タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ロイヤル・ペインズ ~救命医ハンク~ シーズン5

| 2013年 | アメリカ | 324円
ポイント
ハンクが手術を続けられなくなる!?!思わぬ展開が続くシーズン5
見どころ
ディヴィヤに対する片想いがますます募るジェレマイア。ローソン兄弟とは対照的に、生真面目で融通の利かないドクターの少年のような振る舞いが微笑ましい。
ストーリー
エヴァンとペイジの結婚式で倒れたハンク。開頭手術を受けたものの薬物検査で陽性反応が出てしまい、仕事を失いかけてしまう。他にも条例違反でハンク・メドの追放を叫ぶ大物の出現、ボリス一族に秘められた謎など、スリリングなエピソードが最後まで続く
2017年6月9日 23:59まで配信

エピソード

  • ハンクはエヴァンとペイジの結婚式で倒れ、開頭手術を受けることに。約半年後、ハンプトンズには再び夏が訪れた。記念病院では買収話の影響でERが閉鎖され、「ハンク・メド」には患者からの依頼が殺到していた。
    43 分
  • ブライズの申し立てで、「ハンク・メド」にシャドー・ポンド内での業務停止命令が下る。その頃、ハンクは対向車が横転するのを目撃。救助しようと駆け付けたハンクは、車の運転手が意外な人物だと気付く。
    43 分
  • ブライズの策略によって「ハンク・メド」は3日間の営業停止に追い込まれた。ハンクはこの機にブダペストを訪ね、ボリスの従兄弟・ミロシュと会う。彼はボリスの早世を嘆き、ハンクにとある事実を告白する。
    43 分
  • ディヴィヤとジェレマイアの視察旅行後、「ハンク・メド」に犬の預かり施設を運営するマヤという女性から依頼が舞い込む。彼女は、犬に腕を引っ掻かれたため、ハンクとディヴィヤが診たところ腕が腫れ上がっていた。
    43 分
  • 「ハンク・メド」は新たな患者であるサンティと出会う。彼は子供たちの楽団を指揮している途中で、舞台から転落したのだった。検査で異常は見つからなかったが、間もなくサンティは目まいを起こして…。
    43 分
  • ハンクとボリスはミロシュ逮捕の作戦を進めていた。そんな中、「ハンク・メド」は3人の患者を診察。1人目はエヴァンの演説時に異議を唱えた市民のパットだ。彼は演説を聴いていた時に思わぬ事態に見舞われていた。
    42 分
  • ハンクはスポーツジムのスタッフであるベンを診察。彼は顎の痛みを訴えていたが、異状はなかった。一方ディヴィヤは、菓子職人のグリアを診察。彼女は人を雇って以来、呼吸が苦しくなることなどに悩んでいた。
    43 分
  • ミロシュが消息を絶ってから1週間が経過。エヴァンは不安で夜も眠られず、ハンクとボリスは対応策を検討する。その一方で、何も知らないペイジはオークションの開催に向けて多忙な日々を送っていた。
    43 分
  • エヴァンは対立候補であるエドウィナ・ボウマンとの討論会の準備をする。また、ペイジは屋敷を引き払う準備に追われていた。そんな中、エヴァンは討論会の主催者・アリーが頭痛に悩まされていることを知る。
    42 分
  • ハンクはモリーから「ドンが不調だ」と聞き、検査を予約。だがドンは予約をすっぽかした。ハンクがボートハウスを訪ねると、ある騒動が起こっていた。一方エヴァンは誕生日を間近に控えて、浮かれていた。
    43 分
  • ハンクが薬物検査を受けると、陽性反応が出た。このことで、「ハンク・メド」の人々はハンクが鎮痛剤を飲み続けていたことを知る。間もなくエディがゲストハウスにやって来るが、彼はエヴァンから事情を聞いて…。
    43 分
  • 町議選が始まった。町には新選挙システムの取材でレポーターのジーナがやって来た。彼女は顎の痛みを抱えている。一方、エヴァンはジーナに促されて、ブライズと一緒に取材を受けるが、事態は思わぬ展開となる。
    43 分
  • サットン・アンド・チェスターフィールドが恐竜の化石・エマをオークションで扱う。これには、匿名の人物が参加することが決まっていた。また恐竜の鑑定作業に参加しているモニークの体中には発疹が出ており…。
    44 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ