タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

Re:ゼロから始める異世界生活

| 2016年
見放題
君を救うためなら、俺は何度でも死ぬ。
見どころ
無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す「死に戻り」の力。
ストーリー
コンビニからの帰り道、突如異世界へと召喚されてしまった普通の男子高校生、菜月昴。右も左も分からない異世界に放り出され、途方に暮れていたスバルに手を差し伸べたのは美しい銀髪の少女だった。
2018年9月6日 23:59まで配信
©長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

エピソード

  • コンビニからの帰り道、突如異世界に召喚された少年・菜月昴。初めはそのファンタジー世界に目を輝かせていたものの、やがて右も左も分からない状況に頭を抱えることに。さらにチンピラに絡まれて袋叩きになり…。
    49 分
  • 3回命を失って、ありえないと思いながらも、死ぬたびに初期状態に戻る「死に戻り」が起きていることを認識したスバル。彼はサテラやフェルトに襲い掛かるであろう死の運命を変えるため、4度目の世界へと踏み出す。
    24 分
  • エルザが来る前にフェルトから買い取った徽章をサテラに返そうと動くスバル。しかし、交渉の途中でサテラが現れ、さらにエルザが襲い掛かって来る。パックも力を使い果たし、スバルは絶体絶命の状況に陥るが…。
    24 分
  • エルザとの戦いで深い傷を負ったスバルだったが、一命を取り留め、ロズワースの屋敷へやって来た。そこでスバルはルグニカ王国の状況と、エミリアが次の王になる資格を持つ、王候補の1人であるということを知る。
    24 分
  • ロズワールの屋敷で住み込みで働くことになったスバルは、レムやラムと共に日々の仕事をこなし、さらにエミリアとデートの約束をする。そんな中、死んでいないのにも関わらずなぜか屋敷を訪れた初日に戻ってしまう。
    24 分
  • ロズワールの屋敷で3度目の初日を迎えることになったスバル。敵の正体も目的も分からない状況を打破するため、彼は死が待ち受ける4日目の夜になる前に屋敷を離れ、外から何が起きるのかを確かめようとする。
    24 分
  • 目の前に現れた襲撃者の正体に困惑するスバル。喪失感の中で彼は3度目も命を落とし、ロズワールの屋敷で4度目の初日を迎える。スバルは4日目に迎える死を回避しようと奔走するが、事態は意外な展開に進んでいた。
    24 分
  • ついにロズワールの屋敷で5度目の初日を迎えたスバルは絶対に皆を救うと誓い、屋敷の人間から信頼を得るためにとびきりの笑顔で立ち回る。ししかしその努力の結果、次第に心と体がちぐはぐになってしまう。
    24 分
  • バラバラだったパズルのピースが繋がって、死の呪いを掛けた呪術師が麓の村にいることを確信したスバル。彼は村に住む全ての人々と接触し、あえて呪いに掛かることでそれを施した呪術師を見つけ出そうと試みる。
    24 分
  • 身を挺してウルガルムの群れから子供を救ったスバルだったが、その身に数えきれないほどの呪いを掛けられてしまう。ウルガルムを倒すしか解呪する方法はないが、スバルには半日程度の時間しか残されていなかった。
    24 分
  • スバルの一撃で意識を失ったレムは昔の夢を見ていた。やがてレムは意識を取り戻すが、依然としてウルガルムの群れが迫る絶体絶命の状況だった。そこでスバルはレムとラムを逃がすため自ら囮となり…。
    24 分
  • 亡き王に代わってルグニカ王国を統治する賢人会の命で、ロズワールの屋敷にヴィルヘルムとフェリスが使者として訪れる。そして、急きょ王都に行くことになったエミリアに、スバルは一緒に行きたいと頼み込むが…。
    24 分
  • エミリア、プリシラ、クルシュ、アナスタシアたち王選候補者の下にラインハルトに連れられてフェルトもやって来る。預言によると新たな国の導き手となる巫女の候補は5人で、フェルトもその1人だと言うが…。
    24 分
  • ただ守りたいと思っていた相手からの拒絶に絶望してしまったスバル。そんなとき、エミリアたちのいるロズワールの領地内で不穏な動きがあることを知らされたスバルは、皆の反対を押し切って彼女の下に戻るが…。
    25 分
  • ロズワールの屋敷にやって来たスバルの目の前に広がる信じられない光景。絶望に打ちひしがれた彼の視界は真っ白に染まり、意識が途切れてしまう。そして、彼はルグニカの果物屋の前でレムの呼び掛けで気が付いて…。
    24 分
  • 再びルグニカの果物屋の前で目を覚ましたスバル。八方ふさがりの状況を打破すべく、スバルは皆に助けを求めるが、ただ助けてほしいと求める彼の願いを聞き入れてくれる者は誰もおらず、ただ時間だけが過ぎていく。
    24 分
  • オットーたちを雇い、竜車でリーファウス街道を走るスバルたちの前に白鯨が出現。咆哮を轟かせながら迫る白鯨から逃げ切ることは難しいと判断したレムは、スバルの制止を振り切って迎撃のために竜車を降りる。
    24 分
  • レムを死なせ、エミリアの命を奪い、自らも犬死にのような最期を迎えたスバルは、再びルグニカの果物屋の前で目を覚ます。誰も救えず、できることは何もないと悟らされたスバルは、レムの手を強く握って走り出す。
    25 分
  • レムによって絶望の淵から救い出されたスバルは、エミリアを救うためにクルシュに同盟を持ち掛ける。同盟に当たってスバルはクルシュに白鯨が出現する場所と時間を教えてもらうという条件を提示する。
    24 分
  • 自分にできる限りのことを尽くしたスバル。その思いと行動はクルシュの心を掴み、彼と同盟を結ぶことに成功する。さらにアナスタシアの協力も得て、スバルたちは上空で咆哮を轟かせる白鯨との戦いに臨む。
    24 分
  • 目の前で起きた出来事に言葉を失うスバルとレム。犠牲を払いながらも少しずつ追い詰めていたかのように見えた白鯨の戦いは想像を超える事態へと発展。すべてが絶望に包まれかけていたその時、スバルの声が響き渡る。
    24 分
  • 白鯨との戦いが終わり、傭兵隊の半分が討伐隊の下に帰還した。合流した傭兵たちの先頭に立つユリウスに対して複雑な心境を抱くスバル。そして、彼らは動きを悟られる前に魔女教が潜むメイザース領の森へ向かう。
    24 分
  • エミリアやアーラム村の人々を避難させるべく、ロズワールの屋敷へ向かうスバルたち討伐隊。しかし、気が付くとスバルを残して討伐隊が姿を消してしまう。何が起きたのか確認しようとスバルは辺りを見渡すが…。
    24 分
  • アーラム村の人々に危険が迫っていることを伝え、避難するように呼び掛けるエミリア。しかし、村人に信じてもらえずにエミリアは思い悩む。そんな彼女の下にクルシュの名代としてヴィルヘルムが訪れる。
    24 分
  • それぞれが目と剣の役割を果たして、力を合わせてペテルギウスの見えざる手に立ち向かうスバルとユリウス。防戦一方になりながら、徐々に反応速度を上げていく2人は、次第にペテルギウスを追い詰めるが…。
    27 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ