タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

BONES シーズン1

| 2005年 | アメリカ | 162円〜
SALE 1話無料
法人類学者ブレナンとFBI捜査官ブースがコンビを組み、骨を手がかりに事件を解決!
見どころ
個性豊かな登場人物たちの丁寧なキャラクター描写と、人間関係を軸にした巧みなストーリーテリングが最大の見どころ。後味爽やかなエピソードが多いのも◎!
ストーリー
身元不明の遺体を前に、法人類学者ブレナンに協力を要請したFBI捜査官ブース。コミュニケーションに難のある彼女との仕事は思うようにいかないが、次第に信頼関係が生まれてくる。事件を通じて距離を縮める2人だったが、ブレナンには辛い過去があった…。
ここがポイント!
原案は法人類学者で小説家でもあるキャシー・ライクス。ブレナンは彼女自身がモデル。
特集:4大ネットワークを知って、海ドラをさらに楽く!
10年を超えるロングシリーズに成長した本作は、今やFOXの看板タイトル。奇抜な捜査方法と進化していく恋愛関係が魅力!
2017年12月3日 23:59まで配信
(C)2005-2006 Fox and its related entities. All rights reserved.

エピソード

  • 無料 
    テンペランスはFBI捜査官ブースから白骨死体の調査を依頼された。被害者は、ベツレヘム上院議員と不倫関係にあると噂されたクリオ・エラーと判明する。
    44 分
  • カフェの前に止まった車が爆発。車の所有者は、ハミッド・マズルクとわかるが、遺体の肉片からでは身元断定は不可能と思われた。だがテンペランスの鑑定で遺体の骨がマズルクと一致する。
    44 分
  • 休み中の寄宿学校で、首つり死体が発見される。人口内耳の製造番号から、死体は男子生徒のネストールと判明するが、学校側は一生徒の自殺として片づけようとFBIにも圧力をかける。
    43 分
  • ブースとテンペランスがワシントン州の小さな町に出張する。クマの死体の胃から人間の腕が発見されたのだ。鑑定から腕の主は、殺され切断された上で食べられたと判明する。
    43 分
  • “子供の死体がある”という電話が入った。死体は少年チャーリー・サンダースと判明。テンペランスは、チャーリーの身長が低く両脚の長さが違うことに着目。病気を患っていたのではと考える。
    44 分
  • アンジェラに誘われクラブに来たテンペランスは絡んできた男を蹴り飛ばしてしまう。しかもその拍子で崩れた壁からミイラ化した死体が出てきた。死体はクラブの人気DJマウントと判明する。
    43 分
  • 死刑囚エップスのえん罪を信じる弁護人エイミーが、7年前、事件を担当していたブースに再捜査を依頼しに来た。テンペランスは、当時の遺体のX線写真から、被害者の手に骨とは違う影があることに着目する。
    44 分
  • ブースが冷蔵庫の中から、白骨化した女性の死体が出てきた。女性は19歳のマギーと特定される。テンペランスは、マギーが手足を縛られ身動きが取れない状態で拘束されていたと推測する。
    44 分
  • 政府官舎の工事中に見つかった核シェルターから出てきた白骨化死体の身元確認を依頼されたテンペランス。すると、研究所の生物汚染を感知する警報アラームが鳴り、出入り口が封鎖される。
    44 分
  • 空港で女性のバラバラ死体が発見された。テンペランスは、被害者が美容外科手術で顔の輪郭まで変えていることに気づく。また遺体から出てきた豊胸バッグから身元を割り出そうとするが、盗品と判明する。
    44 分
  • 全焼した車から女性の遺体が発見された。車内には子供の靴が残されており、被害者の子供が誘拐された可能性が高まる。ブースらは、被害者の別居中の夫デッカーの家を訪ねる。
    44 分
  • 戦士のような衣装を着た腐乱死体が見つかった。死体の身元は、17歳の少年ウォーレンと判明。カバンの中から発見された繊維素は、彼自身が作者であるコミック本「シチズン14」の一部だった。
    42 分
  • 交通違反で捕まった男の車から腐敗した死体が発見され、テンペランスらが現場に呼ばれる。だが現場の捜査中に、1台の車から何者かが銃を乱射し、その混乱に乗じた男は逃亡してしまう。
    43 分
  • ゴルフ場に国務省のチャーター機が墜落。5人の乗員の他に、身元不明の死体が見つかる。テンペランスは6人目の死体の身元調査と並行して事故現場で発見した骨の破片の調査を始める。
    44 分
  • マフィアのボス、クジーニと見られる遺体が発見された。凶器の特定を進めるテンペランスだったが、別の惨殺死体が発見される。ブースが2年前に担当した殺人事件と手口が酷似しているとわかる。
    44 分
  • 地下水路から腐乱死体が発見され映画監督のマーニーと判明。マーニーは“地下の住民たち”のドキュメンタリー映画を制作していた。頭部には落下時の外傷とは異なる傷が発見された。
    44 分
  • 研究所に休暇中のアンジェラから電話がかかってきた。恋人の写真家カークがガイドのダニーと砂漠に撮影に行ったきり戻らず、現地の保安官事務所の前で、身元不明の頭がい骨が発見されたと言うのだ。
    44 分
  • “宝島”として知られるアサティーグ島の遺跡発掘現場である海中シャフトから発掘責任者のメイシーが遺体で発見された。彼が宝を発見をした直後に殺された可能性が出てきた。
    43 分
  • 休暇中のテンペランスは、ハリケーンに襲われた街ニューオーリンズで、災害犠牲者の検視を行っていた。身元不明者 361号の検視を頼まれたが、次の瞬間、血まみれで倒れている自分に気づく。
    43 分
  • カレンは、肺ガンの娘エイミーに付き添い小児病院で過ごしていた。小児病院を訪れたテンペランスは、エイミーが骨折した際に移植を受けた骨が、ガンの原因なのではないかと疑う。
    43 分
  • イラクに派遣され戦死した英雄ケントの墓で身元不明男性の焼死体が発見された。当初は反戦の抗議自殺と見られていたが、男性は刺殺された上に焼かれていたことが判明する。
    44 分
  • 数年前から研究所内に保管されていた骨が、テンペランスの母親のものだと判明。ブースは、テンペランスの両親が失踪前に別人になりすまし、生活していたことを突き止める。
    43 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ