タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

とんび

| 2013年
見放題
重松清のベストセラーを映像化。不器用だが愛情深い父と息子の30年に号泣必至!
見どころ
内野聖陽が粗野だが息子を溺愛するシングルファーザーに扮し、「号泣必至」と話題になったホームドラマ。成長した息子を演じる佐藤健の現代と過去が交錯して描かれる。
ストーリー
出版社勤務の旭は、企画に詰まったことを機に父・ヤスのことを思い出す。時は1972年。トラック運転手のヤスは、息子の旭を溺愛。だが旭が3歳の時、事故で妻を亡くしてしまう。悲しみに暮れるヤスだったが、男手ひとつで旭を立派に育てようと決意する。
ここがポイント!
福山雅治による主題歌「誕生日には真白な百合を」がさらに涙を誘うと話題に。
2017年12月31日 23:59まで配信
(C)TBS

エピソード

  • 6歳になり保育園に通うアキラをたえ子が迎えに行くと、周りの子どもたちのお迎えに母親が来る姿を見て、アキラは寂しそうな表情を見せる。ある日、アキラと一緒に銭湯に行ったヤスは…!?
    47 分
  • アキラは11歳に。ヤスはたえ子らにキャッチボールぐらいやってやれと冷やかされるが照れて拒む。そんな中、会社の後輩・葛原からアキラの小学校が選抜チームを作って他校と野球の試合をすると聞く。
    47 分
  • ヤスはアキラが自分に内緒で、母・美佐子の事故の真相について照雲や社長らに聞いてまわっていると知り驚く。一方、たえ子がある男から「娘に会ってやってほしい」と言われていたとの噂が。
    47 分
  • 平成元年。ヤスは入院している海雲を見舞うため、毎日のように病院に通っていた。一方、野球部でレギュラーを決めるテストを控えるアキラは、一度も顔を出せずにいた。
    47 分
  • 平成2年、冬。ヤスは地元の国立大学を受験すると言っていたアキラから、早稲田大学を受験したいと伝えられる。アキラが早稲田を受けることを喜び、たえ子や照雲、社長らに自慢するヤスだが…!?
    47 分
  • 平成4年。東京で大学生活を送るアキラから電話で「将来は雑誌の編集者になりたい」とはじめて明かされたヤス。アキラは弁護士になるものだと思っていたヤスは、激怒して電話を切ってしまう。
    47 分
  • ヤスの父親の息子と名乗る島野から、突然、ヤスに電話がかかってきた。島野から父親が会って詫びたいと言っていると聞くが、父親が生きているとも思っていなかったヤスは再会するべきか悩む。
    47 分
  • 平成10年。ヤスはアキラから「結婚したい人がいるから会ってほしい」と相談される。その女性が年上で慶応大卒の美人と聞き、ヤスはきっと美佐子に似ている女性に違いないと上機嫌だったが…!?
    46 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ