
    Staff&Cast Staff&Cast
    監督/脚本:内田英治 原作:中村明日美子「ダブルミンツ」(茜新社刊)
    出演:淵上泰史 田中俊介 須賀健太 川籠石駿平 冨手麻妙 高橋和也 小木茂光
    配給:アーク・フィルムズ、スターキャット 2017年/日本映画/100分(予定)
  • U-NEXT独占!監督&主演のふたりが呑み、笑い、語る“トリプルトーク” U-NEXT独占!監督&主演のふたりが呑み、笑い、語る“トリプルトーク”

    過酷な撮影、役作りのプレッシャー、作品への熱い思い。今だから、男同士だから、そしてお酒の場だからこそ語れるあんなことやこんなこと。3人の内緒話を、U-NEXTだけで独占配信!
    初対面の印象?……悪かった!笑 初対面の印象?……悪かった!笑

    「ダブルミンツ」の撮影から5カ月ほどが過ぎたある夜。都内某所のある店に久しぶりに集まったのは、内田監督、淵上泰史、田中俊介の3人。撮影の思い出を語るうち、田中に意外な事実が判明!?

    ふたりは真逆だよね ふたりは真逆だよね

    内田監督が「正反対」と語る、淵上と田中の演技へのアプローチ。ふたりが特にこの作品のために行った“役作り”とは?実は、田中に強いプレッシャーに与えた共演者がいたのだとか…!

    キス、いっぱいしたもんね キス、いっぱいしたもんね

    6/1(木)UP Coming Soon

    もしかして、続編、ある? もしかして、続編、ある?

    6/8(木)UP Coming Soon

    芝居ってつらい。けど、芝居したい 芝居ってつらい。けど、芝居したい

    6/15(木)UP Coming Soon

  • スタッフ&キャストコメント スタッフ&キャストコメント

    独占配信!W主演・淵上泰史&田中俊介コメント映像 独占配信!W主演・淵上泰史&田中俊介コメント映像

    淵上泰史
    淵上泰史
    なんだか、いつもだったら…そんな僕の期待を裏切る脚本の面白さと、内田英治監督が企画、脚本、そして自ら映画化する為に原作を獲りにゆく熱意のもと、映画『ダブルミンツ』主演として参加させて頂きましたが、監督との顔合わせ、話をしていくに中でとんでもない勘違いからスタートする事になろうとは…その時誰も予想していませんでした。その面白話はまたいつか、どこかで…。
    田中俊介
    田中俊介
    原作を初めて読んだ時の衝撃は今でも覚えています。ダブルミンツが持つ不思議な魅力。狂気的で、一見理解し難い光夫と光央の関係性。でも、そんな二人から放たれる空気感が本当に美しく、そこには紛れもない愛があると感じました。
    そんな魅力に溢れた作品を実写化、そして、光央を演じさせていただくにあたり、責任感を強く感じ、全身全霊をかけ、本気で挑まさせていただきました。映画『ダブルミンツ』、公開を楽しみにしていてください。
    中村明日美子(原作)
    中村明日美子(原作)
    今回こういうお話をいただいて正直実現は無理だろうと思っていたのですが、キャスト様スタッフ様のご尽力でこうして形になることができました。ほとんど不可能だろうと思ったキャスティングも、思いがけず熱心で情熱を持った方々に演じていただいて、この作品は本当に幸運でした。そして監督さま。重箱の隅をつつくような脚本の直しを叩きつけたにも関わらず粘り強く返球してくださり、原作を読んでくださった方々にもご満足いただける内容になったと思います。どうぞお楽しみいただければ幸いです。
    内田英治(監督)
    内田英治(監督)
    ガーンではなく、キーン。「ダブルミンツ」を初めて読んだときの私の頭の中の音だ。どつかれた感じではなく、刺された感覚。すぐさまこの作品を映画化したいと思った。凄まじいマンガである。作者である中村明日美子さんの頭を覗いてみたいと思い、2年に渡り脚本のやりとりをした。この作品は単なるジャンルに括られる作品ではない。ふたりの人間の(たまたま男性同士)共依存の極地を描いた傑作である。嫉妬、怒り、愛、依存…。『ダブルミンツ』はおよそ人間がもつ極限の感情だけで成り立つ、そんな映画だ。
    冨手麻妙
    冨手麻妙
    須賀健太
    須賀健太
    川籠石駿平
    川籠石駿平
    高橋和也
    高橋和也
    小木茂光
    小木茂光

スタッフ&キャストコメント スタッフ&キャストコメント

監督/脚本:内田英治 原作:中村明日美子「ダブルミンツ」(茜新社刊)
出演:淵上泰史 田中俊介 須賀健太 川籠石駿平 冨手麻妙 高橋和也 小木茂光
配給:アーク・フィルムズ、スターキャット 2017年/日本映画/100分(予定)
公式HP: http://d-mints.jp/ http://d-mints.jp/

©2017「ダブルミンツ」製作委員会 ©中村明日美子/茜新社

©2017 U-NEXT Co., Ltd. All Rights Reserved.