タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ヒロイック・エイジ

| 2007年
見放題
遥かな時代。少年との出会いが宇宙の運命を変えてゆく―
見どころ
ギリシャ神話をモチーフとしたSFファンタジー。謎や伏線が錯綜するが、話が進むとともに解き明かされていく構成は見事で、エピローグは感動すること間違いなし。
ストーリー
はるか遠い未来。宇宙への進出を果たした人類は「鉄の種族」と呼ばれ、より強大な存在である「銀の種族」「青銅の種族」らの脅威にさらされていた。惑星国家・アルトリアの王女・ディアネイラは、人類存続への希望を見つけるべく旅立つが…。
ここがポイント!
ストーリー原案・シリーズ構成・脚本には冲方丁が参加している。
2018年9月30日 23:59まで配信
©XEBEC・アルゴノートクルー

エピソード

  • 伝説の救世主を探す宇宙戦闘母艦アルゴノート。辿り着いた惑星オロンで、救世主の波動を感じたディアネイラ。そこには、荒廃した惑星移民艦のみが存在していた。
    23 分
  • 青銅の種族との戦闘後、エイジを救世主として迎えることになった。歓迎式典で、ディアネイラは12の契約をエイジと結ぼうとしたが、エイジは何の興味も示さずに行方をくらます。
    23 分
  • エイジに教育を施そうとするが、当のエイジはマイペース。カーゴエリアで見つけた塗料で絵を描くエイジ。一方、ベルクロスの力を試そうと銀の種族パエトーが追撃に入り、迎撃に出撃する。
    23 分
  • 物資補給のため、惑星ティターロスに入港するアルゴノート。ノドスの一人のカルキノスがエイジに接触してくる。カルキノスは「ともに戦うべき仲間」とエイジをいざなうが、エイジは拒絶する。
    23 分
  • イオラオスは、カルキノスが銀の種族の側のノドスであることを知る。エイジとカルキノスはノドスへと化身し、ティターロスを破壊しないように戦うが、青銅の種族が侵攻してしまう。
    23 分
  • ディアネイラとアルゴノートは、人類圏へエイジを送り届けるべく、ティターロスを飛び立つ。だが周辺の星々の民に寄港を拒まれ、ディアネイラは、人類圏までの道を切り開くことを決意する。
    23 分
  • アルゴノートは不眠不休で戦っていた。戦いを拒絶するメヒタカのもとへ、ユティが現れ叱咤する。メヒタカは英雄の種族「アルテミア」を呼び化身し、アルゴノートへ攻撃を仕掛ける。
    23 分
  • アルゴノートを逃がすため、アズ・アゾート艦隊がアルテミアを足止めする。アルゴノートはディアネイラの精神感応を頼りに、被害が少ない進路を辿るが、パエトーがその前に立ち塞がる!
    23 分
  • ディアネイラの精神攻撃でパエトーが戦線離脱し、ベルクロスの猛攻でレルネーアが打撃を被る。一方、アルゴノートでは、帰還しないエイジのためイオラオスが部隊を編成し…!?
    23 分
  • 惑星デュイーに到着。歓待を受けるクルーら。ディアネイラの兄たちは称えつつも、その功績を自分たちのものとする。そして人類連合は5人目のノドスを旗頭に、地球奪還への全面戦争へと進む。
    23 分
  • ターミナル・プラネットを接収してゆく人類連合艦隊。そんな中、エイジは「破滅の光景」を描く。ニルバールは未来を暗示するかのような不吉な絵の中に、一点の光が小さく輝いているのに気づく。
    23 分
  • 銀の種族の大船団と付き従う青銅の種族の大群が木星の影から現れた。開始される戦いの中、単身で戦い続けるベルクロス。苦戦するメレアグロスとアタランテスは、起死回生の戦術を仕掛ける。
    23 分
  • 「エルマントス」とレルネーアによる執拗な攻撃が続く。本隊から遅れてアルゴノートは到着。そこで戦いに傷ついた艦隊を目撃したディアネイラたちは、被害の甚大さを痛感する。
    23 分
  • ベルクロスの攻撃に反撃を止めたレルネーアを見て、ユティとメヒタカもその異変に気づく。ノドスたちは「狂乱」と呼んだ。敵味方の区別なく戦うベルクロスにアルテミアは攻撃を始める。
    23 分
  • アルゴノートと後続艦隊がニルバールに追いつく。ディアネイラは、艦隊での移動では間に合わないと判断し、アルゴノート単独でスター・ウェーに突入するが…!?
    23 分
  • 地球圏に到着する人類連合艦隊。地球を見つめながら、感慨深く頭を垂れるアタランテスとは対照的に、メレアグロスは銀の種族への復讐、またディアネイラへの報復を誓う…。
    23 分
  • 勝利を信じて突き進む人類は、タウロンへの航路の途中にある惑星ネッソスを接収すべく、ネッソス側と一触即発の状態に。人類に好意的だった他の種族をも敵にまわすようになる。
    23 分
  • 活路を開くため、ベルクロスが種族の中に突入する。不思議な手応えに不安を覚えるディアネイラとモビード。そんな最中、人類の艦隊内に、捨て身のアリ塚が防衛本能でテレポートしてきた。
    23 分
  • 星系オルタを侵略するための作戦を立案・実行する連合艦隊。アズ・アゾート艦隊は先陣を任される。アルゴノートには、惑星コドモスへ攻め込み、敵の背後を突くという命令がくだる。
    23 分
  • 戦闘の最中、異常とも思える波動を感じるパエトーとディアネイラ。そして、ノドスたちはある者が動いたことを知る。アルタイアー率いる艦隊に到来するユティのノドス「ケルビウス」。
    23 分
  • コドモス地表において人類が生存出来る環境を…。これから重大な会話がされることを告げるプロメ。一方、ディアネイラは、イオラオスとともにコドモスへと降り立つ。
    23 分
  • 異種族間テレパシーの記憶をプロメから受け取ったディアネイラは、エリュシオン発見のため動きだす。モビードは記録したディアネイラたちの「対話」にメッセージをつけて他艦へ送る。
    23 分
  • ワープアウトするアルゴノート。暗闇で、エイジの危機を察するクルーたち。だが、ディアネイラは助けに行かず、エイジとの約束を口にしてエリュシオンへの道を探し続ける。
    23 分
  • エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。エリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。そのころ、エイジたちもパエトーとエリュシオンへ向かっていた。
    23 分
  • ケルビウスと戦うベルクロス。ロム・ローと対峙するイオラオス。各々がそれぞれの場所で戦い、傷ついてゆく。そして、アルテミアに無数の球体が引き寄せられ、巨大な輝きが出現した。
    23 分
  • 進路上に今までに無かったスター・ウェーの存在を知ったニルバールは、ディアネイラたちの仕業だと確信する。またアズ・アゾート艦隊もそれがディアネイラの導きであるとし、大船団を追う。
    25 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ