タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

続 夏目友人帳

| 2009年
見放題
緑川ゆきのヒットシリーズ。あやしい出会いと切ない別れ…人と妖の物語が再び始まる。
見どころ
自身の優しさがあだとなりピンチに陥る夏目だが、そのたびに助けてくれるニャンコ先生が頼もしい。おせっかいはやめろという夏目とニャンコ先生のケンカがほほえましい。
ストーリー
夏目貴志の祖母・レイコは、妖たちに勝負を挑み、隷属の証として名前を書かせたという。その契約書の束「友人帳」を、用心棒である妖怪・ニャンコ先生と共に妖たちへと返していく貴志。おせっかいな彼の元にはさまざまな妖が集い始めるのだった。
2018年9月14日 23:59まで配信
(C)緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

エピソード

  • 友人帳に書かれた妖怪たちの名前を返す日々を送る夏目貴志。そんなある日、夏目はニャンコ先生にそっくりの黒ニャンコ先生に友人帳を奪われ、危険も顧みず黒ニャンコ先生が向かったという妖怪の宴に訪れる。
    23 分
  • しばの原にやって来た夏目とニャンコ先生。森の守り神の像から、妖・玄が夏目に乗り移ろうと襲い掛かるが、誤って雪うさぎに乗り移ってしまう。玄は、放たれた悪霊を退治するのに力を貸してほしいと言う。
    23 分
  • 夏目と同様に妖を見ることができる名取周一。表では人気俳優、裏では妖祓いをしている彼に誘われ、温泉旅行に旅立つ。夏目は旅を満喫していたが、気になることが起こり始める。それでも旅を楽しもうとしていたが…。
    23 分
  • 藤原家の庭先に産み落とされた卵を、夏目はニャンコ先生と温めてみることに。すると、日に日に大きくなる卵を奪おうとする妖が現れる。卵の中から姿を現したのは小さな小さな人の形をした辰未という妖の雛だった。
    23 分
  • 妖・霧葉の名前の返還に応じようとする夏目だったが、友人帳は反応するものの再び閉じてしまった。レイコが50年後に名前を返す約束で、それを記した紙を森の木に結び、その紙を取るなと脅かしたようだった。
    23 分
  • 夏目はチョビ髭の妖怪に、人間の娘が不吉な陣を地面に書き歩いているので止めてほしいと頼まれる。そして向かった先には件の少女がいた。少女は夏目が妖怪を見ることができると知っていて、力を貸してほしいと言う。
    23 分
  • 自らの描いた陣に入った妖の姿を見ることができる少女・多軌透。彼女は妖怪に、人と話すことすら許されない祟りを掛けられていた。その祟りを解くため、妖怪探しを始める夏目だが、逆に妖怪に捕らわれてしまう。
    23 分
  • 民宿に来た夏目の前に人魚の姿をした友人帳狙いの妖が現れた。何とか難を逃れた夏目に、民宿の千津が、かつて大切な人に人魚の血を飲ませてしまった話をする。その人を探し出すため、夏目は再び人魚に会いに行く。
    23 分
  • ある絵を入手以来、目覚めると部屋中が花びらで満たされるようになった。そんな夏目とニャンコ先生の前に妖・巳弥が現れる。名のある妖が描いたと言うその絵に描かれた小さな人影は、かつて巳弥と友人だったという。
    23 分
  • 藤原家では、足跡と落書きが門前に残され、家の中で奇怪なことが起こり始めた。滋は、かつてこの家で同じようなことが起こり、ある人に出会ったことで治まったと言う。滋は夏目に子供の頃の話を語り出す。
    23 分
  • 手負いの妖が助けを求めるかのように夏目の元に現れた。名取はそんな夏目を呪術師の会合に誘う。同じ力を持ち、同じ痛みや苦しみを知る人たちの中でなら、自分のできることを見つけられるかもしれないと言うのだ。
    23 分
  • 夏目は、夜毎謎の物音や声が聞こえるといわれる洋館に来た。声のする方に行ってみると、棺のような箱に少年が閉じ込められていた。少年がお化けに追われているという話を聞き、夏目は少年を守ろうと思うのだが…。
    23 分
  • カイを追っていたのは妖だけではなかった。名取も、妖であるカイを退治しに来たという。そして、カイは、自分だけでなく夏目をも傷つけようとした名取に怒りだし、ついに妖としての力を露わにする。
    23 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ