タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

コウノドリ

| 2015年
見放題
綾野剛が産婦人科医に!「命」にまつわる奇跡を描く感動ストーリー
見どころ
産婦人科医に焦点を当て、生命誕生の現場を丁寧に描く感動作。綾野剛が産婦人科医ながら謎の天才ピアニストという顔を持つ主人公に。どちらの役も初挑戦という演技に注目!
ストーリー
産婦人科医の鴻鳥サクラは、仲間の医師や患者からの信頼も厚い産婦人科のチームリーダー。一方で、「BABY」という名を持つ天才ピアニストでもある。サクラは、「生まれてきたすべての赤ちゃんに『おめでとう』と言ってあげたい」、そう願いながら今日も働く。
ここがポイント!
脚本は「八重の桜」「ゲゲゲの女房」などの山本むつみ。演出は映画「ビリギャル」('15年)で大ヒットを飛ばした土井裕泰監督が務める。
2017年9月30日 23:59まで配信
©TBS ©鈴ノ木ユウ/講談社

エピソード

  • とあるライブハウスで演奏していた謎の天才ピアニスト・BABY。彼の正体はペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラだった。救急車から未受診妊婦受け入れ要請の連絡が入り、早速病院へ向かうが…。
    60 分
  • 周産期母子医療センターの合同カンファレンス中に、救命救急医の加瀬宏が飛び込んできた。交通事故に遭った臨月間近の妊婦・永井晴美が運ばれてくるという。サクラは帝王切開に持ち込むことを提案するが…。
    47 分
  • 10年前出産に立ち会った瀬戸加奈子と、その時生まれた娘・遙香と再会したサクラ。遙香は加奈子が妊娠中にかかった風疹の影響で白内障を患い目が不自由だった。一方、病院の近くで妊婦の木村法子が激痛に襲われ…。
    47 分
  • 妊娠21週1日の妊婦・田中陽子が夫と共に病院へやって来た。異変を感じて病院へ来る途中に破水し、流産の可能性がある危険な状態だった。前日の健診で、担当医・下屋は問題ないと診断したばかりだった…。
    47 分
  • 中学2年生の少女・吉沢玲奈が母親に連れられサクラの診察を受けに来る。玲奈は妊娠8カ月で、すでに堕胎できない状況だった。お腹の子の父親も同級生であるため、両家の親が話し合ったというのだが…。
    47 分
  • 鴻鳥サクラが診察する臨月を迎えた43歳の妊婦・竹下敦子が妊娠高血圧症候群の心配があり入院することに。そんなある夜、サクラの下へ6カ月前にサクラが取り上げた娘の芽依を抱えた永井浩之が飛び込んでくる。
    47 分
  • 助産院での自然分娩こそが一番だと信じて疑わない妊婦・森亜沙子は、病院での健診ではサクラを毛嫌いしていた。そんなある日、サクラと下屋は助産師の小松留美子から助産院に引き抜きを受けていると告げられ…。
    47 分
  • サクラが担当する妊婦・川村実咲は、2年前にサクラにとって忘れることのできない悲しい出産をした妊婦だった。一方、始めての妊娠で幸せいっぱいの妊婦・土屋マキは、お腹の子が口唇口蓋裂であることを告げられ…。
    47 分
  • 四宮がカイザーの手術中に、毎日見守ってきたつぼみちゃんの容体が急変したとの知らせが入る。サクラたちは彼女の病室に向かう。そんなある日、23週で切迫早産になった妊婦・小泉明子が救急搬送されてくる。
    46 分
  • 養護施設で鴻鳥サクラ育ててくれた景子ママから手紙が届く。そこには、サクラの亡き母について記されていた。そんなある日、シングルファザーの永井は、娘の芽依を預け仕事を優先させるとサクラに打ち明ける。
    60 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ