タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ヒカルの碁

| 2001年 | 108円〜
ポイント 2話無料
めざせ!神の一手
見どころ
佐為の導きやライバルたちとの出会いを通し、ヒカルは眠っていた才能を目覚めさせていく…。
ストーリー
祖父の家の蔵で古い碁盤を見つけた少年、進藤ヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士、藤原佐為の霊と出会う。佐為の囲碁への熱烈な想いに動かされ、それまで興味のなかった囲碁の世界に惹かれてゆくヒカル。
2018年3月31日 23:59まで配信
(C)ほったゆみ・HMC・小畑健・ノエル/集英社・テレビ東京・電通・ぴえろ   【提供:バンダイチャンネル】
  • 無料 
    小学6年生の進藤ヒカルは、ある日、祖父の家の蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士である藤原佐為の魂がヒカルの意識に入り込む。
    23 分
  • ヒカルとの対局に衝撃を受けたアキラ。ライバルらしき存在がいなかったアキラは、それ以来ヒカルの一手のことが頭を離れず、その存在を強く意識するように。一方、ヒカルは囲碁教室に通い出す。
    23 分
  • 子供の囲碁大会で対局中に佐為の言葉をそのまま口に出してしまったヒカル。しかし一目見ただけで的確な助言ができてしまったという事実は波紋を呼んでいた。
    23 分
  • アキラの父である塔矢行洋名人と対局することになったヒカルは、名人の輝くような碁石の打ち方に圧倒されつつも、自分もあんな打ち方ができたらと思うようになる。
    23 分
  • 加賀との冬のプール飛び込みを賭けての対局中、あかりに気を取られたヒカルは、佐為の指示とは違う場所に石を打ってしまう。対局を続けるヒカルだが、あと半目差で加賀に負けてしまった。
    23 分
  • 囲碁大会2回戦、大将の加賀は勝ちをおさめるが、副将の筒井は負け。1勝1敗で勝負の行方は三将のヒカルにゆだねられた。しかし、ここで加賀がヒカルにあることを告げる。
    23 分
  • 春になりヒカルとあかりは葉瀬中に入学した。ヒカルは囲碁部に入部し勧誘活動を開始するが、囲碁部は他の部の迫害を受け勧誘の成果を挙げるのは難しい状況に追い込まれる。
    23 分
  • ヒカルと対局するために海王中の囲碁部に入部したアキラ。だが、その才能のために部内に不協和音が生じる。アキラが入部したことで団体戦のメンバーからはずされる可能性のある青木は…!?
    23 分
  • どんな手を使ってもアキラを負かそうと企む伊藤、小島、奥村。伊藤はアキラを旧囲碁部控え室に呼び出し、「目隠し碁」を打たせるが、伊藤の思惑とは裏腹にアキラは圧倒的な強さで勝ちを収める。
    23 分
  • 部員の集まらない葉瀬中囲碁部。これでは次の大会には出場できない。そんなとき、部員募集のポスターに書いた上級者向けの詰め碁をといた生徒がいた。
    23 分
  • 対局中に三谷がズルをした。そんな彼を追って碁会所へ向かうヒカル。そこでヒカルは、ダケさんという大人とお金を賭けて碁を打つ三谷の姿を見つける。
    23 分
  • ダケさんを懲らしめたヒカルは、取り返した賭け金をダシに三谷を囲碁部に入部させるが、三谷への筒井の不信感は消えず、囲碁部はバラバラの状態に。
    23 分
  • 囲碁大会が始まり、1回戦の相手、岩名中と対決する葉瀬中。中押し勝ちをおさめた三谷は海王中の偵察に行き、そこで彼らの実力を知ることになる。
    23 分
  • 大会2回戦、海王中との対決が始まり、ヒカルとアキラの3度目の対局が開始。佐為の繰り出す手に果敢に応じるアキラ。三谷と筒井も全力でぶつかる。
    23 分
  • ヒカルの実力に幻滅したアキラはプロを目指すことにする。一方ヒカルは佐為の対局を奪ってしまったことの償いで、プロ棋士同士の対局を観戦しに行く。
    23 分
  • 「sai」の登録名で連戦・戦勝の謎の棋士の登場で、ネット碁界の噂はsai一色に。プロ試験に臨む院生の和谷もsaiと対局し、その強さに興味を持つ。
    23 分
  • インターネットに潜む最強の棋士saiのことでもちきりの国際アマカップ。そのことは会場を訪れていたアキラの耳にも届く。
    23 分
  • saiとアキラとの再度の対局が始まった。インターネットを通じて伝わるsaiの強さに押されるアキラ。一瞬、目の前に進藤ヒカルが碁を打つ手が見えた!?
    23 分
  • インターネット碁ができない今、佐為に碁を打たせるには、碁盤と碁石を揃えて自分が打つしかない。ヒカルは碁盤と碁石を賭けて祖父と対局することに。
    23 分
  • 偶然出会ったヒカルを碁会所に連れてきた海王中の岸本は、「君の本当の力を知りたい」と言う。ヒカルは全力で戦うが、所詮は岸本の相手ではなかった。
    23 分
  • 院生を目指すというヒカルに対し、葉瀬中囲碁部員たちは動揺を隠せない。無理に引っ張り込まれた三谷には、このヒカルの身勝手さは納得できなかった。
    23 分
  • 院生になるための試験を受けるヒカル。しかし、緊張したヒカルは悪手を連発してしまう。そして、いよいよ試験官からの合否の結果が告げられる…!!
    23 分
  • 日本棋院の院生になったヒカルだったが、手合いは連敗続き。一方、前年1組1位の伊角は、今年プロ不合格なら院生をやめなければならなかった。
    23 分
  • トッププロの座間王座とアキラが対局する新初段シリーズが始まった。アキラは王座相手に一歩も引かないどころか強気の攻めで逆に王座を追いつめる。
    23 分
  • 若手プロと1組16位までの院生が対局する若獅子戦を目指すため、森下九段の研究会に参加したヒカル。早く1組へと焦るが、勝つことができない。
    23 分
  • 佐為の言葉から活路を見出したヒカルは1組にあがることができた。そして練習を重ね、念願の若獅子戦出場権を手にするのだった。
    23 分
  • 無料 
    院生として若獅子戦を目指ししのぎを削るヒカルたち。そんな中、ヒカルはふと葉瀬中囲碁部のことを思い出していた。ヒカルが囲碁部を覗いてみると、あかり、夏目、津田が打っていた。
    23 分
  • ついに若獅子戦が始まった。若手プロ対院生の対局に誰もが皆、意気盛んだ。そして何より、塔矢アキラの出場はプロ棋士にとっては意識せざるを得ない事柄となっていた。
    23 分
  • 若獅子戦でヒカルは1回戦敗退。アキラと対局することはできなかったが、ヒカルは手ごたえを感じていた。ヒカルの実力を計りかねたアキラは、ヒカルの対局を見ていた緒方に疑問をぶつける。
    23 分
  • かつて学生三冠のタイトルを取った門脇が、今年のプロ試験を受けるという噂が飛び交っていた。腕に覚えのある門脇は、勝負勘を取り戻すため、偶然通りかかったヒカルに一局打とうと持ちかける。
    23 分
  • プロ試験予選当日。予選は5日間で1日1局、3勝したものから1ヵ月後の本戦へ進める。外来の受験生として現れた椿という男に呑まれてしまうヒカル。初日の対戦相手は、なんとその椿だった…!
    23 分
  • あと1敗すればプロ試験に進むことができないヒカルの対戦相手は同じ院生仲間のフク。相性のいいフクと打つことでどうにか弾みをつけたいヒカルだが、一番の懸念は椿の存在だった。
    23 分
  • 大人相手の対局を経験させようと、ヒカルをとある碁会所へ連れて行った和谷と伊角。そこで和谷は、ある提案をする。その提案に乗って対局相手と対する3人だが結果はヒカルたちの圧勝!
    23 分
  • 碁会所で腕を磨くヒカルたちの3人は、強い棋士がいると評判の碁会所へ向かう。ヒカルはその碁会所で、ある少年の存在に気づく。少年の名は、洪秀英。韓国のプロ棋士養成所の研究生だという。
    23 分
  • ちょっとしたいざこざから始まった洪秀英との対局。互角の戦いを見せる中、海王中囲碁部顧問の尹先生が訪れる。ふたりの激しい攻防を見守る尹先生は、過去のヒカルの対局を思い出していた。
    23 分
  • ついにプロ試験本戦が始まった。予選初日ではガチガチに緊張していたヒカルだったが、碁会所特訓の成果が出たのか、椿に会っても逆にリラックスできるようにさえなっていた。
    23 分
  • プロ試験本戦も序盤から中盤へとさしかかる。ヒカルの対局相手は因縁の相手、椿。今ではもうすっかり落ち着きをみせたヒカルは、椿とも対等に話をすることができるようになっていた。
    23 分
  • ヒカルの対局相手は伊角。いくらヒカルが数ヵ月で力をつけてきているとはいえ、院生1位の伊角に自信の揺らぎはなく、対局中盤での攻防は伊角優勢。だが、越智が目にした対局時計は…!?
    23 分
  • ヒカルは伊角の指が一度石から離れたのを見た気がして、指摘すべきかどうか悩む。もし打ち直しをしていれば伊角は反則負け。そんなヒカルに佐為は、逆転を狙う手を試したくないのかと問う。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ