タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

アラン使道伝

| 2012年 | 韓国
見放題
キュートな幽霊と青年の恋!韓国に伝わる伝説を基に描くロマンス時代劇
見どころ
「夜を歩く士(ソンビ)」のイ・ジュンギと「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」のシン・ミナが繰り広げる禁断の恋に酔う。イ・ジュンギによる迫真のアクションも見逃せない。
ストーリー
貴族の庶子であるウノは、行方知れずの母を捜して密陽(ミリャン)へとやって来る。そこで幽霊のアランから「自分の死の真相を探ってほしい」と頼まれたウノは、密陽の使道(地方役人)となり彼女に協力する。やがて母親とアランの間に関係があると分かり…。
ここがポイント!
イ・ジュンギの「一日だけ」、シン・ミナの「黒い月」と、2人が歌った挿入歌も話題に。
2017年4月19日 23:59まで配信

エピソード

  • 記憶喪失の幽霊・アラン。彼女の生活は、幽霊たちの現世での復讐を禁止する玉皇上帝の命令に支配されていた。それは、現世を彷徨う幽霊を追う死神・ムヨンから逃れ、自分の正体を突き止める日々を送ることだった。
    64 分
  • 使道になったウノは、アランの持つかんざしが自身の母が持っていた物だと気付く。そして、アランが記憶を取り戻せば、ウノは自分の母の手掛かりを掴めると思い、アランの正体捜しを手伝うことにする。
    64 分
  • ある日、村はずれで若い女性の死体が見つかって大騒ぎになり、ウノは現場に向かう。その死体は3年前に行方不明になったアランであることが判明。自分の体が見つかったアランだが、無残な姿に衝撃を受ける。
    64 分
  • 自分の死の真相を知るため、二度と現世に戻れないと知りながら、三途の川を渡るアラン。そこで玉皇上帝と閻魔と対面し、自分の死の真相を2人に尋ねるが、それは分からず、現世に戻って真実を明かせと言われる。
    64 分
  • あの世へ行ったはずのアランが目の前に姿を現したので、ウノは驚き戸惑うウノ。しかし、アランの死の真相を明らかにすることは、自分の母の手掛かりに繋がる可能性もあるので、手を貸すことにした。
    64 分
  • ジュワルは役所に忍び込み、アランを刺して連れ去る。それはある女性かからの指示によるものだった。一方、ウノはアランを助けた山小屋で母のかんざしを発見し、その小屋の近くで不審な穴も見つける。
    64 分
  • 人骨の見つかった穴の周辺で、あることを発見したウノ。それを追う途中、崖から転落して重傷を負う。一方、アランは外出したまま戻らないウノを心配して捜索に出た。そしてアランもまた、崖から転落してしまう。
    64 分
  • ウノとアランは崖から転落し、洞窟で一夜を明かす。翌朝、トルセがアランを救出する中、ロープが切れて川に転落する。その後、ウノは役所に戻るが、アランのことが気掛かりで捜しに行くが、見つけられず…。
    64 分
  • チェ大監が山の穴を勝手に埋めたため、彼を役所に呼び出すウノ。2人は初めて対面したのだが、チェ大監はウノのことを庶出と見下す。その夜、アランは悩んでいるウノを心配し、気分転換をさせるべく花見に誘う。
    61 分
  • 外出したウノが、村の子供に「父親を助けてほしい」と懇願される。話を聞くと、子供の父親はチェ大監の家で拷問されているらしい。そこでウノはトルセと一緒に、チェ大監の家に行き、子供の父親を救出する。
    61 分
  • 死神・ムヨンは、不思議な力を持つチェ大監家の謎の女性・ホンリョンの正体に心当たりがあった。そこでムヨンは、このことを玉皇上帝に確認に行ってある確信を得るが、これが元で苦悩するようになってしまう。
    64 分
  • ウノは、以前骨の墓の近くで見つけた護符が、チェ大監家にある物と同じであることに気付く。そこでチェ大監の家に見張りを付けることに。見張り役は壁を通り抜けられ、姿を見られることもない幽霊に任せるのだが…。
    63 分
  • ウノが自分の気持ちをアランに伝えると、彼女は彼とは違う気持ちを持ち合わせていた。そこでウノはアランの気持ちを尊重し、天上へ帰れるように力を貸すことにする。翌日、ウノは巫女から護符の秘密を知らされ…。
    64 分
  • ある日、アランはジュワルから告白される。しかしアランは、生前の婚約者だったはずのジュワルを大切な存在とは認識できていない。一方、ウノは巫女にチェ大監家で見つけた怪しい壺の調査を頼んでいた。
    64 分
  • ウノと死神・ムヨンは、チェ大監の地下室でホンリョンと会う。ホンリョンを見たウノは、探していた母だったことに驚く。一方、ムヨンはホンリョンの体に乗り移ったムリョンを倒すべく、刀を向けて対抗するのだった。
    64 分
  • ウノたちは、かんざし、ホンリョンとムリョン、アランが現世に送られた一連のことは、偶然ではなく玉皇上帝の計画ではないかと疑い始める。そこでなぜ、チェ大監はアランの正体を知りたいのかも疑問になり…。
    63 分
  • ソリムが殺された時の記憶が蘇り、アランは、これが捜し求めていた真実なのかと頭を悩ませていた。そこでアランは、ウノの母の体に乗り移ったムリョンの魂を出すために、巫女の元に相談に出向くのだった。
    63 分
  • ウノとトルセは、チェ大監のさしがねにより、謀反の罪で投獄される。ウノは無実を訴えるが、チェ大監は村人の前で「人でない幽霊を操る使道だ。この女は決して死なぬ」と言って、アランに向けて刀を振り上げ…。
    62 分
  • アランは体を渡す代わりに、ホンリョンにウノの母をウノへ戻すことを約束させる。そこでアランが体をホンリョンに渡そうとした時、ジュワルや死神たちが姿を現す。するとホンリョンの力が弱まり、アランは救われた。
    62 分
  • かんざしでホンリョンを刺すウノ。一方、ムリョンはホンリョンから抜け出し、アランへ乗り移ろうとするところをムヨンによって捕らえられる。またウノの母は、ウノに礼を言いながら息を引き取ってしまった。
    65 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ