タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

華政

| 2015年 | 韓国 | 216円
ポイント
激動の時代を駆け抜けた王女の物語を大スケールで描いた歴史エンターテイメント
見どころ
苦悩の王・光海君に扮した実力派チャ・スンウォン、仁祖役で初の悪役に挑んだキム・ジェウォン、男装の王女役で新たな魅力を見せたイ・ヨニ、三者の火花散る熱演が話題に!
ストーリー
朝鮮王朝第14代王・宣祖の治世。宣祖が後継者・光海君との確執を抱えたまま亡くなる。やがて巻き起こったし烈な後継者争いの中で光海君の異母弟・永昌大君が命を落とす。宮殿から逃げ延びた永昌大君の実姉・貞明公主は王となった光海君への復讐を誓うが…。
ここがポイント!
貞明公主は異母兄の光海君によって6年もの幽閉生活を送った実在の人物。14代王・宣祖~19代王・粛宗まで6人の王の時代を生きた。
2017年5月19日 23:59まで配信
(C)2015 MBC
  • 朝鮮14代王・宣祖の時代、光海君は16年間も明から正式な世子と認められずにいた。宣祖は光海君を疎ましく思い、継妃の仁穆王后との間に生まれた永昌大君を新たな世子に擁立しようと目論んでいた。
    52 分
  • 光海君はこれまでの怒りをぶつけようとして、宣祖の寝所を訪ねるが、そこには毒に蝕まれて苦しむ宣祖の姿があった。手遅れだと知った光海君は、宣祖を見殺しにして、この国の王は自分だと宣言する。
    45 分
  • 光海君は即位したが、臨海君に謀反の疑いが掛かる。明の使者は、臨海君に会わせろと訴えてきた。それは、長男の臨海君が乱心したので次男の光海君が世子となったと報告していたことを確かめるためだったのだが…。
    45 分
  • 民の生活に興味を抱いた貞明公主と永昌大君は王宮を抜け出すが、2人は町でひどい目に遭う。その時、貞明公主は酒場で「臨海君を殺したのは光海君で、次は永昌大君が殺される番だ」という話を聞く。
    46 分
  • ジュウォンとイヌが婿候補に挙がる中、イヌはジュウォンに貞明公主が好きだ伝え、自分が夫になると宣言。貞明公主の婚礼の仲介役を頼まれたドッキョンは、ジュソンの返事を聞こうとして屋敷を訪ねるのだが…。
    48 分
  • 矢文が刺さった羊の死骸が吊されていた。矢文には「今の国王は王座の真の主ではない」という一文と共に、ナム・サゴの予言書の存在を知らせていた。仁穆大妃は予言を思い出し、真の主は貞明公主だと気付く。
    47 分
  • ゲシが貞明公主と永昌大君を殺すように指示したという言葉に怒り狂う光海君。そして、ゲシに向かい刀を揺り上げると、遠くから爆発音が聞こえた。炎上する船を目にした光海君は貞明公主の死を思い、泣き崩れる。
    46 分
  • ドッキョンの家を訪れた光海君は宣祖の「検死日誌」を見つける。どうして「検死日誌」を持っているのかを問うと、ドッキョンは、王様の指示で先王は毒殺され、毒を盛った者の体にはその痕が残っていると答える。
    50 分
  • 光海君は、ドッキョンに先王毒殺の件を知らせたのはナム・サゴの予言を教えてきた者だと知って、説得を試みる。だが、ドッキョンの信念は変わらない。すると、ドッキョンを始末するよう命じた。
    42 分
  • マルノが江戸での商売を考える中、近々江戸に朝鮮通信使が来ると聞いたファイは自分も行くと言い出す。だが、女は通行証がないと江戸へ入れなかった。江戸に行けば朝鮮に帰れるかもしれないと思うファイは…。
    46 分
  • ファイは、江戸で再会したジュウォンが火器都監の役人として光海君に仕えていることを知る。一方、ジュウォンはファイが貞明公主であるとは知らずに、硫黄を独占する商人・イダチとの橋渡しを依頼した。
    43 分
  • イダチとの交渉を終えたファイとジュウォンは、闇取引をしようとして渡し場へ行く。ところが、ジュソンの密告によって江戸の役人たちに取引現場を取り押さえられてしまうが、ファイの機転で難を逃れる。
    45 分
  • 王を脅かす者の手掛かりと、硫黄を手に入れた光海君は、ホ・ギュンを朝廷に呼び、ある計画を実行しようとしていた。その頃、漢陽の町に出たファイは、王宮を追い出された大妃の現状を知tって胸を痛める。
    43 分
  • ジュウォンは製錬技術を習得したファイを火器都監で働けるようにするという約束をしていたが、ファイが女だと知って約束を反古にしようとする。だが、ファイが「焼き取り法」を習得していると知って…。
    43 分
  • ファイは光海君と再会。光海君はファイを怪しむが、ジュウォンに説得され、技術者として火器都監に採用。そんな中、ジュソンが「王の上に立つ者」ではと考える光海君は、火器都監の責任者にならないかと提案する。
    43 分
  • ファイが触った釜から噴き出す蒸気によって次々と職人が倒れ、死者が出た。火器都監の新たな提調のホン・ヨンは、息子のジュウォンとファイを逮捕。また、西人派は光海君の元に押し掛け、火器都監の閉鎖を要求する。
    47 分
  • 火器都監から逃げたファイは、イヌに協力を求める。また、硫黄長のヨンブと煙硝長のボンスにも協力を仰いだ。火器都監に侵入したファイは、有毒な煙が出た原因を突き止めるが、無実を証明することができないと知る。
    43 分
  • 光海君が自分のことを知っていたというファイの証言で、尋問は一時中断。同じ頃、イヌは負傷しなかった職人とその職人が着ていた作業着を見つけようとしていた。一方、光海君は真犯人がほかにいることを知る。
    43 分
  • 火器都監に戻り、数珠を捜すファイの前に、突如ゲシが現れて、光海君が呼んでいると告げる。光海君は王室の作法を知っていたファイに対して刀を突き付け、正体を問うが、ファイは漁夫の娘だとうそをつき通す。
    44 分
  • ホ・ギュンは、イヌの知り合いがなくした数珠と、ゲシに報告された数珠が同じものだと気付く。そして数珠の持ち主・ファイを連れ去り、正体と目的を聞こうとした。ファイはホ・ギュンの狙いが光海君だと知り…。
    45 分
  • 約束の日、ファイが慶運宮を訪ねるが仁穆大妃は、書状を受け取り出掛けていた。ファイはホ・ギュンのわなだと気付いたのだが、同じく書状を受け取って集まった重臣らと共に仁穆大妃は謀逆の罪で捕らえられてしまう。
    42 分
  • イヌに正体を知られた貞明公主は、謀反の濡れ衣を着せられた仁穆大妃を助けようとするが、逆に仁穆大妃の身に危険が及ぶとイヌに止められる。王宮では、仁穆大妃の処罰を求める声に光海君は悩んでいた。
    48 分
  • 光海君の前に女の姿となって現れたファイは、母を救うために正体を明かし、取引を持ち掛ける。母まで殺されたくないという貞明公主の告白を聞いた光海君は、ジュウォンに貞明公主をかくまうよう命じる。
    45 分
  • 貞明公主をかばって斬られたジュウォンだが、一命を取り留める。貞明公主は、この件を解決しようとして、ホ・ギュンの隠れ家に乗り込む。その頃ホ・ギュンは、ジュソンに、共に死ぬか生き延びるかを迫っていた。
    43 分
  • ホ・ギュンは火器都監に潜り込んで、火薬倉庫に地雷火を仕掛ける。一方、貞明公主は、火器都監の火薬もろとも光海君を吹き飛ばすのがホ・ギュンの真の計画だと知って、火薬倉庫へ向かい爆発を止めようとした。
    44 分
  • ホ・ギュンを兵曹に差し出して、光海君と対峙したジュソンは、自分が共謀していたとしても、配下にある者たちによって、断罪はできないと言い放つ。しかし、光海君はイヌがジュソンを告発したことをほのめかした。
    45 分
  • 光海君は、再び貞明公主の毒殺を企てたゲシを捕らえて、王宮から追放する。一方、貞明公主は自分が命を狙われ続ける理由を光海君に尋ねた。すると、予言のせいだという事実を知り貞明公主は驚く。
    46 分
  • 貞明公主は光海君を訪ねて、硫黄職人として火器都監に残って国に尽力すると告げる。間もなくして後金が明を攻撃したことで戦争が始まった。光海君の甥・綾陽君は王宮の前に座り込み、明への派兵を要求する。
    44 分
  • ジュウォンは後金や明の戦況に関する情報収集のために奔走していた。そして、ジャギョンから倭国の商人・イダチが朝鮮に来ていると聞き、大陸の情報を聞き出すために貞明公主とジャギョンと共に済物浦に向かう。
    43 分
  • 光海君は民の前で事実を説明しようとするが、ジュソンは、綾陽君の力を見極めるために、金を使って民を動かす。綾陽君は、ジュソンの差し金とも知らず、自分の元に集まってきた民と共に暴動を起こすのだが…。
    47 分
  • ジュウォンは、戦地に赴くことを決めた貞明公主を守り抜くと光海君に約束。またゲシを訪ね、貞明公主を手に入れることを決意したイヌも、ジュソンの手助けで戦場に行くことになり、ジュウォンに対し宣戦布告をする。
    47 分
  • イヌを問い詰めて事実を知った貞明公主は、ジュウォンを捜すが、光海君が王座を懸けて火器都監の職人と兵を守るための王命を下したことを知る。また、ホンニプは王命に従い朝鮮軍に撤退命令を下そうとするが…。
    48 分
  • 戦地では、ジュウォンの全軍で鳥銃部隊を援護するという戦術が成功し、勝利を収める。ところが、勝利に勢いづいた明軍は、無謀にも後金の首都を攻めに行き、敵のわなにはまってしまい先発隊は大敗してしまった。
    47 分
  • 明の大敗を知った綾陽君は、反乱の準備を進めようとする。だが貞明公主が、綾陽君の操り人形にはならないと宣言したので、西人派は動揺。一方、明からも後金からも圧迫された光海君は身動きが取れずに苦しむ。
    48 分
  • 光海君は朝鮮兵の捕虜を取り戻すために、後金と和親関係を結び、要請に応じることにした。この決定に西人派や、支持勢力である大北派の重臣たちが猛反対。そんな中、綾陽君の指示により民が火器都監を襲撃する。
    50 分
  • 貞明公主は、光海君にイヌとの縁談を許可してほしいと頼む。自分のために公主を犠牲にしたくないという光海君だが、貞明公主は「私自身のためだ」と王を説得。同じ頃、後金では朝鮮兵の処刑が迫っていた。
    48 分
  • 後金への返書を伝令に託した光海君は、公主とカン家の縁談に許可を下さない。そして、ジュソンを謀反の罪で捕らえる。光海君は、ジュウォンに国と火器都監を必ず守ると誓い、ジュウォンも共に戦うことを決心する。
    46 分
  • 綾陽君たちは反乱を起こし、王宮の正門を突破して便殿に攻め入るが、玉座に光海君の姿はなかった。一方救出された貞明公主は、光海君が自分と火器都監の者たちを守ったと知って助けに行こうとするのだが…。
    49 分
  • 即位した仁祖は、光海君の勢力を一掃しようと、火器都監の人々を後金と内通した罪で捕らえる。罪がないにもかかわらず拷問に掛けられるジュウォンたちを救おうとして、貞明公主は王宮の前で座り込みを始めた。
    44 分
  • 仁祖は、謀反の密告に悩まされていたが、この騒動はジャジョムが、自分の力を誇示して恐怖を与えるために仕組んだものと判明。一方、王宮に戻った貞明公主は何度も仁祖の元を訪ね、民を重んじる君主になるよう諭す。
    45 分
  • ジャジョムの助言によって仁祖は直接民の声を聞くための場を設ける。そこで貞明公主の土地を耕す者は租税を免除するという話を耳にして、仁祖は激怒。貞明公主に腹を立てたヨジョンは寝所を訪ねて…。
    46 分
  • 貞明公主は、仁祖に脅されながらも国を守ろうとチェ・ミョンギルやイ・ウォニクなど、味方を増やす。そんなある日、ヨジョンの計略で貞明公主は濡れ衣を着せられ、ウンソルとオクチュも協力者として投獄される。
    46 分
  • ジュウォンは貞明公主の無実を証明しようとヨンブたちをイ・グァルの屋敷へ侵入させ、王の密命を受けたという証拠品を捜させる。一方ジュウォンたちの狙いが分かったイヌは、すぐにヨンブたちを捕らえに行く。
    45 分
  • ウンソルとオクチュを救おうとして、呪いの件は自分の罪だと認めた貞明公主。貞明の口から謝罪の言葉を聞いた仁祖は「お前はまだ自分を見下げている」と言いながら、貞明公主とオクチュたちの命はないと言い放った。
    46 分
  • ジュウォンはイヌによって無事、イ・グァルとヨジョンが交わした書簡を入手することができたため、朝報所を動かして都中に貞明公主が陥れられた事実を広める。ジュウォンの活躍で貞明公主は釈放されたのだが…。
    47 分
  • ジャジョムとヨジョンを捨てる決断をした仁祖は、貞明公主とジュウォンの婚礼に出席しようとする。ところが、呪いの件で平安道に追放されていたイ・グァルが反乱を起こし、都に向かっていることを知る。
    44 分
  • 仁祖は、鳥銃部隊を使って反乱軍を阻止するしかないと進言されるが、光海君の配下だった別造庁の人々と貞明公主を信じられない。だが、反乱軍が漢陽に迫ると、仁祖はついに鳥銃部隊を使うと決断を下す。
    46 分
  • 貞明公主は反乱軍と戦うことを決意。仁祖は、都は反乱軍に占拠され、国境地帯には後金が攻め入るだろうという知らせに動揺。一方、ジャジョムとジュソンは官軍を都に進撃させて、反乱軍を全滅させる計画を立てる。
    49 分
  • ジュウォンに協力することにしたイヌは、チャン・マンの指揮権を奪って王宮に攻め入る準備を始める。一方、ジュウォンたちは鳥銃部隊が反乱軍を引きつけている間に、官軍が王宮を攻める計画を企てる。
    47 分
  • ジャジョムの意見に耳を貸した仁祖に失望した貞明公主は、仁祖に最後の機会を逃したと話す。仁祖が即位して5年が経ち、後金の第一次朝鮮侵攻が勃発。仁祖は都から逃げるが、結局降伏して後金と兄弟国の条約を結ぶ。
    44 分
  • 王の子孫が生まれたことに仁祖は大喜びするが、一方で国境地帯では後金から脱走してきた捕虜を送り返そうとするたびに襲撃団が現れて捕虜を逃がすという事件が続発。これに朝廷が捜査に乗り出すと…。
    47 分
  • ひそかに訪ねてきた世子嬪の頼みもあって、昭顕世子に後金との件から手を引くよう提案する貞明公主。だが、昭顕世子は父の仁祖を信じると言って説得に応じない。また、会談に臨んだ昭顕世子に対して清の将軍は…。
    46 分
  • 仁祖の信頼を失った昭顕世子は苦境に立たされる。鳳林大君は兄・昭顕世子のため、ジュソンに助けを求めた。するとジュソンは私財を投じて軍資金を提供し、清との和議のために密使を派遣すると仁祖に約束する。
    44 分
  • 王宮では重臣たちが破竹の勢いで南下する清軍を避けて江華島へ避難するよう進言するが、仁祖はそれを受け入れることなく、最後まで戦うことを宣言。一方、昭顕世子も命が尽きるまで王様と国を守り抜くと告げる。
    45 分
  • 仁祖が反対する中、人質になろうとする昭顕世子だが、ジュウォンは世子に交渉をしている隙に総攻撃を仕掛けようと提案。また、清との交渉の場で世子の替え玉を使って時間稼ぎをするが、進攻部隊が機能しなかった。
    46 分
  • 清の人質となっていた昭顕世子と鳳林大君は、8年後に朝鮮への帰国を許される。ところが、この間に、仁祖は病に伏して、ジャジョムが朝廷を牛耳っていた。昭顕世子は、ジュソンとジャジョムたちの一掃を実行に移す。
    45 分
  • ヒョンイクの治療で意識が戻った仁祖は、ジャジョムのうその報告で昭顕世子が清と内通していると疑った。これに対して、疑うようなことは何もないと答える昭顕世子だが、仁祖はそれを信じられず激怒する。
    46 分
  • 貞明公主は苦しむ昭顕世子を救うため、ジュソンから賄賂を受け取っていた重臣らの名簿を公表し、世論を動かそうと試みる。その頃、ジャジョムとヨジョンは、医官を東宮殿に送り込み、昭顕世子を暗殺しようとした。
    47 分
  • 王から全権譲渡されたジャジョムはジュソンを釈放し、崇善君を世子に据えようと目論む。同じ頃、世子嬪は鳳林大君に昭顕世子の遺志を継いで世子になるよう説得。また、貞明公主もこれを後押しする。
    46 分
  • 世子となった鳳林大君は、ジュソンとジャジョムを追い詰めにかかる。これにジャジョムらは、貞明公主を陥れて鳳林大君もろとも倒そうと企む。だが貞明公主らは、ジュソンとジャジョムを戦わせる作戦を練っていた。
    46 分
  • ジュソンとジャジョムは共倒れに。仁祖に対して無実を訴えたヨジョンも義禁府に捕らわれる。やがて取り調べが始まるが、ジャジョムは口を割らず、ジュソンは「時が味方する」という言葉を残すのだった。
    45 分
  • 貞明公主は、王・仁祖の最後の選択に不安を募らせるが、ジャジョムと尚膳から仁祖の本心を聞かされて驚く。一方、キム・リュは、顧命大臣の権限を利用してジュソンの指示どおり崇善君を王位に就けることにするが…。
    47 分
  • 王宮を抜け出したジュソンは、清の助けで権力を奪還しようとしていた。新たに王座に就いた孝宗が北伐を計画している、との報告をジュソンから受けた清の皇帝の弟・ドルゴンは、兵を率いて朝鮮の国境まで迫る。
    45 分
  • 清の問責団が朝鮮へやってくる。それは、孝宗の北伐計画が事実か調査するためであった。また問責団には、皇帝の忠僕であるオボイが同行。貞明公主は、問責団との交渉役をジャジョムに任せて、時間を稼ごうとする。
    45 分
  • 刑の執行前日、牢を訪ねた貞明公主に対してジャジョムは「我々が死んでもまた同じような人間が現れる」と忠告する。しかし、貞明公主は志を共にする者と共に、希望を捨てず戦いを続けると答えるのだった。
    47 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ