信長の忍び 信長の忍び

4コマ漫画界の雄・重野なおきが贈る戦国ギャグ漫画が原作のアニメ。コメディ作品だが、史実に沿った逸話などが盛り込まれており、歴史好きの人も納得の内容。

物語 物語
1555年──。世はまさに戦国の時代!!ひとりの青年がでっかい夢を抱いていた。うつけと呼ばれる彼こそ後の…、そう、織田信長である。そんな青年を慕う少女がひとり。信長の夢に魅せられた彼女は笑顔で言った。「私、信長様の忍びになります!!」目指すはひとつ、天下布武のみ!!ど天然帰蝶、パシリ秀吉、ツンデレねね、ツッコミ光秀、死にかけ半兵衛、脇を彩る豪華キャラと共に、超巨弾戦記ギャグアニメ、はじまりはじまり〜!!
スタッフ&キャスト スタッフ&キャスト
【スタッフ】
原作:重野なおき 監督:大地丙太郎 キャラクターデザイン:山中純子 制作:トムス・エンタテインメント
【キャスト】
千鳥:水瀬いのり 織田信長:羽多野渉 助蔵:村瀬歩 帰蝶:たかはし智秋 お市:三森すずこ 木下秀吉:山口勝平 ねね:釘宮理恵 柴田勝家:大川透森 可成:関智一 今川義元:関智一 今川氏真:落合福嗣 斎藤龍興:うえだゆうじ 竹中半兵衛:平川大輔 前田利家:森嶋秀太 太田牛一:森嶋秀太 まつ:松井菜桜子

インタビュー インタビュー

インタビュー

物語の世界観はもちろん、原作に忠実に作っています

——
監督はコミカルな作品を得意とされていますが、本作のオファーを受けた時の感想を聞かせてください。
大地
先に原作を読んでいて、「アニメ化される際にはぜひ監督をやらせてほしい」ってTwitterでつぶやいてたら、本当に実現したんです。SNSで営業が成功したのはこれが初めてですね(笑)。
——
漫画の世界観をアニメ化するにあたって、一番苦労された点はどこでしょうか?
大地
伏線が多いこともあって、物語の世界観は原作に忠実に作ろうと心がけています。本当はファンタジーに寄せた方が作りやすいんですけど、ほぼ史実どおりなので、分からない時は原作者の重野先生に聞くようにしてます。
——
脚本はどのように作られているのでしょうか?
大地
実は脚本は書かずに、4コマ漫画をそのまま絵コンテに写しているんです。僕はこの作業を“写経”と呼んでるんですが、絵やコマ運びなど、原作者さんの性格やクセが分かるし、勉強になりますよ。
——
大地監督は起用される声優さんに関してもこだわりを持っていらっしゃるそうですが、千鳥役の水瀬いのりさんらも監督の一存だったのでしょうか?
大地
キャスティングは重野先生にほとんど決めていただきました。それぞれのキャラクターで5人ぐらい候補を出したら、「やはりこの子か…」って感じでしたね。というのも、今回、この仕事が決まってすぐに先生と旅行に行ったんです。どのように作品を手掛けているのか興味があったし、相手を知ることでより作品の世界観に入り込めるんじゃないかと思ったんです。僕は先生に喜んでもらいたいという気持ちで作っているし、先生に喜んでもらえるなら、原作ファンの方も必ず喜んでくれるはずですからね。
インタビュー

本作を通して忍びを広めて、忍者ブームを巻き起こすのが目標

——
大地監督は多作で、普段からブログやTwitterといったSNSも頻繁に更新されていますが、そのバイタリティの源はどこにあるのですか?
大地
そう言われてみると休む間もなく仕事している気がします…。でも、今回の作品みたいに短編で、作ったものをすぐにお見せできるのが理想的なのかなと思いますね。ブログを何年も続けているのには理由があって、去年10年ぶりに舞台の演出を手掛けたんですが、10年前の稽古の時はどんな気持ちだったのかな? と見返すことができるんですよ。だから、しっかり書き残すことで、何年後かに役に立つんじゃないかと思って続けています。
——
「信長の忍び」だけでなく、U-NEXTでは大地監督の過去作も配信しています。VODという方法で、日本全国の方に作品を見ていただけるというのはやはり嬉しいですか?
大地
作品の作り手として、どのエリアで放送されるのか、配信はあるのかって気になりますね。以前は放送のないエリアに住んでいる方に残念がられることも多かったし、いまでもTwitterで「この地域では放送するんですか?」ってよく聞かれるんですよ。そういう意味では配信で観ていただける機会が増えるのは嬉しいですね。
——
最後に、これから「信長の忍び」をご覧になる方にメッセージをお願いします。
大地
子どもからお年寄りまで、どの世代でも楽しめるものになっています。特に戦国モノが好きな人は見逃さないでほしいですね。本作を通して忍びを広めて、日本に忍者ブームを巻き起こすのが目標です。2020年の東京オリンピックの開会式で忍者が飛び交っているような光景が見られるのを楽しみにしています(笑)。
大地監督インタビュー映像 大地監督インタビュー映像

視聴できない方はこちら

プロフィール プロフィール
大地丙太郎(だいちあきたろう)
1956年1月13日生まれ。群馬県出身。「おじゃる丸」や「ギャグマンガ日和」、「DD北斗の拳」など、アニメ監督として活躍するだけでなく、舞台の演出も手掛ける。

©重野なおき/白泉社・信長の忍び製作委員会