ファッションと映画 ―映画はオシャレが9割!― ファッションと映画 ―映画はオシャレが9割!―

オシャレな映画しか、見たくない!可愛くなくちゃ、ヒロインじゃない!ファッションを愛してやまないあなたのために、キュートでスタイリッシュな映画だけをセレクトします。小泉なつみさんのエッセイ&きくちあつこさんのイラストで、オシャレ映画のエッセンスを盗んでしまいましょ!毎月1回、第4木曜更新予定です。

Theme #1 ガーリー!ガーリー!ガーリー!Theme #1 ガーリー!ガーリー!ガーリー!

先日、とある取材で20代の女性ブロガー数十名と会った。

 

彼女たちはスーパーインフルエンサーで、自身のブログやSNSで「コレ、まじかわいい」「今日のコーデのイチオシアイテム」などと発すると、紹介したアイテムの売れ行きがUPするというすんごい存在である。

 

そんな女子ブロガーたちは死ぬほどかわいく、皆いい匂いがした。おならもラベンダーの匂いがしそうだったので仕事も忘れクンクン&ジロジロしていたところ、ふとあることに気がついた。

 

それは彼女たちのファッションが皆、

  • ・ふわふわしている
  • ・ゆらゆらしている
  • ・とろみがある
  • ・透けている
  • ・キラキラしている
  • ・クリーミーな色味

上記のどれか(または複数)に当てはまっていることだった。

 

絶対に透けず、重量があり、角ばったもの、煮しめたような色味、エマール要らずの洋服ばかりが箪笥を占めている自分にとって、彼女たちは映画「(500)日のサマー」のヒロイン、サマーを思い起こさせた。

 

「(500)日のサマー」(2009)

監督:マーク・ウェブ
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル ほか

 
  
   今すぐ見る   
 
 

「(500)日のサマー」はタイトルそのまんま、サマーに恋した男の子の500日間を綴ったものなのだが、主人公がサマーにクラッシュ・オンしてしまう説得力が、ファッションに宿っている。

 

誰もが「惚れてまうやろ」としか言えない青いワンピースは、サマーファッションの代名詞。揺れて透けてふわふわしているそれは、まさに“夢の女の子”像である。

 

そしてサマーらしさを決定づけているのが、随所で見られる小物使い。ポニーテールには青いリボンをキュッ、白いブラウスの襟には蝶々のブローチをONと、ガーリーな仕事っぷりがそこかしこに冴えわたっていて、思わず唸ってしまう。

 

そんなサマーに関して劇中、こんなナレーションが入る。

今回紹介した“ガーリー”な映画たち今回紹介した“ガーリー”な映画たち

≪profile≫

小泉なつみ Natsumi Koizumi  
http://natsumikoizumi.com/

ライター・編集者。恋愛、結婚、セックス、ファッション…etc、女子ネタ全般を書いています。洋服のほか、ウィル・フェレルにも目がない32歳。

きくちあつこ Atsuko Kikuchi  
https://www.instagram.com/oookickooo/

京都在住illustrator。 著書「oookickooo FASHION SKETCH BOOK」「oookickooo DIARY BOOK」が宝島社より発売中。instagram&twitter、ともにアカウントはoookickoooです。

Back numbers:今までの「ファッションと映画」Back numbers:今までの「ファッションと映画」

  • #1:ガーリー!ガーリー!ガーリー!
  • #2:お仕事 × ファッション
  • #3:カラダも、ファッション
  • #4:クラシカルにぞっこん
  • #5:マダムに学べ!
  • #6:“己(おのれ)”があるスタイル
  • #7:女が豹変する勝負服
  • #8:彼のファッション

©きくちあつこ