タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

海月姫

| 2010年 | 250円〜
ポイント
強烈なオタク女子6人と絶世の女装男子が繰り広げる騒動を描く痛快ラブコメディ
見どころ
クラゲオタクの主人公・月海をはじめとする、男子禁制のアパート・天水館の住人によるオタクトークが秀逸。有名映画をモチーフとしたOP映像や各回のタイトルにも注目を。
ストーリー
イラストレーターを目指して上京した月海。男子禁制の共同アパート・天水館でそれなりに楽しい日々を過ごしていたある日、絶世の美女にしか見えない女装男子・蔵之介と出会う。そんな中、地域開発によって天水館が取り壊しの危機に陥る。
ここがポイント!
中高年好きなキャラクター・ジジ様が愛する存在として、地井武男が本人役で登場。
2018年3月31日 23:59まで配信
(C)東村アキコ・講談社/海月姫製作委員会

エピソード

  • 男子禁制の共同アパート・天水館で暮らしながら、イラストレーターを目指す倉下月海。そこには自らを“尼~ず”と称し、各々の趣味に没頭するヲタ女子が集っていたが、天敵である“おしゃれ女子”が現れて…。
    23 分
  • ピンチを救ってくれた恩人“おしゃれ女子”を部屋に泊めた月海。だが彼女の正体は女装した男子・蔵之介だった。月海は“尼~ず”の面々を必死にごまかし、彼を追い返そうとするが、蔵之介は「また来る」と言い残す。
    23 分
  • 蔵之介は月海や“尼~ず”と知り合って以来、流行ばかりを追い掛ける友人たちに退屈を覚え、メイクやコーディネートで月海を変身させることに楽しさを見い出してしまう。一方、月海は蔵之介の兄・修と遭遇して…。
    23 分
  • 地域の再開発計画に伴う、天水館の地上げの可能性について伝えるも、尼~ずたちが意に介せずあきれる蔵之介。そんな蔵之介を水族館に誘う月海だったが、なぜか蔵之介の兄・修まで同行することになってしまう。
    23 分
  • 大家が天水館の売却に前向きなことが判明し、尼~ずたちも再開発計画の説明会へ参加することに。そこで修がディベロッパーの女性・稲荷と仲睦まじく歩いている姿を目にしてしまった月海はショックを受けて…。
    23 分
  • 蔵之介は尼~ずたちをおしゃれに変身させ、普段は彼女たちが苦手としているカフェに赴く。徐々にカフェの雰囲気に慣れ、はしゃぎ出す月海と尼~ず。その様子を見て蔵之介は、月海を意識している自分に気付く。
    23 分
  • 天水館の買収を進めるべく、尼~ずたちへ挨拶に訪れる稲荷。突然の来襲に身を隠す尼~ずたちだったが、お土産に釣られてつい姿を現してしまう。そこに偶然現れた蔵之介は、差し出された名刺で稲荷の素性を知った。
    23 分
  • 天水館購入資金を稼ぐため、フリーマーケットへの出店を思いついた蔵之介は、天水館の納戸から金目の物を探し当てることに成功する。しかし月海と共にフリマへ参加したところ、意外な物が売れてしまう。
    23 分
  • 月海の亡き母のクラゲドレスの話を聞き、自分の母の思い出と重ねる蔵之介。そこでクラゲドレスを使ってひと儲けし、天水館を買い取ろうと月海を誘う。一方、探偵に尾行されていることに気付いた修は…。
    23 分
  • クラゲドレスを作るために材料を買い込み、天水館を訪れる蔵之介。しかしできあがったものはクラゲには程遠い、安っぽいスカートだった。その失敗作を見た月海は突如覚醒し、とてつもない集中力で手直しを始める。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ