タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

宇宙戦艦ヤマト2199(TV版)

| 2012年 | 216円〜
ポイント
よみがえる宇宙戦艦ヤマト!希望の光を求め、銀河を超える旅立ちの時が来た!!
見どころ
人類に残された猶予は1年しかない。ヤマトは果たして人類を救うことができるのか…。
ストーリー
西暦2199年。外宇宙から襲来した謎の星間国家ガミラスによって、人類は滅亡の渕に立たされていた。その中で人類最後の希望を託すべく「ヤマト計画」が進められていた。その人類最後の希望を託すべき艦の名は「ヤマト」。
2018年3月31日 23:59まで配信
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

エピソード

  • 西暦2199年。地球の人類はガミラスとの戦いに敗れ、滅びていった。国連宇宙軍最後の艦隊が冥王星沖でガミラスと交戦する中、火星に謎の宇宙船が不時着する。その宇宙船からあるメッセージがもたらされた。
    24 分
  • 赤く干上がった大地に静かに眠る沈没した戦艦は、人類がひそかに建造した恒星間宇宙船だった。このヤマトという名の船に与えられた使命は、16万8000光年の彼方にある惑星・イスカンダルへの大航海だった。
    24 分
  • 火星軌道から木星圏へワープシステムのテストをする宇宙戦艦ヤマトは、エンジントラブルに見舞われ謎の大陸に着地。修理を行う中、ガミラスの襲撃を受ける。そこで沖田は、新兵器・波動砲の使用を決意した。
    25 分
  • 国連宇宙軍の救難信号を受信したヤマトは、土星の衛星エンケラドゥスへ降下して救難活動を行うことに。しかし、ガミラス偵察揚陸艦に強襲される。戦いの中、古代はエンケラドゥスの氷原で凍結した難破艦を発見した。
    25 分
  • 冥王星には地球を壊滅させた遊星爆弾の発射基地がある。沖田はこの基地を叩く決意をして攻撃を開始。ヤマトは航空隊との連携した作戦を立案するが、逆に反射衛星砲からのロングレンジ攻撃を受けてダメージを負う。
    25 分
  • ヤマトは冥王星の海に沈み、ヤマト航空隊が敵基地の探索を続ける。一方、古代は冥王星を彩るオーロラの中から敵機が出現することに気付いた。反射衛星砲の攻撃をかいくぐって、ヤマトが反撃を開始する。
    25 分
  • ヤマトは太陽圏と恒星間空間の境界・ヘリオポーズを通過しようとしていた。艦内ではクルーたちが家族との通信を許可され、それぞれが別れを惜しむが、古代はガミラスとの戦いで家族全員を失っていた。
    25 分
  • ガミラスの帝都・バレラスではデスラー総統が自ら立てた作戦でヤマト撃沈の様子を中継し、閣僚たちにその力を誇示しようと目論んでいた。デスラーの策略によって、ヤマトは絶体絶命のピンチに陥る。
    25 分
  • 捕獲したガミラスの機械化兵・オルタを分析し、ガミラスの情報を引き出す任務に就くAU09ことアナライザー。2つの機械には友情に似た関係が生まれたので、保安部長・伊東はオルタを破壊しようとするが…。
    25 分
  • ヤマトがはまり込んだ異次元断層は、難破した異星の船が無数に浮かぶ宇宙の墓場だった。そんな中、同様に漂流していたガミラス艦がヤマトに交信を求め、「この空間を脱出するためには、互いの協力が必要だ」と言う。
    25 分
  • ガミラスのパイロット、メルダが艦内に残ったヤマトでは、その処遇をめぐって意見が対立していた。その最中、ヤマトからメルダ機とコスモファルコンが突然発艦し、誰が操縦しているのかを確かめる必要があった。
    25 分
  • ガミラスとファーストコンタクトを果たした。メルダによる地球先制攻撃説は古代と島の間に亀裂を生んでしまった。そんな中、ガミラス本星ではデスラーが名将・ドメルを召喚し、ヤマト討伐を命じる。
    25 分
  • ヤマトはフラーケンが操る次元潜航艦からの魚雷攻撃を受けて小惑星帯に逃げ込むが、沖田が倒れて緊急手術が必要となってしまう。古代は命令違反を犯しながらもヤマトを救うため危険な賭けに出る。
    25 分
  • 古代と雪は偵察任務から戻るが、そこには虚空を漂うヤマトの姿があった。誰もいない艦内で、古代は死んだはずの両親の姿を目撃。一方、バラン星に到着したセレステラは、独自の作戦でヤマト拿捕を試みる。
    25 分
  • ドメルの執拗な攻撃に疲弊していくヤマトクルーたち。艦内では「ヤマト計画」に疑問の声も出始めていた。ガミラスの威力偵察をかわすべくワープしたヤマトだが、そこにはガミラス大艦隊の姿があった。
    25 分
  • 危機を脱したヤマトが補給のために立ち寄った惑星・ビーメラ4の環境は、地球に近いため人類移住に適していた。古代たちが惑星の調査に向かう間、ヤマト計画の実現性に疑いを持つ一派がついに反乱を起こす。
    25 分
  • 古代はビーメラ4に残された遺跡からイスカンダルの情報を持ち帰っていた。亜空間ゲートを活用することにより、一気に数万光年の大跳躍が可能になるというので、古代たちはゲートを再起動させようとする。
    24 分
  • 亜空間ゲートを使ってヤマトがたどり着いたバラン星には、1万隻に及ぶガミラスの大艦隊が集結していた。しかし、大マゼラン銀河到達にはバラン星のゲートを通過しなければならず、沖田は強行突破を選択する。
    24 分
  • ヤマトはついに大マゼラン銀河に到達した。一方、ガミラスはゼーリックの愚行によりバラン星に主力艦隊を置き去りにされた。デスラー総統は収監されていたドメル将軍を釈放し、再びヤマト迎撃の命を下す。
    24 分
  • イスカンダルへの最短距離を進むヤマトだったが、宇宙の難所、七色星団でドメル将軍率いる空母艦隊が立ちふさがる。ドメルの繰り出す奇策にヤマトは翻弄され、絶体絶命の中、沖田の決断が待たれるが…。
    25 分
  • ザルツ人特務部隊に捕まった雪は惑星レプタポーダに連行された。そこは、ガミラスの反体制派や戦争捕虜が収容されている第十七収容所惑星だった。ガミラスから監察官を乗せた艦が、この惑星を訪れる。
    25 分
  • ヤマトが向かうべき希望の星・イスカンダルは、敵であるガミラスとの2連惑星。すなわち目的地は同時に敵地でもあった。沖田は総員第一種戦闘配置のまま、イスカンダルに向けた最後の大ワープを命じる。
    25 分
  • ヤマトはイスカンダルとガミラスの存在するサレザー恒星系にワープアウト。そこでヤマトが突如、高エネルギー体の攻撃に遭う。窮地のヤマトに沖田が下した命令は、最大戦速での惑星ガミラスへの突入だった。
    25 分
  • ヤマトはガミラスとの長い死闘の果てに、ついにイスカンダルへと到達した。ヤマトクルーはイスカンダルの女王・スターシャと謁見する。しかし、彼女は彼らにコスモリバースシステムの引き渡しを拒否するのだった。
    25 分
  • コスモリバースシステムを受け取り地球へと帰還途上のヤマトは、行程の短縮のため亜空間ゲートから銀河系へワープしてバラン星へ向かう。しかし、バラン星宙域にはヤマトをひそかに待ち受けるガミラス艦隊があった。
    25 分
  • 地球を目前にしたヤマトの艦内ではさまざまなドラマが展開していた。伴侶を得る者がおり、新たなる生命の息吹もあった。そして、赤く焼け爛れた地球を見上げるヤマトクルーたちに、ある奇跡が起ころうとしていた。
    24 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ