タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
NHK特選

連続テレビ小説どんど晴れ 総集編

| 2007年
ポイント
岩手の名門旅館に飛び込んだ現代っ子ヒロインが、伝統と格式のもとで孤軍奮闘!
見どころ
岩手県盛岡市を舞台に、横浜育ちのヒロインが、婚約者の実家の家業である旅館業を継ぐことになり、一から修業する。比嘉愛未のキュートな笑顔がフレッシュ!
ストーリー
横浜のケーキ店に育ちパティシエを目指す夏美は、婚約者・柾樹の実家の名門旅館・加賀美屋を継ぐことに。伝統だらけの慣れない世界で、夏美は女中から修業し立派な女将になろうと決意する。そんな夏美を、柾樹の祖母で大女将のカツノは優しく見守る。
ここがポイント!
「どんど晴れ」とは岩手で民話を語り聞かせる際、「めでたしめでたし」の意に使われる言葉。夏美が修業話の傍ら、小さい頃に親しんでいた民話と再会する場面も。
2018年3月3日 23:59まで配信
(C)NHK

エピソード

  • 横浜で父の店を継ぐためパティシエを目指す浅倉夏美は、ホテルマンの加賀美柾樹(まさき)と結婚するはずでしたが、柾樹は実家の盛岡にある老舗旅館・加賀美屋を継ぐため、夏美に別れを告げます。夏美は柾樹と離れたくない思いから、女将(おかみ)になると宣言します。柾樹の祖母で大女将のカツノは、仲居見習いから修行に励む夏美を優しく見守ります。ある日、夏美は宿泊客の子どもを連れ出して、命に関わるミスを犯します。
    72 分
  • 夏美は加賀美屋の人々の信用を失い、横浜に帰ってしまいます。しかし、“おもてなしの心”を極める思いを捨てきれず、結婚を白紙に戻して再び加賀美屋へ行き、大女将(おおおかみ)の許しを得て修業に戻ります。すると、夏美の前に将来の女将の座を賭けて競い合うライバルが現れます。女将の環(たまき)が推す彩華です。夏美は、次々と降りかかる試練にも負けず働き続け、次第に加賀美屋の人々の信用を得ていきます。
    72 分
  • 女将(おかみ)の環(たまき)は夏美を後継者に決め、柾樹(まさき)と夏美は結婚式を挙げることに…。大女将のカツノは2人の結婚を心待ちにしていましたが、結婚式当日、息を引き取ります。外資グループが加賀美屋の買収を企てているとも知らずに、伸一は建て替え資金のために株式を渡してしまい経営権を失います。しかし、一番大切なものを失っていません。加賀美屋のおもてなしの心を知る人々が続々と応援に駆けつけます。
    72 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ