タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

HUNTER×HUNTER

| 2011年
見放題
少年は「世界一のハンター」になれるか!?人気コミック原作のアクション冒険活劇!
見どころ
冨樫義博の同名漫画を2度目のTVシリーズ化。声優陣も一新された同シリーズは、グロテスクな描写は抑えつつ独自の世界観を再現しており、大人から子供まで楽しめる。
ストーリー
大自然に囲まれた島で暮らす少年、ゴン=フリークスの夢は父親と同じ「ハンター」になること。12歳になったゴンは、超難関であるハンター試験へと向かう。会場へ向かう途中、同じくハンターを目指すクラピカ、レオリオ、キルアと出会い行動を共にしていく。
2017年10月5日 23:59まで配信
(C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス
  • 12歳のゴンは父と同じハンターになるため、育ての親であるミトさんとの約束を果たしハンター試験の旅に出た。試験会場へと向かう船で、ゴンはレオリオとクラピカに出会う。
    23 分
  • 試験会場のある街に着いたゴン、レオリオ、クラピカの3人は、船長のアドバイス通り、試験会場への近道を目指す。途中にあるスラム街に入ったところに、3人を老婆たちが待ち構えていた。
    23 分
  • キリコに連れられて試験会場に入った3人。試験のベテランと語るトンパ、不気味な雰囲気のヒソカ、おしゃべりな忍者のハンゾー、スケボーを持ったキルアなど多数の受験者がいる中で試験が始まる。
    23 分
  • 1次試験は、2次試験会場まで試験官サトツについて行くこと。クラピカと共に走るレオリオにも余裕がなくなっていたが、執念でなんとかついていく。80キロ地点を越えてサトツのペースも上がり…!?
    23 分
  • 長い地下トンネルを抜けた受験者に待ち受けたのは霧の濃い湿原地帯だった。様々なモンスターに襲われる受験者たち。後ろを走るレオリオとクラピカの目の前ではヒソカが受験者たちに囲まれていた。
    23 分
  • ヒソカとの対峙の後、ゴンたちは2次試験会場に無事たどり着くことができた。2次試験を担当する試験官はメンチとブハラ。彼女たちが出す課題は、料理をつくることだった。
    23 分
  • 2次試験を無事に終えたゴンたちは3次試験会場へ向かうため飛行船に乗っていた。飛行船の中を探検していたゴンとキルア。2人は探検中にでくわしたネテロとゲーム対決をすることになった。
    23 分
  • 飛行船がついた先は3次試験会場トリックタワーの屋上、制限時間72時間以内に地上に生きてたどりつけば合格。なんとかタワー内に入ることができたゴン、キルア、クラピカ、レオリオだが…!?
    23 分
  • 4試合中3勝しなければならないゴンたち。2試合目はローソクの火が先に消えると負けの勝負にゴンが挑むが、ローソクに仕掛けがされていた。続くクラピカは連続殺人犯のマジタニと戦うことに。
    23 分
  • ゴンとクラピカが勝ち、2勝1敗になったかと思われたが、マジタニは気絶しているだけでクラピカの勝負は決着がついていないと主張される。レオリオはとどめを刺さないクラピカに対して苛立ち…!?
    23 分
  • レオリオが制限時間をチップに行っている賭け勝負。気づけばレオリオの残りチップは10時間になっていた。窮地に立たされたレオリオが選んだ賭け勝負はジャンケン。自信満々のレオリオだったが…!?
    23 分
  • 5人は多数決で難関を切り抜け残り1時間のときにふたつの扉の前にたどり着く。ひとつは5人で行けるが長く困難な道。もうひとつは3人しか行けないが短く簡単な道。5人が進んだ道とは…!?
    23 分
  • 育ての親のミトは、危険なハンター試験を受けに行ったゴンを心配していた。そんなミトに、気が合う受験者との出会いや彼らと難関を突破しているゴンからの手紙が届いた。
    23 分
  • 第4次試験会場のゼビル島。くじで引いたナンバーの受験生が持っているプレートをとれば3点、自分のプレートが3点、その他のプレートが1点で1週間で6点持っていれば合格の試験が実施される。
    23 分
  • ゴンはターゲットであるヒソカを好血蝶を頼りに探し出し、得意の釣竿でプレートを奪えないかとタイミングを待っていた。一方、レオリオはトンパに騙されて、自分のプレートを奪われてしまうが…!?
    23 分
  • ヒソカに狙われたクラピカとレオリオだったが、交渉により戦うことは回避できた。しかし、殺気がおさまらないヒソカは次なるターゲットを探す。ゴンは釣竿でヒソカのプレートを奪うが…!?
    23 分
  • キルアはあとをつけてくるイモリに勝負をしかけ、難なくかたをつけていた。一方、ゴンはレオリオとクラピカの元へ合流。レオリオのターゲット、ポンズのプレートを奪うために作戦を練ることに。
    23 分
  • 洞窟の中で毒蛇に囲まれ八方塞のゴンたち。毒蛇の罠をしかけた張本人であるバーボンは既に死んでしまい、解除の仕方もわからない。そんな中、毒蛇にかまれたレオリオの容態は悪化していく。
    23 分
  • ついに最終試験へと進んだゴンたち。最終試験は勝ったものから抜けていくトーナメント戦だった! 相手を殺したら即失格のルールのもと、行われた第1試合はゴンvsハンゾー。
    23 分
  • ゴンは病室で目覚めたときにサトツからハンター試験の合格を聞く。落第者がキルアだと聞かされたゴン。信じられないゴンは、サトツから兄であるイルミと対決したときのキルアの様子を聞き…!?
    23 分
  • イルミに対し怒りをぶつけるゴンは、キルアを連れ戻しにククルーマウンテンに行くことを決意。旅立つゴンたちを見送りながら、サトツは「まだハンター試験は終わっていない」と呟く。
    23 分
  • キルアがいるククルーマウンテンへ観光バスで向かうゴン、レオリオ、クラピカ。だが、城壁のような正門に阻まれ、ゴンたちは守衛にキルアの友達だと名乗り、取り次いでもらうよう頼み込むが…!?
    23 分
  • キルアに会うために「試しの門」から中へ入ることを選んだゴンたち。門を開けるため、使用人の部屋で身体を鍛えることとなる。一方、その頃、キルアはゴンたちが自分に会いに来ていることを知る。
    23 分
  • キルアを想うカナリアの手助けで屋敷へ近づけたゴンたち。しかし、キキョウから独房にいるため、キルアには会えないと言い渡される。キルアはシルバに呼ばれ、「友達に会いたいか?」と聞かれる。
    23 分
  • 執事室へたどり着いたゴンたち。執事のゴトーから、キルアの友達としてふさわしいかを判断するコインゲームをもちかけられる。キルアとの再会を果たしたゴンは次の目標にむけて進み始める。
    23 分
  • 上階へ行くほど強い人と戦える天空闘技場で修行と小遣い稼ぎを始めることにしたゴンとキルア。1階から一気に50階への入場が許された2人は同年代の少年、ズシに出会う。
    23 分
  • ズシの師匠であるウイングから「燃」と呼ばれる存在を知らされるゴンとキルア。しかしキルアはウイングが語った説明に疑問を感じる。試合を繰り返す2人はついに200階クラスに辿り着くが…!?
    23 分
  • 200階で待ち構えていたヒソカの「念」の壁を突破するため、ゴンとキルアは念能力を発動させてくれるようウイングに頼む。「念」の基本的な要素「四大行」のひとつである「纏」の修行が始まる。
    23 分
  • 天空闘技場200階クラスでの初戦で、念能力者・ギドと戦うことになったゴン。「纏」を使用して戦うゴンだが、「念」を込めた独楽を自在に操るギドの前に防戦一方となる。
    23 分
  • ゴンが重傷を負ってから1ヵ月後、天空闘技場でヒソカとカストロの試合が行なわれようとしていた。カストロは、過去にヒソカからダウンを奪ったことがあり、今回の試合でも自信を見せる。
    23 分
  • 自分の分身を作り出す念能力で試合を有利に進め、ヒソカの腕を奪うことに成功したカストロ。しかしヒソカは両腕を失ったにも関わらず余裕の表情。苛立つカストロにヒソカの反撃が始まる。
    23 分
  • 2ヵ月ぶりに念の修行を再開したゴンとキルアの前にギド、サダソ、リールベルトが現れ「自分たちと闘え」と告げる。3人の企みを知るゴンたちは申し出を拒否するが、キルアはある疑念を抱く。
    23 分
  • ギド、リールベルトとの試合を迎えたゴン。ズシを利用されたことへの怒りを内に秘めて試合に挑む。終始、圧倒する戦いぶりをみせるゴン。その様子を見つめるヒソカは怪しい笑みを浮かべていた。
    23 分
  • 念能力の集大成である「発」の習得に向け、修行に励んでいたゴンとキルア。そして、ゴンはハンター試験で受けた借りを返すため、ヒソカに挑む決意をする。遂にゴンとヒソカの戦いが幕を開ける。
    23 分
  • ヒソカに一撃を加えたゴンは、ハンター試験でヒソカに渡されたプレートをたたき返す。そんなゴンの成長にゾクゾクがとまらないヒソカは自身の念能力を使ってさらなる攻撃に出る。
    23 分
  • 晴れて本当のハンターになったゴンは、キルアを連れてくじら島へ帰ってきた。そこで、ミトからある箱を渡される。それはジンが「ゴンがハンターになったときに渡すように」と託したものだった。
    23 分
  • ジンが残した箱を開けたゴンは中に入っていたカセットテープを聴くことに。そこに残されたジンの声。しかし、テープを止めると中身は上書きされて消されてしまった!
    23 分
  • 幻影旅団…。それはクラピカにとって憎悪の対象。5年前のあの日、親類、友人、そして「緋の目」…旅団は全てを奪っていった。奪われた同胞の「目」を取り返し、旅団を地獄へと叩き落す。
    23 分
  • 世界最大のオークションが開催される巨大都市・ヨークシンシティ。幻影旅団・団長のクロロの招集を受けて、旅団メンバー全員がこの都市へ集結する。クロロから告げられる今回の目的とは?
    23 分
  • オークション初日。「グリードアイランド」落札のための軍資金集めに奔走するゴン、キルア、レオリオ。オークション会場の監視任務にあたるクラピカ。それぞれの運命がヨークシンシティで交差する!
    23 分
  • 幻影旅団が、マフィアの取り仕切る地下競売場を襲撃する。競売場は完全に制圧され、競売品はおろか、参加者までもが消えてしまう。マフィアは襲撃者に懸賞金を懸け、追跡を開始する。
    23 分
  • マフィアの切り札である陰獣が、ウボォーギンたちの殲滅に乗り出した。しかしウボォーギンはひとりで陰獣を次々に倒していく。その戦闘の中、ウボォーギンの背中にクモの刺青が!
    23 分
  • 幻影旅団メンバーのひとり、ウボォーギンを捕らえたクラピカ。拘束されているにも関わらず横柄な態度のウボォーギンにクラピカの憎悪は膨らむ。そこにヒソカから1通のメールがクラピカに届き…!?
    23 分
  • 仲間の助けで逃げ出したウボォーギンだが、プライドを傷つけられた怒りからクラピカを倒すため居場所を探し始めた。居場所が幻影旅団にばれていることをつかんだクラピカは幻影旅団を待ち受ける。
    23 分
  • 同胞のクルタ族を壊滅させた幻影旅団のひとり、ウボォーギンと対面したクラピカ。クルタ族のことを何ひとつ記憶にないというウボォーギンの態度にクラピカの怒りはどんどん増していく。
    23 分
  • G.I.獲得に向けて資金集めに奔走しているゴン、キルア、レオリオ。そんなとき、骨董市で値打ちのある品を見極める方法を見つけたゴン。値打ち品を安く買って高く買ってもらうことを思いつくが…!?
    23 分
  • 旅団にかかった懸賞金で資金を一気に集めようとしているゴンたち。そんなときウボォーギンが帰ってこないことを不審に思い、「鎖野郎」を探しにマチとノブナガが人混みに姿を現した。
    23 分
  • 幻影旅団に捕まったゴンとキルア。旅団が探す「鎖野郎」について尋問されるが、鎖野郎がクラピカだと知らない2人は知らないと答え、解放してもらえるかに見えたが…!?
    23 分
  • クラピカは旅団抹殺のためにマフィアによって結成された殺し屋チームに召集された。一方、クラピカがいなくなったノストラードの護衛団はネオンのお守りの真っ最中だったが…!?
    23 分
  • オークション会場のあるビルに乗り込んできた幻影旅団。十老頭が召集した殺し屋たちも団長クロロに次々と倒され、伝説の暗殺一家・ゾルディック家のゼノとシルバが旅団抹殺へ行動を開始する。
    23 分
  • 幻影旅団のリーダーが死んだ。突如として舞い込んだ情報に驚愕するクラピカは自らの目で確かめようと現場へ。一方、予定通りにオークションが開催された会場には、死んだはずの団員たちの姿が!?
    23 分
  • 久しぶりに揃ったゴン、キルア、クラピカ、レオリオ。これまでの経緯を語るクラピカ。それを聞いたキルアは旅団の生き残りに記憶を読む女がいることを思い出し、クラピカに危険が迫ることを恐れる。
    23 分
  • クロロの占いによって、団員から裏切りの疑いを掛けられるヒソカ。クロロと闘いたいがゆえに、占いの改竄という危険な賭けに出たヒソカの思惑にクロロは…!?
    23 分
  • クロロはネオンの素性から鎖野郎・クラピカの居場所を見つけ出そうとしていた。幻影旅団のアジトを見張っていたキルアはセンリツと合流し、旅団がクラピカのホテルに向かっていることに気づく。
    23 分
  • ウボォーギンを倒したのがクラピカだと幻影旅団にばれた。旅団に捕まったゴンとキルアがクラピカの仲間とわかるのも時間の問題か? クロロはゴンらを連れてホテルのロビーでパクノダらと落ち合う。
    23 分
  • クロロを捕まえたクラピカ。クラピカはゴンとキルアの解放を条件にパクノダに取引を持ちかける。旅団の団長を目の前に終始動揺が隠せないクラピカ。クラピカのとった報復とは…!?
    23 分
  • ジンの手がかりであるゲームソフト、G.I.のオークションが開始される。ゴンとキルアはG.I.を競り落とした人にプレイヤーとして雇ってもらおうとするが、2人の念能力では無理だと一蹴される。
    23 分
  • ゴンとキルアはG.Iプレイヤー選考会に挑戦する。審査を担当するツェズゲラから提示された合格の条件は「練を見せる」こと。合格者は200人中32名の狭き門だが、ゴンとキルアはくぐり抜けられるか!?
    23 分
  • ジンが残した手掛かりであるG.Iの世界へ足を踏み入れたゴンとキルアだったが、そこにあったのはメッセージだけだった。ゲームを楽しむことにしたゴンたちは情報収集のため近くの街へ向かう。
    23 分
  • スペルカードを求めて魔法都市・マサドラへと向かうことにしたゴンとキルア。その道中、様々な怪物がゴンたちの前に現れる。やっかいな怪物たちに苦戦し、なかなか先には進めない。
    23 分
  • ゴンとキルアの師匠を買ってでたビスケ。最初に2人に与えた試練は賞金首ハンター、ビノールトを2週間で倒すこと。相手は自身も賞金首がかかっているほどの凄腕だが、2人はどうする!?
    23 分
  • ビスケの指導のもと、着実に念能力を向上するゴンとキルア。最初は捕まえられなかったモンスターたちも捕まえられるように! その頃、手を組んでゲームクリアを目指す者たちの前にボマーが現れる。
    23 分
  • ビスケからジャンケンの話を聞いたゴンは、ジャンケンになぞらえて強化系、放出系、具現化系の必殺技を習得するために修行を続けていた。一方、キルアは一度ゲームを離れ、現実世界に戻る。
    23 分
  • 2回目のハンター試験を難なくクリアしてハンターになったキルアがゲームに戻ってきた。ゴン、キルア、ビスケの3人が再び集まり、本格的にゲーム攻略を目指すことに!
    23 分
  • ツェズゲラ組を騙してついに96種の指定ポケットカードを手に入れたゲンスルー組。ゲンスルーをクリアさせないために、共同戦線をはることを持ちかけられたゴンとキルアだが…!?
    23 分
  • 1坪の海岸線を入手する条件は街にいる15人の海賊を追い出すこと。さっそく、ボスであるレイザーと接触を試みたゴンたちだったが、相手の強さに圧倒される。
    23 分
  • ヒソカとゴレイヌと一緒にレイザーに再チャレンジすることにしたゴンたちは、残りの仲間にツェズゲラ組を引き込む。次々に勝利するも最後に待ち受けていたのはレイザーとのドッジボール対決だった!
    23 分
  • レイザーの投げたボールを受けきれず、外野に出ることになったゴン。バックを宣言し内野に戻るも、ヒソカも負傷し劣勢の戦いに思われた。しかし、ゴンはレイザーを負かす秘策を思いつく。
    23 分
  • 本気を出したレイザーのボールを受け止めるためゴン、キルアそしてヒソカ。3人で真っ向から立ち向かう。渾身の一発をレイザーに向けて繰り出すゴン。いよいよドッチボール対決の決着がつく!
    23 分
  • ツェズゲラの提案で3週間ゲンスルーの気を引く間、ゴンたちは特訓をする。ゲンスルー足止めのためにいったんゲーム外に出たツェズゲラだったが、バッテラから予期せぬことを告げられる。
    23 分
  • ゲームに戻ってこないツェズゲラたち。ゲンスルーの矛先はついにゴンたちに向かってきた! ゴンはゲンスルーと、キルアはサブと、ビスケはバラと1対1で戦うことに。ビスケの真の姿とは!?
    23 分
  • ゲンスルーは圧倒的な力の差を見せつける。しかし一歩も引かず立ち向かうゴンに遂に本気を出しリトルフラワーでの攻撃を開始。ボロボロに傷つくゴン。ゴンに勝機はあるのか?
    23 分
  • 遂にゲンスルーを倒し、指定ポケットを99枚集めたゴンたち。最後のイベントであるプレイヤー全員でのクイズ大会に参加することに。見事優勝したゴンは、「支配者からの招待」をゲット!
    23 分
  • ゴンとキルアは、ゲームから持ち帰ったカードを使って、ジンと思われるニッグの元へ向かう。しかし、そこにいたのはジンではない別の男だった。しかも着いた途端、男に突き飛ばされ、怒鳴られてしまう。
    23 分
  • ゴンとキルアは、カイトたちが行っているキメラアントの生物調査に参加することになる。キメラアントとは食べた生き物の特徴を引き継いだ子孫を残す危険な生き物で、カイトたちの不安は高まっていた。
    23 分
  • カイトはキメラアントの腕が発見された場所とその時の海流情報を分析し、腕の持ち主の居場所にたどり着く。そこは一切の機械文明を遮断した、情報が全く出てこない閉鎖的な国だった。一方、キメラアントは進化し…
    23 分
  • ゴンたちは厳重な入国審査をパスし、キメラアントがいると思われるNGLに入国することに成功。しかしすでに10組のハンターがNGLに訪れていた。その頃、個性を持ったキメラアントは人間を襲い始めていて…。
    23 分
  • キメラアントの排除をハンター協会に伝えようとポンズの蜂に手紙を託すポックルとポンズ。一方、キメラアントは、NGLの裏組織として麻薬や銃の密輸をしていた支配者・ジャイロを襲い、武器を手に入れた。
    23 分
  • 襲撃された跡のある村を見つけるゴンたち。そこで彼らは初めてキメラアントと対面する。スピードも力もあるキメラアントに動揺する彼らだったが、カイトからは倒せないようなら帰れと、一蹴されてしまう。
    23 分
  • 好戦的な蟻がNGLの裏組織にいた悪人を捕食したことで、キメラアントはさらに凶悪さを増していた。そんな非道な行動に目を背けるゴンに対し、カイトは一喝。そして先へ進むために、決死の戦いに挑んでいく。
    23 分
  • キメラアント討伐にハンター協会も動きだした。その頃、ゴンたちはレアモノを食べたいキメラアントたちの標的になっていた。3人は、兵隊長クラスの蟻とタイマンをはることになり、次々と敵を倒していく。
    23 分
  • レアモノを狙うハギャが、ゴンたちを倒すために部隊を送り込んできた。森の木々に囲まれて思うように戦えないゴンたちに容赦なく襲い掛かる。その頃、女王の城で女王直属の護衛団が生まれようとしていた。
    23 分
  • カイトたちは、前方を行くハギャたちの念を捉えてその後を追い、キメラアントの巣である女王の城に向かっていた。しかし、城を目前にしたその時、3人の目前に女王直属の護衛団・ピトーが現れる。
    23 分
  • 自らおとりとなったカイト。ゴンたちは彼の無事を信じ、救出することを誓う。しかしNGLに戻るには、討伐隊を率いるネテロ会長から出された、刺客2人を倒して割符を奪う、という条件をクリアする必要があった。
    23 分
  • ゴンとキルアは、割符を奪うための特訓に入った。特訓が終わり、疲れきったゴンたちに、ビスケはこれからナックルと決闘しにいくと言いだす。ゴンたちは無謀にもナックルの元を訪れ、闘い始める。
    23 分
  • ナックルとの戦いで疲れ果てたゴンとキルアの前に、2人目の刺客・シュートがやってくる。しかし、彼は襲いもせずに冷や汗をかいて震えているのみだった。一方、パームは基礎能力向上修行の進捗に不安を抱いていた。
    23 分
  • ついに本気で対峙することになったゴンとナックル。しかし、ナックルはゴンの必殺技・ジャジャン拳に弱点があると指摘し、弱点を狙うような攻撃を繰り返す。ゴンは反撃できないまま、ジャジャン拳の体勢を取り…。
    23 分
  • ナックルとシュートとの決戦に臨むことになったゴンとキルア。俊敏なナックルをオーラで感じ取れるようになったゴン。その時、腕の陰からポットクリンが現れる。一方、キルアはシュートの攻撃に苦戦していた。
    23 分
  • 女王の居城で王が誕生し、キメラアントでさえも震える不吉なオーラを放っていた。そしてピトー、プフ、ユピーの護衛団は床に片膝を突いてうやうやしく迎えるが、これは同時にかつての女王を見限った証拠でもあった。
    23 分
  • 降伏したコルトの願いは、瀕死の女王を助けてほしいというものだった。それを聞き入れたモラウは、すぐキメラアントの研究チームを女王の居城に送り込む。その城でナックルたちは異様な光景を目の当たりにする。
    23 分
  • 独裁国家である東ゴルドー共和国に侵入した王は、念能力者のオーラを食しながら力を増大させていた。そして瞬く間に東ゴルドー共和国の宮殿を占領。一方、ゴンとキルアは、ナックルとシュートに敗れ…。
    23 分
  • デートをするゴンとパームの後をつけていたキルアは、森の中でラモットと対面する。念能力が使えないゴンに戦闘をさせるわけにはいかず、キルアは1人で戦おうとするのだが、兄から聞かされてきた忠告が蘇り…。
    23 分
  • ヂートゥと対戦するナックルとモラウ。キメラアントと人間との身体能力の差は歴然で、ヂートゥの攻撃に翻弄される。しかし、ナックルとモラウには勝算があり、笑みを浮かべていた。モラウの口から白い煙が吐かれ…。
    23 分
  • 流星街は幻影旅団の故郷で、そこにカルト、フェイタンなどの旅団員たちが立ち寄っていた。キメラアントが流星街にも侵入した情報を聞きつけての帰郷で、彼らは街で異形の遺体を見つけることになる。
    23 分
  • キメラアントとザザンは幻影旅団の故郷・流星街に巣を築き上げる。幻影旅団のメンバーはザザンを倒すべく巣の中へ侵入し、バラバラに分かれて行動を開始する。そこにザザンの部下たちが立ちふさがり…。
    23 分
  • ゴンとキルアは選別という名の虐殺を阻止すべく、東ゴルドー共和国に向かう。そしてある村にたどり着くが、人の気配はない。しかし、床や壁にはわずかに残った血痕があり、さらに野犬に掘り返された遺体を発見する。
    23 分
  • 選別を阻止するため、キルアと別行動を取ることにしたゴンの前に、新たなキメラアントが現れた。闇を狩り場とする夜のハンター・フクロウ男とコウモリ女で、ゴンを翻弄していく。そこでゴンは念を高め…。
    23 分
  • ヂートゥを待ち伏せするナックルとシュート。しかしヂートゥは、直前で進む方向を変更して2人の前から消えてしまう。一方、キルアとゴンもまた尾行されていると感じていた。するとゴンの前にキメラアントが現れ…。
    23 分
  • キメラアントの王に支配されている東ゴルトーにゴンとキルアは潜入し、選別という名の虐殺を止めるために奔走する。そんな彼らにキメラアントの追手たちが迫る。ゴンの前にはレミオロンが現れ…。
    23 分
  • イカルゴは仲間を裏切り、敵であったはずのキルアを救出する。一方、ゴンはメレオロンと心を通じ合わせようとしていた。彼は自らの能力をゴンに説明し、信頼を深めていた。メレオロンには、ある目的があり…。
    23 分
  • 選別までの間、王は暇を持て余し、将棋、囲碁の名人を呼びつけては次々と勝利を上げていた。戦闘能力だけではなく、知能においても人間以上の潜在能力を持つ絶対的存在だ。そんな王が次に呼んだのは盲目の少女で…。
    23 分
  • 宮殿に突き進むハンター・ノヴ。キメラアントのレオルとフラッタはノヴの能力を見定めようと監視しながら追うが、ノヴの姿を見失う。またモラウは、ヂートゥの念能力に阻まれていたが、反撃を開始しようとしていた。
    23 分
  • 王は、掴み所のない軍儀世界王者・コムギという少女との出会いによって、苛立っていた。対局が再開され、王はコムギに彼女が勝てば望むものを与え、彼女が負ければ左腕を差し出すという、賭けを持ち掛ける。
    23 分
  • 王とコムギの対局が続く中、ノヴはほかのハンターの侵入経路を確保する四次元マンションの入口を設置するため、宮殿へ侵入していた。キメラアントの兵隊に見つかりながらも、徐々に玉座に近づいていき…。
    23 分
  • モラウはライオン型のキメラアントのレオルに追われ、地下の教会で戦いになる。レオルは念能力を発動し、巨大な高波とサーフボードを繰り出し、モラウを攻撃。しかし、レオルの乗ったボートがモラウに迫り…。
    23 分
  • 選別の開始まであと3日に迫る中、ゴンたちは新たな仲間を得て戦いの準備を進めていた。その頃、王・メルエルとコムギが軍議を続けていて、コムギの体力は限界に達していた。戦況はコムギの旗色が悪くなり…。
    23 分
  • 選別開始が前日に迫り、ゴン、キルア、イカルゴの3名が、作戦の確認を行う。一方ペイジン市内では、突如けたたましいサイレンの音が響き渡り、「これより宮殿への移動を開始する」というアナウンスが流れた。
    23 分
  • 大群衆が宮殿の前で行進し、選別が開始されようとしていた。一方宮殿内では、オオカミ型のキメラアント・ウェルフィンが何者かの宮殿内の侵入に気付き、またビゼフ長官もパームが姿を消したことを察知する。
    23 分
  • 四次元マンションの内部で集結しゴンたちに、モラウが激を飛ばす。その2分前、東ゴルドー共和国のはるか上空から2つの光が落下し、ネフェルピトーがいち早くその存在に気付いていた。上空から巨大な龍が現れ…。
    23 分
  • 宮殿内は、突然のゼノとネテロの攻撃により大混乱に陥る。ゴンたちは王のいる部屋の下の階段で、王の元への侵入を阻止するユピーと遭遇。また、王の安否が気になるピトーとプフは急いで王の元へ向かっていた。
    23 分
  • 宮殿に突入したゴンたちは、異形と化したユピーの一撃により分断されてしまう。モラウの念の煙に包まれるユピー。モラウは煙によってユピーをかく乱し、シュートとナックルに全てを託すのだった。
    23 分
  • シャウアプフとモラウ、モントゥトゥユピーとシュート、ナックルが、それぞれの戦いを開始。王はネテロ、ゼノと対峙し、ゼノは巨大な龍のオーラを練り出した。しかし、王はそれを避けようともせず…。
    23 分
  • 宮殿の地下で、パームを救出するべく独り奮闘していたイカル。その一方で、ナックルはメレオロンのパーフェクトプランによって完全に消していた姿をユピーの前に現し、ユピーと全面対決に臨んでいた。
    23 分
  • ゴンとキルアは、カイトの敵あるネフェルピトーのいる塔の奥へと進む。そこには、ピトーの能力・ドクターブライスが発動していて、横たわったコムギに触手が及んでいた。そのコムギは瀕死の状態で…。
    23 分
  • 宮殿を去ろうとするゼノを引き止めるヂートゥ。新しい能力をゼノに対して繰り出す気でいたのだ。しかし、ヂートゥに何者かが襲い掛かる。一方、ナックルは瀕死のシュートを抱えてユピーから逃げようとする…。
    23 分
  • ユピーは、いくら攻撃を当てても離れないナックルの能力・ポットクリンの存在に苦戦し、偽りの気炎を上げる。そんな中、変装したイカルゴはパームを救出しようと王宮の中を探しまわり、何かに気付いた。
    23 分
  • ユピーが討伐軍の能力に対し、畏敬の念を持って認め始めていた頃、イカルゴは粉々にされたトラックの下に隠れていた。プロヴーダが乗り込んだエレベーターが動かないのを見たイカルゴは、瞬時に戦闘計画を立て…。
    23 分
  • 瀕死であったシュートがいなくなっていて、ナックルが立ち尽くしていた。その頃、プフのサナギの前に悩み続けていたモラウが行動に出て、巨大キセルを肩に担ぎ、視線の先にあるサナギを破壊する。
    23 分
  • ネフェルピトーは、傷付いたコムギをドクターブライスで治療。そのそばで、ゴンは治療の終了を待っていた。一方、中央塔の付近では、モントゥトゥユピーは怒りをコントロールしながら肉体を次々と変異させていた。
    23 分
  • ゼノの能力・ドラゴンヘッドが星の瞬く夜空を飛んでいる。到着した荒野で王はネテロと向き合い、「なぜ戦う?」と問いかける。王はコムギとの出会いで、人間にも生かすに足る存在があることを知ったのだ。
    23 分
  • 王とネテロ会長の真の闘いが始まろうとしていた頃、イカルゴはブロヴーダにとどめを刺せず、悔しさで涙を流していた。しかし彼はパームを探すという使命を思い出し、気合いを入れて、再び立ち上がる。
    23 分
  • キルアは、ものすごい速さでゴンの元へと走り出すが、何者かの気配を感じて立ち止まる。静まりきった廊下でキルアに近づいて来たのは、無表情で長髪細身の女・パームだったが、以前の彼女ではなかった。
    23 分
  • シャウアプフとモントゥトゥユピーは王の元へ急いでいた。宮殿2階の部屋では、ゴンの前でネフェルピトーがコムギの治療を続けていて、その後方にはナックルの姿もある。プフはナックルにあるトリックを告げた。
    23 分
  • 激しく強烈な連打を放ち続けるネテロの奥義・百式観音で、王を叩き潰した。しかし、王自身はまったくの無傷だ。王は百式観音の攻撃から飛び出し、ネテロに反撃を開始。互いにハイレベルな闘いを満喫していて…。
    23 分
  • ついに王の名を告げたネテロ。そして次の瞬間、胸に仕込んであったミニチュアローズと呼ばれる抜群の殺傷能力を持つ爆弾を、ネテロは自らの心臓を止めることで起動。全てを終わらせるための自爆だった。
    23 分
  • 蘇った王は自らをメルエムと名乗るが、記憶の一部は失われたままだ。そこでシャウアプフとモントゥトゥユピーを連れ、記憶を取り戻すべく宮殿へ向かう。プフは、コムギに関する記憶は戻らない方が良いと考えていた。
    23 分
  • 宮殿へと降下する王・メルエム、ユピー、プフの眼下には選別で集められた数万人もの人民の列があった。その列に紛れているナックルやメレオロンなどは、王たちの帰還を知って顔を険しくしていた。
    23 分
  • ピトーの足元には動かぬカイトの姿がある。しかし、ピトーがドクターブライスで治しているのはカイトではなく、自らの腕だった。左手の指を1本ずつ動かして治療の終了を確認したピトーは、ある言葉を発する。
    23 分
  • ゴンとピトーの戦闘が終わった頃、メルエムたちは西塔の前にいた。プフは、メルエムがコムギの記憶を取り戻すことが心配で、気が気でない様子だ。そんな中、メルエムは西塔の室内を見回し、焦燥感に駆られていた。
    23 分
  • プフはメルエムがコムギを思い出すことに不安を抱いている。また、ピトーがまだ戻って来ていないことに気付く。一方、地下ではイカルゴとパームがブロヴーダたちと行動を共にし、奔走していた。
    23 分
  • 瀕死の状態から復活したメルエムだが、コムギについての記憶を思い出せないことに苛立っていた。またシャウアプフが何かを隠していることには気付いていて、より高い次元の能力へ昇華させた円を放ち宮殿内を探る。
    23 分
  • ウェルフィンの一言でコムギの存在を思い出したメルエム。そして宮殿地下通路から地下の家に歩みを進めた王は、光子に変えたオーラにより、パームの存在を把握。王はバームに本心を打ち明け…。
    23 分
  • 王・メルエムの死によって人類対キメラアントの闘いは終わった。多大な犠牲を出した人類だが、キメラアント軍に勝利したのだ。シドレとブロヴーダも自らの人生を歩みだし、とある村にたどり着く。
    23 分
  • ハンター協会の最高幹部集団・十二支んが集結し、その中にはゴンの父親・ジンもいた。彼らはネテロが言い残した次期会長の選出について議論していたが、副会長・パリストンの発言のせいで議会は紛糾する。
    23 分
  • ネテロ会長の後継者を決める第13代会長総選挙の投票が開始され、選挙は混迷を極めていた。2度の選挙にわたり圧倒的得票数を獲得したのは副会長・パリストンだが、十二支んのメンバーたちは納得できない。
    23 分
  • キルアが兄弟のアルカと再会を果たしていた頃、兄・イルミはヒソカの協力を得るべく、ゾルディック家の秘密であるアルカの能力について語る。それはゾルディック家を滅ぼすほどの脅威の能力だった。
    23 分
  • ゴンを縛りつけている誓約と制約は、除念師の力でも解除できないでいた。ゴンを戻すため、キルアは家族の反対を押し切ってアルカを外に連れ出そうとする。ゾルディック家の監視と複数の執事が後を追うのだが…。
    23 分
  • ハンター協会本部ビルで、ネテロ会長の跡を継ぐ会長選抜の4回目の総選挙が行われた。結果はパリストン1位、チードル2位、そしてレオリオが3位だった。しかし、またも条件不達成のために再選挙となる。
    23 分
  • ヒソカが、キルアを援護するゴトーたちの前に立ちはだかる。キルアは、アルカを抱きかかえて森の中を走り抜け、次の町・パラスタに向かう。だが、彼の背後には迫り来る執事のツボネの影があった。
    23 分
  • 第5回13代ハンター協会会長総選挙は、上位8名による再選挙になり、引き続き選挙戦が展開される。一方、キルアを追うヒソカは、清凛隊のハンターたちを次々倒し、キルアの乗る飛行船の着陸地点に向かう。
    23 分
  • 引き続き行われている第7回13代ハンター協会会長総選挙の結果は、上位4名での再選挙となった。チードルは不機嫌な顔のジンに、どうしたらパリストンに勝てるのかと問う。ジンからは意外な一言が返ってくる。
    23 分
  • 会長総選挙は回を重ね、ついに8回目に突入。そして、即時開票された結果に会場が混乱する。その結果は、1位レオリオ、2位パリストンだが、レオリオの得票数が500%を超えず、上位2名の最終決戦投票になった。
    23 分
  • 会長総選挙が行われているハンター協会本部ビルでは、ゴンの復活に歓喜する仲間たちが集い、拍手を送っていた。そこでゴンは、初めて父・ジンの姿を目にする。ゴンは、片手を上げて目礼をするジンに駆け寄り…。
    23 分
  • 赤毛の少女にこれまで犯してきた罪を赤裸々に話すキメラアントのコアラ。コアラの懺悔が終わると、少女は静かに語り始めるのだった。一方、ゴンは死んだと思っていたカイトが生きていると知り、会いに行く。
    23 分
  • ゴンは世界一高い木を登り、頂上で父・ジンに会う。ジンに今までの旅を話したかったゴンは、ジンを探すため故郷・くじら島を旅立ったことなどを話した。さらに今までの過酷な経緯を吐露し、親子の絆を深めていった。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ