タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

幽☆遊☆白書

| 1992年
見放題
伊達にあの世は見てねぇぜ!大人気漫画原作のオカルトバトルアクション!
見どころ
同名人気漫画を原作とするバトルアクション。人間界から魔界へと舞台を変え激しさを増す戦いを展開する中、原作の持つダークな要素を極力削らない奥深い物語を繰り広げる。
ストーリー
不良少年の幽助は、子供を助けようとして交通事故で死んでしまう。しかし、生き返るチャンスを与えられ、人間界に害を及ぼす妖怪を捕らえる霊界探偵となった。幽助は友人・桑原や任務を通して出会った蔵馬、飛影と協力し、次々と現れる強敵を倒してゆく。
2018年3月31日 23:59まで配信
原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊) (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社
  • 不良少年の浦飯幽助は、ある日、子供をかばって交通事故で死んで幽霊になってしまう。しかし、霊界の案内人・ぼたんから「エンマ大王の課す試練を受ければ生き返るチャンスがある」と聞かされる。
    23 分
  • 霊界を訪れた幽助は、エンマ大王の息子・コエンマより「霊界獣の卵を無事にかえす」という試練を受ける。また、生き返る時に肉体がなくなっていては困るので、幼なじみの雪村螢子にそのことを伝えようとするが…。
    23 分
  • 桑原和真は幽助のけんかのライバルだ。けんか好きの桑原たちに手を焼いた明石先生は、桑原の子分である大久保のアルバイトを許可してほしければ、1週間のけんか禁止とテストで好成績を取ることを約束させる。
    23 分
  • 幽助から肉体を保護するよう言われた螢子は、毎日かいがいしく世話をしていた。そんな中、幽助のアパートに放火魔が出現する。幽助の肉体を守るため火の中に飛び込む螢子だが、その行く手を炎がふさぐ。
    23 分
  • コエンマに課された試練を乗り越えた幽助は、晴れて生き返ることを許された。螢子からやっとの思いで生命エネルギーをもらい復活した幽助だったが、コエンマに課された次なる試練は霊界探偵だった。
    23 分
  • 霊界探偵としての最初の指令は、霊界から盗まれた3大秘宝を取り戻すことと、盗んだ3人組の妖怪盗賊の逮捕だった。幽助はその中の1匹、剛鬼と戦うことになるが、その凄まじい力に圧倒されてしまう。
    23 分
  • 強敵・剛鬼をやっとのことで倒した幽助の前に、続いて蔵馬が現れる。しかし、蔵馬には戦う意思がないばかりか、「人間に憑依した妖怪の自分を、知らずに息子として育ててくれた母を病気から救いたい」と言いだす。
    23 分
  • 剛鬼と蔵馬からそれぞれ秘宝を取り戻した幽助。残るは飛影だけとなったが、その飛影が螢子を誘拐した。螢子を救うために戦う幽助だったが、飛影の邪眼の呪縛で大ピンチに陥る。そこに蔵馬が現れ…。
    23 分
  • 霊光波動拳の師範・幻海の奥義を狙う妖怪・乱童からそれを守れとの指令を受けた幽助は、訪れた寺で偶然にも桑原と出会う。幽助と桑原は次々と試験をクリアして精鋭8人の中に残り、第4試験を受けることになった。
    23 分
  • 第4試験は暗闇の中での実戦だった。3回戦は剣の使い手・武蔵との戦いで、苦戦を強いられる桑原だが、霊気で剣を作り出して何とか勝利を収める。続いて、第4試合の幽助と武闘家・牙野の戦いが始まり…。
    23 分
  • 牙野を相手に苦戦する幽助は、幻海の投げ捨てたタバコの火を利用して辛勝する。次なる戦いの場は湿地帯だ。忍者・風丸と少林では、どちらが乱童なのか正体が掴めないまま、幽助は風丸と戦い始める。
    23 分
  • 最後の相手、少林と桑原との戦いが始まった。勝負は桑原が優位に立って進むが、かつて乱童に盗まれたといわれる呪術師の技を使った少林に体を縮められて惨敗する。幽助はそんな少林の非道ぶりに怒りを爆発させた。
    23 分
  • 邪悪な妖怪・乱童がついに本性を現した。幽助は無惨にやられた桑原の仇を討つために戦うが、乱童はあまりに手ごわい相手だった。ボロボロの幽助は勝利を諦めかける。その時、桑原の嘲笑う声が聞こえ…。
    23 分
  • 迷宮城に住む四聖獣から挑戦状が届いた。人間界への移住を認めなければ、人間界に放った魔回虫に寄生された人々を使って街を混乱させると言う。幽助は、桑原、蔵馬、飛影らと虫を操る虫笛を壊すために迷宮城へ急ぐ。
    23 分
  • 迷宮城の裏切りの門を通り抜けた幽助たち4人は、第一の四聖獣・玄武に行く手をはばまれた。自ら玄武と戦うことにした蔵馬だが、岩でできた玄武はどんなに崩しても復元するため苦戦を強いられる。
    23 分
  • 第2の敵である白虎に1人で立ち向かう桑原は、白虎の分身妖獣4匹に翻弄される。桑原は、訓練によって伸縮自在になった霊剣で妖獣の動きを封じるが、立ちふさがる白虎には思わぬ力が隠されていた。
    23 分
  • 桑原が相手の霊気を吸い取る白虎の力を利用し、一度は倒したかに見えたが、白虎は奥義・鳴虎衝壊波でさらに挑んでくる。恐ろしい技の前に徐々に足場を奪われていく桑原は、ついに決死の手段に出た。
    23 分
  • 青龍の部屋にたどり着いた幽助たちは、助けを求めてきた白虎をためらわずに殺した青龍に怒りを感じていた。そんな中、仲間を見殺しにした者に対して初めて不快感を覚えた飛影が、自ら出戦を申し出る。
    23 分
  • 桑原たちの協力で四聖獣のリーダー・朱雀の部屋に飛び込んだ幽助は、虫笛に操られた人々に追い詰められる螢子とぼたんの姿を目の当たりにする。怒った幽助は朱雀に挑むが、奥義・暗黒雷迅拳に跳ね返されてしまう。
    23 分
  • 幽助の反撃に対し、朱雀はついに奥義・六獄暗黒雷光波を放つ。必死に戦い続ける幽助だが7人に分身した朱雀に翻弄されるばかりだった。いよいよ朱雀がとどめを刺そうとした時、幽助の脳裏に幻海との修行が蘇る。
    23 分
  • 幽助の最後の反撃が始まった。螢子を魔の手から救うため、そして自分のために頑張ってくれる仲間のため、幻海の教えである「心を一つにすることが己をコントロールする唯一の手だ」を胸に、力の限りを尽くす。
    23 分
  • コエンマからの次なる指令は、成金・垂金権造に捕らえられている少女・雪菜の救出だった。雪菜が飛影の妹であるとも知らず、桑原は彼女に一目惚れし、幽助と共に垂金邸へ向かった。その後、予期せぬ展開となる。
    23 分
  • 垂金邸を訪れた幽助と桑原は次々と現れる妖怪たちと戦い、ついに屋敷へと踏み込むが、2人の前に新たな敵が現れる。その頃、垂金に雇われた戸愚呂兄弟は、その恐るべき力の片鱗を見せ始めていた。
    23 分
  • 幽助と桑原の前に次なる敵・三鬼衆が現れた。戸愚呂兄弟から2人の活躍を聞いた垂金は、闇の組織BBCの仲間を集めた。そして幽助、桑原と、三鬼衆・魅由鬼、隠魔鬼、獄門鬼のどちらが勝つかの賭けを開催する。
    23 分
  • 幽助たちの前に、ついに戸愚呂兄弟が姿を現す。幽助と桑原は果敢に挑むが、兄弟の強さは圧倒的だった。苦戦の末、桑原は一か八かの勝負に出る。その頃、雪菜の行方を捜していた飛影もまた、垂金邸を訪れていた。
    23 分
  • 苦戦の末に戸愚呂兄弟を倒した幽助たちだが、再び戸愚呂・弟が立ちふさがった。恐るべき強さを見せつけた戸愚呂の前になす術もなかった幽助は、その後来るべき暗黒武術会に備え、幻海の元でさらなる修行を積む。
    23 分
  • 幽助、桑原、蔵馬、飛影に謎の覆面戦士を加えた5人は、暗黒武術会のゲストとして会場の首くくり島へ向かう船に乗った。しかし、ゲストであるはずの彼ら5人は、船上での予選に勝ち残らなければならなかった。
    23 分
  • 暗黒武術会が始まった。螢子、桑原の姉・静流、ぼたん、コエンマも応援に駆け付けるが、修行に疲れた幽助は眠り続けていた。大将・幽助が目を覚まさない中、第1試合が開始。初戦で桑原が六遊怪の鈴駒に苦戦する。
    23 分
  • 桑原と鈴駒の決着がつき、次なる戦いは蔵馬と六遊怪の呂賭。母を人質にとられて手出しができない蔵馬だったが、その卑劣さが逆に蔵馬の激しい怒りに火をつけ、ついに呂賭は蔵馬の植物を操る霊気で倒される。
    23 分
  • 飛影と火炎術師・是流との戦いが始まった。六遊怪の中でもナンバーワンと思われる力を持つ是流に飛影は苦戦するが、未完成の奥義・炎殺黒龍波を使うことで何とか勝利を収め、次の対戦へと駒を進める。
    23 分
  • 六遊怪の大将として登場したのは妙な酔っぱらいで、その名は酎。対する浦飯チームはやっと目覚めた幽助が登場する。酎は見た目とは裏腹に洗練された技の使い手で、幽助と互角に戦えるほどの力を持っていた。
    23 分
  • 互いに力を使い果たし、ボロボロになった幽助と酎。酎はこの勝負に決着をつけるため、ナイフエッジ・デスマッチを行おうと提案する。それは限られた狭い領域内での肉弾戦だ。この勝負は熾烈を極め…。
    23 分
  • 幽助の勝利によって2回戦進出を決めた浦飯チームだが、それぞれが力を使い果たし、もはや戦闘不能なほどに疲れ切っていた。一方、2回戦を戦う戸愚呂チームは、圧倒的な強さを見せつけていた。
    23 分
  • 幽助たちの2回戦が始まったが、開始時間になっても飛影と蔵馬が現れない。2人は途中で、相手のDr.イチガキチームの2選手に足止めされていたのだ。このため幽助、桑原、覆面戦士の3人で戦うしかなくなった。
    23 分
  • Dr.イチガキチームのM-1、2、3号は強敵だった。さらに、師匠の命を救ってもらう条件で彼らがイチガキの実験体となったことが分かり、同情した幽助と桑原は危機に瀕する。だがその時、事態が一変した。
    23 分
  • M-1、2、3号がDr.イチガキの操血瘤によって殺人マシンにされた。操血瘤を壊さない限り3人を止められないが、そうすれば彼らは死んでしまう。本気で戦えなくなった幽助に代わって覆面戦士は3人を倒し…。
    23 分
  • 3回戦に突入した幽助たち。しかし、本部の陰謀で飛影と覆面戦士が結界内に閉じ込められてしまった。また、魔性使いチームの1番手、化粧使い・画魔と対決した蔵馬は、その命懸けの技で動きを封じられる。
    23 分
  • 魔性使いチームの2番手、呪氷使い・凍矢は仲間の画魔の死を無駄にすまいと激しい攻撃を仕掛け、動きを封じられた蔵馬は逃げることも戦うこともままならない。追い詰められた蔵馬は、ついに苦肉の策に出る。
    23 分
  • 次の対戦相手である霧使い・爆拳は、前の戦いで力尽きた蔵馬が動けないのを知った上で容赦ない暴力を振るってくる。やがて、爆拳の態度に怒りを爆発させた幽助がついにリングに上がり、一気に爆拳をやっつけた。
    23 分
  • 4回戦が始まった。幽助の相手、風使い・陣はなかなかの強敵だった。得意の飛翔術を使い幽助を翻弄する。必死に戦う幽助だが、ことごとく霊丸を封じられてピンチに陥る。そんな窮地の中、彼はある作戦に出た。
    23 分
  • 陣と幽助の戦いは終わり、大会本部の裏工作により両者リングアウトの判定が出され、浦飯チームの負けが宣告されそうになる。幽助が納得できずにいる時、重傷を負って戦えないはずの桑原が立ち上がった。
    23 分
  • 桑原は、残った力を振り絞って立ち上がるが傷は深く、相手の大将・吏将を相手に勝ち目のない戦いを強いられる。何度倒されようと勝利のために必死で立ち上がる桑原だが、もはや力は尽きようとしていた。
    23 分
  • 準決勝に備えて休息を取る幽助たち。苦しい戦いを勝ち抜いてすっかり自信をつけた幽助だったが、覆面戦士は彼に厳しい言葉を投げつけた。怒った幽助は覆面戦士に呼び出された場所へと向かうが…。
    23 分
  • 暗黒ドームで行われる準決勝戦の次なる相手は裏御伽チーム。試合は幽助と覆面戦士が不在のまま始まった。その頃、闘技場から離れた洞窟では、幽助が本当の姿を現した幻海により最大にして最後の試練を受けていた。
    23 分
  • 裏御伽チームの魔金太郎を難なく倒した飛影は、サイコロにより連戦することになる。迎えた次なる相手は黒桃太郎。前の戦いのダメージによって黒龍波を使うことができなくなっていた飛影は、苦戦を強いられる。
    23 分
  • 黒桃太郎は闇アイテム・奇美団子の力で次々と変身し、強さを増していった。対する飛影は苦戦するも奥義・邪王炎殺剣を使い、辛くも勝利する。続いて、蔵馬と裏御伽チームの裏浦島の対決が始まった。
    23 分
  • 裏浦島の使う「逆玉手箱」の力により本来の姿である妖狐の力を取り戻した蔵馬は、圧倒的な強さと冷酷さで裏浦島を追い詰めていった。蔵馬は、脅える裏浦島から逆玉手箱の秘密を聞き出そうとするが…。
    23 分
  • 試練に耐え抜いた幽助を見届けた幻海は、1人で闘技場へと向かった。その頃、闘技場では桑原が次の相手・死々若丸に立ち向かっていたが、死々若丸の持つ「死出の羽衣」にくるまれ、どこかへ飛ばされてしまう。
    23 分
  • サイコロにより死々若丸と戦うことになった幻海。だが、幽助に最後の試練として霊光玉を渡した彼女には、わずかな霊力しか残っていなかった。死々若丸との激しい死闘の中、幻海はある技を思い出す。
    23 分
  • やっと闘技場に戻ってきた桑原だが、敵将・怨爺の技で再びどこかへ飛ばされてしまう。その次にサイコロが示した相手・幻海は怨爺の変装を見破り、正体を現した美しき魔闘家・鈴木との戦いでは霊力は必要ないと言う。
    23 分
  • 戸愚呂チームの準決勝が始まるが、なぜか戸愚呂・弟の姿がなく3人で戦うことになった。しかし、その強さはケタ外れで次々と相手を倒していく。その頃、実は戸愚呂・弟は幻海と50年目の再会を果たしていた。
    23 分
  • 昔の仲間、幻海と戸愚呂の宿命の対決が始まる。違う生き方を選んだ2人は、互いを否定し合い、激しい戦いを繰り広げた。しかし、これまでの戦いで力を使い果たしていた幻海には、わずかな力しか残っていなかった。
    23 分
  • 飛影、蔵馬、桑原は決勝戦に向けて必死に技を磨く。そんな蔵馬と桑原の前に裏御伽チームの鈴木が現れ、2人に闇アイテムを渡す。一方、目の前で幻海を殺されて気を落とす幽助に、コエンマが幻海からの伝言を伝えた。
    23 分
  • 幽助は幻海を失った悲しみを乗り越え、飛影、蔵馬、桑原と共に決勝戦へと赴いた。しかし、ルールにより選手は5人でなければならない。登場した5人目の選手は戸愚呂チーム・左京、裏飯チーム・コエンマだった。
    23 分
  • 決勝戦第1試合。蔵馬の相手、鴉は自らの妖気で爆弾を作り出せる支配者級の妖怪だった。違い過ぎる妖気に苦戦する蔵馬だったが、鈴木にもらった「前世の実」が役に立ち、危機一髪の局面で妖狐に変身する。
    23 分
  • 妖狐に変身した蔵馬は確実に鴉を追い詰めたかに見えたが、鴉はまだ本当の力を出し切っておらず、凄まじい反撃を仕掛けてきた。これをまともに受けた蔵馬は元の姿に戻ってしまい、逆に窮地へと追い込まれる。
    23 分
  • 次なる戦いは飛影と武威。巨大なオノを振り回す武威が飛影に襲い掛かるが、飛影はその攻撃をいとも簡単にかわし、武威に「本気を出せ」と言い放つ。飛影の実力を認めた武威は、ついにその鎧を外した。
    23 分
  • 凄まじいバトルオーラをまとう武威と、奥義・炎殺黒龍波を使う飛影。2人の戦いは熾烈を極め、一度は武威のバトルオーラが黒龍波を倒したかに見えた。しかし、黒龍波には別の秘められた力があった。
    23 分
  • 壊れたリングの整備が終わり、第3試合が始まった。戸愚呂・兄を前にした桑原は、不気味な敵との戦いにいつも以上の不安を抱く。その不安をかき消そうと、桑原は鈴木にもらった「試しの剣」で先制攻撃を仕掛けた。
    23 分
  • 戸愚呂・兄は不死身の敵だった。不利な戦いを強いられ苦境に追い込まれる桑原だったが、幻海の死を嘲笑う戸愚呂・兄の態度に怒りが爆発する。ラケット状に変形した霊剣を握り、一気に強敵を粉砕した。
    23 分
  • ついに幽助と戸愚呂の戦いが始まる。左京の提案によってこの戦いが実質上の優勝決定戦となり、戸愚呂はまず80%の力で幽助に挑んだ。電光石火の凄まじい攻撃を受ける中、幽助は戸愚呂に渾身の霊丸を放つが…。
    23 分
  • 今のままでは戸愚呂に勝てないと判断した幽助は、幻海に掛けられた呪霊錠を外す。これにより幽助の力は80%の戸愚呂をしのぎ、相手を一気にリングに沈めた。しかし、戸愚呂はついに100%の姿を見せる。
    23 分
  • 100%の戸愚呂の力は圧倒的だった。幽助は強過ぎる戸愚呂を相手に、まるで勝機を見出せない。そんな戦局の中、戸愚呂は幽助に対し自分と互角に戦える力を望み、そのための恐ろしい方法を考え出す。
    23 分
  • 幽助に勝利を託し、自ら戸愚呂の犠牲になった桑原。その死を目の当たりにした幽助は新たな力を得た。自分への怒りと、強くなるために仲間を捨てた戸愚呂への怒りを胸に、幽助は最後のフルパワーを振り絞る。
    23 分
  • 暗黒武術会は浦飯チームが優勝して幕を閉じた。しかし、戦いに敗れ、コエンマとの賭けにも負けた左京は、約束どおり自らの命を絶とうとする。そして、自分の夢の全てを託した暗黒ドームと共に…。
    23 分
  • 霊界に戻ったコエンマは、戦いに敗れた戸愚呂を呼び出し、審判によりその罪を償わせようとする。しかし、戸愚呂はすでに冥獄界に行くことを決めており、「浦飯の一番の望みを叶えてやれ」と言い残した。
    23 分
  • 幽助たちは暗黒武術会を終え、平凡な日常を過ごしていた。その頃、コエンマは、人間界に起こり始めている不穏な動きに不安を抱き、ぼたんに命じ、幽助に新たな指令を与えようとしていたのだが…。
    23 分
  • 「能力者」と呼ばれる学生たちの人質にされた幽助。彼を助けようとして桑原、蔵馬、飛影、ぼたんは、指定された場所に向かう。奇妙な貼り紙のある屋敷に入るとそこには、蔵馬の同級生・海藤優が待っていた。
    23 分
  • 海藤の持つ奇妙な能力は「禁句」だった。その力によって、飛影、桑原、ぼたんは、次から次へと魂を取られていってしまう。魂を取られず、一人残った蔵馬は、海藤との一騎討ちにある提案をする。
    23 分
  • 蔵馬は、海藤の能力を逆手に取り、桑原たちを助け出す。しかし、奥にはまだ2人の能力者がいる。残る2人、柳沢光成、城戸亜沙斗を退け、幽助も助け出された時、この計画の黒幕がその姿を現し…。
    23 分
  • 幻海とコエンマから、驚愕の事実が伝えられる。何者かが人間界と魔界を結ぶ穴を開こうとしているらしい。この穴が開けば魔界から、凶悪な妖怪が進入できるようになり、人間界が破壊される可能性もあるというのだ。
    23 分
  • 魔界の穴を開こうとしている張本人を探し出そうとする幽助たちは、人の心の声を聞くことのできる男・室田と出会う。しかし、室田は無関係らしいことが分かってきた。幽助たちは室田と共に捜索を続ける。
    23 分
  • 負傷した室田を病院へ担ぎ込んだ幽助たちだが、そこには敵が潜んでいた。それは「医師」の能力を持つ神谷実だった。正体を暴かれた神谷は、奇怪なウイルス虫を使って、病院中の人々を殺そうとする。
    23 分
  • 幽助は、ドクター・神谷との対決に苦戦する。能力者が気を失えばその領域は破れるのだが、神谷は痛みを感じることもなく、気絶もしない。そんな神谷との戦いに対して、幽助はいら立ちを募らせていく。
    23 分
  • 魔界の穴は広がっていた。そんな中、桑原は仲間と別行動をすることになる。ところが、その桑原を次の敵「水兵」が狙っていた。水兵は、自分の血液を水に混ぜて作った液体生物で桑原とその友人を襲っていく。
    23 分
  • 人間を憎むシーマン・御手洗清志は、仲間を助けようとする桑原に怒り、さらに激しい攻撃を仕掛けてきた。すると、桑原は御手洗の液体生物の中に取り込まれてしまうが、生死の境で次元を切る新たな能力に目覚める。
    23 分
  • 敵の首謀者が、元・霊界探偵の仙水忍とその相棒・樹であることを知った幽助たちは、人間界を訪れたコエンマから、詳しい話を聞いた。幽助たちは事の真相を知り、行動を開始しようとしたのだが…。
    23 分
  • 仙水忍とその一派との戦いが始まった。ところが、幽助たちは、仙水の奥義である霊光裂蹴拳に翻弄されるばかり。さらに、仙水はわなを仕掛け、幽助たちの戦力を分散し、その隙を突いて桑原を捕らえようとする。
    23 分
  • 桑原の次元刀が標的とされていたことが判明。それを知らずに、桑原をさらったトラックを追い続ける幽助の前に「狙撃手」の能力を持つ、刃霧要が立ちふさがった。幽助は奇妙な技・死紋十字斑を仕掛けられてしまう。
    23 分
  • スナイパー・刃霧要は、死紋十字斑を駆使し、徐々に幽助を追い詰めていく。一方、幽助は刃霧を発見できず、緊張感といら立ちを募らせていた。そして、いよいよ刃霧が幽助にとどめを刺そうとする。
    23 分
  • 飛影に命を助けられた幽助は、どうにか仲間と合流し、敵の本拠地である入魔洞窟へ向かった。しかし、幻海の指示で、中には幽助、蔵馬、飛影、案内役の御手洗の4人で入る。入魔洞窟の中で待っていたのは…。
    23 分
  • 洞窟の中で待っていたのは「遊熟者」の天沼月人。天沼はゲームの世界を現実化できる能力を持っており、その領域内ではゲームのシナリオに従うしかない。ルールを守り、幽助たちは次々とゲームをクリアするが…。
    23 分
  • 天沼の実力の前に海藤が破れ、蔵馬が次の挑戦者となる。しかし、天沼の顔は苦渋に満ちていた。天沼は仙水に利用されただけであり、彼が負けることは死を意味する。魔界の穴は、刻一刻と広がっていた。
    23 分
  • 天沼を倒した幽助たちは、予定どおり、幽助、蔵馬、飛影、御手洗の4人で、さらに奥へ進んでいく。ところが、ようやく仙水たちのいる場所にたどり着いた彼らの前に、5人目の能力者「美食家」が立ちふさがる。
    23 分
  • 幽助たちが努力したものの、魔界の穴は安定期に達し、あとは亜空間結界を切るだけとなった。そんな中、仙水は幽助との一騎討ちを望み、ほかの4人は妖怪・裏男の体内の異空間に取り込まれてしまう。
    23 分
  • 幽助と仙水の死闘が始まったが、力の差はあまりに大きかった。苦戦していた幽助は、やっとのことで捨て身の反撃に成功したが、その時、突如として仙水の人格に異変が起きる。さらに、そこへコエンマが現れ…。
    23 分
  • コエンマは覚悟を決め、長年蓄えてきた魔封環の霊力を使い、自分もろとも仙水を結界の中に封じ込めることによって、魔界の穴をふさごうと考えていた。ところが、仙水はそれを受け入れようとしない。
    23 分
  • 仙水の主人格・忍は、究極の気「聖光気」をまとっている。聖光気には、コエンマの魔封環ですら歯が立たず、幽助に勝ち目はないと思われた。それでも幽助は諦めず、仙水と最後の決着をつけようとする。
    23 分
  • 蔵馬、飛影、桑原、御手洗、4人の心に、「幽助は死ぬ気ではないのか」という不安がよぎる。だが、裏男に取り込まれた彼らにはなす術がない。4人は必死で外に出ようと試みるがどうすることもできなかった。
    23 分
  • 桑原の次元刀によって、蔵馬らはやっとのことで裏男の外に出た。だが時すでに遅く、怒りに燃える蔵馬、飛影、桑原の3人は、御手洗を残して、仙水を追い魔界の穴へと向かう。敵を討ち、その意志を継ごうとするが…。
    23 分
  • 仙水を追って魔界に着いた蔵馬らだが、その圧倒的な力の前にどうすることもできない。その頃、洞窟内では、霊界から訪れた霊界特別防衛隊が、幽助を抹殺しようとしていた。彼の体には魔族の血が流れていたのだ。
    23 分
  • 幽助は魔族として蘇り、成長した霊界獣のプー、コエンマと共に魔界へ向かう。再び幽助と仙水の決戦が始まったが、その戦いは壮絶を極めた。すると、仙水との激闘の最中に、幽助の体に変化が起きる。
    23 分
  • 魔族としての覚醒を遂げた幽助の力は凄まじく、呆気なく決着をつけた。ところが幽助は、自分に乗り移った別の者の力で勝ったと自覚し、ひん死の仙水に再戦を申し込む。仙水は、悪性の病巣に冒されていて…。
    23 分
  • 仙水は死に、樹と共にどこかの空間へ消えていった。魔界の穴も霊界特防隊によってふさがれ、人間界には平和が訪れる。また、幽助たちは数々の思いを残したまま、新たな未来に向け、歩き始めようとしていた。
    23 分
  • 幽助は平和な日常を過ごしていたが、そんな生活に何か引っ掛かるものを感じていた。コエンマの助言で幻海の寺を訪れた幽助は、幻海から初代霊界探偵・佐藤黒呼を紹介され、彼女の家を訪れることにした。
    23 分
  • 幽助の前に、魔界から来たという使者の北神、東王、西帝が現れる。幽助は、北神らから現在の魔界のこと、本当の父である闘神・雷禅のことを聞かされる。ところが彼は、その話がどうしても腑に落ちずにいた。
    23 分
  • 使者の話を聞いた幽助は魔界に行くことを決心し、螢子に別れを告げに行く。その頃、蔵馬の元には魔界の三大国王の1人である黄泉から、飛影の元には別の三大国王・ムクロからの使者が訪れていて…。
    23 分
  • 幽助は幻海の寺で、桑原やぼたんたちに別れを告げた。そして、蔵馬や飛影より一足先に魔界へと向かう。北神たちの案内によって父・雷禅と対面した幽助は、仙水との決着に手出ししたことをとがめた。
    23 分
  • ムクロの元を訪れて半年が経ち、飛影の戦闘能力は、ムクロの直属戦士に劣らないぐらいに成長していた。戦い疲れた飛影が眠り落ちるといつもの夢を見る。それは、生まれたばかりの時の屈辱に満ちた記憶と同じだった。
    23 分
  • ムクロの直属戦士、魔界整体師・時雨は、飛影に邪眼を施した張本人だった。また、飛影に剣術を教えたいわば師でもある。飛影は時雨に対し、剣での勝負を挑む。ところが、時雨を倒すことは困難で…。
    23 分
  • かつての盗賊仲間である蔵馬と黄泉。そんな蔵馬には、黄泉を抹殺するため、刺客を送った過去があり、黄泉はこの時、光を奪われたのだ。黄泉は、蔵馬の家族を人質にして、彼を味方に引き入れようとする。
    23 分
  • 蔵馬は、瞬く間に黄泉の参謀として、信頼を置かれるようになった。そんな中、軍事参謀総長・鯱は蔵馬を妬み、殺意さえ抱いていた。一方、蔵馬は、幻海とコエンマの協力を得て、新戦力の養成を急いでいた。
    23 分
  • 幽助は、いつものように手合わせのため雷禅の元へやってきた。だが雷禅の様子がおかしい。空腹で我を忘れているらしいのだ。激闘の後、我に返った雷禅は、幽助に人を食わなくなった理由を話し始める。
    23 分
  • 幽助は、黄泉の国癌陀羅を訪れ、父・雷禅が死んだことを黄泉に告げて、ある提案をする。それは、魔界全土を巻き込む規模のトーナメント大会のことだった。しかし、黄泉はこの提案を却下しようとする。
    23 分
  • 魔界トーナメントが始まった。大会に集まった選手はかなりの数となり、予選から波乱に富んだ戦いが繰り広げられた。激戦の中を、幽助の、また雷禅のかつてのライバルたちは次々と勝ち抜いていった。
    23 分
  • 波乱含みの魔界トーナメント予選。皮肉にも黄泉は、息子の修羅と闘うことが決まった。黄泉直伝の戦闘教育を受けた修羅はなかなか手強い。しかし、黄泉は修羅の攻撃を鉄壁の防御でことごとく交わした。
    23 分
  • トーナメント予選が全て終了し、いよいよ第一回戦が始まった。予選を勝ち抜いた陣は痩傑と、凍矢は九浄と戦うことになる。陣と凍矢が必死に戦う理由は、共に幽助との対戦を夢見ていたからだった。
    23 分
  • 蔵馬と時雨による壮絶な戦いが始まる。時雨に蔵馬は苦戦し、あわやのところで妖狐に変身。しかし、蔵馬は自らの意志で南野秀一の姿に戻った。蔵馬は、この戦いで自らの過去に決着をつけようとしていたのだが…。
    23 分
  • 魔界トーナメントの本戦、飛影とムクロの一戦は熾烈を極めた。飛影とムクロは互いの感情をぶつけ合い、激しく戦う。2人は、過去を解き放つことによって、全ての憎しみを捨て去ろうとしていた。
    23 分
  • 幽助と黄泉の戦いが始まる。ところが、2人の力の差は歴然としていた。幽助は覚悟を決めて、全力でぶつかっていこうとする。しかし幽助は、激しい戦いの最中に、なぜか、戦う気力を失いかけ…。
    23 分
  • 幽助と黄泉の戦いは激しいパンチの攻防戦となった。幽助も黄泉も一歩も引かず勝負は互角となる。激闘の果てに、全力でぶつかり合った2人は、渾身のパンチを放つ。魔界トーナメントは終わりを告げようとしていた。
    23 分
  • 久しぶりに幻海の寺に仲間が集合した。ところが、その中に幽助と飛影の姿はない。幽助はまだ戻らず、飛影は魔界に残ることを決断したのだ。幻海は集まったみんなに対し、「もしも自分が死んだら」と切り出し…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ