タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ママ~最後の贈りもの~

| 2014年 | 韓国
見放題
自分亡き後の息子を案じる余命短いシングルマザーの母性愛と、女の友情が感動を呼ぶ
見どころ
6年ぶりに復帰したソン・ユナと、主人公と友情を結ぶ主婦を演じたムン・ジョンヒら実力ある俳優たちの演技が見もの。主人公に寄せる年下青年の一途な愛にも胸キュン。
ストーリー
恋人テジュとの間に生まれた息子グルを独りで育ててきた画家のスンヒは、余命宣告を受けてカナダから帰国。自分亡き後グルを託そうと、テジュの妻ジウンと親しくなる。同じ頃、スンヒはアトリエを貸した写真家のジソプから思いを寄せられるようになる。
ここがポイント!
ソン・ユナは映画俳優ソル・ギョングと2009年に結婚し、翌年一児の母に。本作では母となった経験を活かせたと言う。
2020年10月22日 23:59まで配信
(C)2014MBC

エピソード

  • カナダで活躍する画家ステラ・ハンことハン・スンヒは、一人息子のグルを女手ひとつで育てるシングルマザー。グルを産んで以来、異国の地で必死に働き続けてきたスンヒだったが、末期の胃ガンであることが発覚し、韓国に帰る決意をする。
    64 分
  • 借金返済の目処が立たなくなり、窮地に陥ったジウンは思い余ってヌード撮影でお金を得ようとする。ところが撮影の途中で怖くなり、スタジオから逃げ出してきたところをスンヒに助けられる。
    64 分
  • テジュは企画会議が開かれるペンションに向かうと、そこにはレヨンだけが待っていた。レヨンの策略にはめられたテジュは業務を遂行しようとするが、レヨンの挑発に野心を刺激され、2人は一夜を共にしてしまう。
    64 分
  • テジュに結婚記念日の映画デートをドタキャンされたジウンは、ボナの協力を得てスンヒ親子を誘って映画館に行く。渋々付き合うスンヒだったが、仕事のはずのテジュがレヨンと映画館に現れ、それに気づいたスンヒは慌ててジウンを2人から遠ざける。
    64 分
  • 偶然再会したテジュとスンヒ。お互いの近況を語るも、スンヒはグルの父親がテジュであることを明かすことはなかった。一方、テジュの上着から映画のチケットを見つけたジウンは、日付が結婚記念日であることを不審に思う。
    64 分
  • レヨンと一緒にいるところをジウンに見られたテジュは、レヨンとの関係を清算する覚悟を決める。以前からテジュの関わる新規プロジェクトにステラ・ハンの作品を起用したいとオファーを受けているスンヒは、プロジェクトの担当者をテジュにすることを条件に出す。
    64 分
  • スンヒと言い争いになって家出したグルを空港で偶然見つけたテジュ。グルを自宅まで送ると、そこでテジュはスンヒがグルの母親であることを知る。
    64 分
  • テジュはグルからジウンがスンヒに雇われて世話をしていると聞き、自分への復讐と誤解してスンヒを非難する。その場に鉢合わせしたジウンは、テジュにスンヒからお金を借りていることを正直に話す。
    63 分
  • 車に落ちていたグルのパスポートを見たテジュは、グルがボナより1歳年上であることに気づき、スンヒと別れた時期と重なることに不安を覚える。
    65 分
  • 唯一スンヒの病気を知るジソプは、強がるスンヒを放っておけずいろいろと世話を焼くようになる。一方、スンヒとジソプが2人でいるところを隠し撮りされた写真がグルの周囲であらぬ噂と共に出回っていた。
    64 分
  • レヨンの暴走は止まらず、ジウンを呼び出して今度はテジュとスンヒが不倫していると吹き込む。ジウンはレヨンの戯言だと受け流そうとするが、疑念は拭いきれずにいた。
    64 分
  • 母親の告白によりグルが自分の子供であることを知ったテジュ。ボナの父親としてグルとも打ち解けはじめていたテジュは、母子家庭で不憫な思いをするグルを前に父親と名乗り出る勇気もなく心を痛める。
    64 分
  • スンヒはジソプと結婚すると嘘をついて、テジュにグルを引き取ってほしいと告げる。はじめから計画的に近づいてきたことに腹を立てたテジュは、グルに父親であることを明かして引き取ると宣言する。
    65 分
  • グルにこの先も一緒に暮らしたいと言われ、手離そうとしたことを悔いたスンヒは、1日でも長く生きようと新たな抗ガン剤治療を受けることを決意する。
    66 分
  • 具合が悪くなったスンヒは自宅で意識を失い、異変に気づいたグルが救急車を呼ぶ。抗ガン剤治療を中断せざるを得ないスンヒの容体に、医師は身辺整理を勧める。
    64 分
  • テジュとスンヒの過去の関係と、グルの父親がテジュであることを確信したジウンはスンヒに怒りをぶつける。はじめは計画的に近づいたスンヒも、今はかけがえのない友人だと素直に伝えるが、裏切られた思いが強いジウンにその思いは伝わらずにいた。
    64 分
  • グルを引き取れないと言うテジュにスンヒは末期ガンであること告げる。事実を知ったテジュはスンヒに治療に専念させないジソプを責めるが、ジソプもまたテジュに同情心でスンヒの余生を邪魔するなと忠告する。
    64 分
  • ジウンはグルを呼び出し、父親の正体を明かそうとする。ところが、子供なりに大人の事情を感じ取っている様子にジウンは胸が痛み、本当のことを言えないまま席を離れる。
    64 分
  • ジウンはテジュに離婚を申し出る。テジュは思い留まるよう説得するが、スンヒを許すことができず苦しむジウンは家を出る。一方、スンヒ親子は自宅を離れ、アトリエで生活するようになる。
    64 分
  • 空港内で倒れるスンヒ。グルは、はぐれてしまったスンヒを必死に捜すが見つけられず、不安で泣き崩れているとそこにテジュが現れる。
    63 分
  • セナからスンヒがガン病棟に入院していると聞かされたジウンは、事実を確認するために病院に駆けつける。スンヒに病気のことを告げられ、ジウンはやりきれない怒りと悲しみに涙するが、スンヒはわざと憎まれ口を叩いてジウンを突き放そうとする。
    63 分
  • 度々記憶を無くすようになり、生きることに恐怖を感じるようになったスンヒは、すがる思いでジソプに求婚する。以前からスンヒにプロポーズをしていたジソプは、スンヒの不安を少しでも和らげようとその思いを受け止める。
    64 分
  • ついにスンヒは死期迫る病状であることをグルに告白する。グルはこれまで自分に病気を隠し通してきたスンヒの苦しみに理解を示すが、心の中では事実を受け止めきれずにいた。
    63 分
  • ジソプはグルの前でスンヒとグルを守ることを誓い、3人はささやかな結婚式を挙げる。スンヒは時々記憶が無くなることをグルに告げ、グルは自分が息子だと思い出させるために合図を送ることを約束する。
    63 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ