タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
NHK特選

Nスペ よみがえる邪馬台国

ポイント
吉野ヶ里遺跡の出土品を手掛かりに、謎に包まれた邪馬台国時代の日本に迫る
見どころ
佐賀県の吉野ヶ里遺跡で、日本最古の弥生時代後期の環濠集落が発掘された。「魏志倭人伝」に記された邪馬台国の謎を解明するべく、専門家が調査や実験を進めていく。
ストーリー
女王・卑弥呼が統治していたとされる邪馬台国。邪馬台国があった場所については、九州説と畿内説が有力とされている。いまだ謎が多く残る邪馬台国時代の日本の姿について、考古学、歴史学、民俗学などの学者や専門分野の技術者たちが探っていく。
2030年11月3日 23:59まで配信
(C)NHK

エピソード

  • 吉野ヶ里遺跡の墳丘墓から権力者を埋葬したカメ棺が見つかり、その中から王権の象徴ともいえる銅剣や管玉などが出土しました。美しい装飾が施された銅剣や当時の東アジアでは最高級のガラス製の管玉です。これらの出土品の持ち主は誰だったのか。はたして、どこからもたらされたものなのか。専門家たちが銅剣や管玉の成分を分析したり、当時と同じ製法で復元を試みたり、科学的に検証しながら出土品のルーツを探ります。
    45 分
  • 吉野ヶ里遺跡で発掘された集落は、周りを幅4~5メートル、深さ2メートルの大きな濠(ほり)に囲まれ、高さ10メートルの望楼がそびえる要塞になっていました。また、墳丘墓からは矢じりが刺さったり首を切られた人骨が出土し、邪馬台国(やまたいこく)の時代は戦いに明け暮れていたことが想像できます。第2回は、邪馬台国がどこにあったのかを探るため、邪馬台国誕生の前後に起こった倭国(わこく)大乱の実態を追います。
    45 分
  • 「鬼道につかえ衆を惑わす」と『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』に記された邪馬台国(やまたいこく)の女王・卑弥呼(ひみこ)は、どんな女性だったのでしょうか。そして、邪馬台国はどこにあったのでしょうか。最も有力視されているのが九州説と畿内説です。第3回は、吉野ヶ里遺跡の出土品を手がかりに、この2説を検証し、卑弥呼の姿を探ります。さらに韓国考古学の情報を交え、東アジアの中の邪馬台国の姿を浮き彫りにします。
    45 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ