タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

純情に惚れる

| 2015年 | 韓国 | 216円
ポイント
非情な男が心臓移植で優しい男に大変身!?心温まるロマンチックなラブストーリー
見どころ
主人公ミノの変化が一番の見もの。クールで非情な性格だったミノが、どんどん変わっていき、それを自分でも持て余すという演技をチョン・ギョンホが巧みに演じている。
ストーリー
恋人と結婚目前のスンジョンが秘書を務める会社に、冷徹な企業ハンターのミノが乗り込んでくる。心臓疾患のミノは着任早々倒れてしまうが、ドナーが見つかり移植手術を受け快復。以前とは別人のようになったミノは、なぜかスンジョンが気になり始める。
ここがポイント!
ヒロインのスンジョン(純情)の恋人役でチン・グが出演。序盤で命を落とすが、重要な役割を担って存在感大。
2017年9月1日 23:59まで配信
(C) JTBC Co., Ltd all rights reserved

エピソード

  • 大手化粧品会社ヘルミアの秘書・スンジョンは、恋人で刑事のドンウクからプロポーズされて幸せだった。ところが、会社は企業買収家・ミノに乗り込まれて騒然。また彼は、重い心臓病で余命は1カ月しかなかった。
    58 分
  • スンジョンは倒れて意識を取り戻したミノから、自分の下で働くよう言われたが断る。その頃、不適合原材料の使用問題で揺れる会社を心配したドンウクは、担当者・ヨンベが行方不明と聞いて捜し始めたのだが…。
    58 分
  • ドンウクの死から2カ月が経過。快復したミノは、いつも夢に現れる髪留めをつけた女性が気になる。ほかにも自分の心の変化に戸惑うミノだったが、スンジョンには暴言を吐き、非難されてしまう。
    57 分
  • ミノはスンジョンを見ると動悸がするようになり、秘書のウシクからおかしいと指摘される。また彼はある時計の夢を見るようになる。スンジョンは、ミノが会長を出し抜くための計画に利用されたことで辞表を提出する。
    57 分
  • スンジョンが再び自分の下で働けるように計らうミノ。スンジョンのことが気になる彼は、ウシクの助言で引っ越し祝いに秘書たちを招待する。だが風邪をひいたジュニの見舞いに行ったスンジョンは現れなかった。
    57 分
  • ミノは目を覚ますと主治医から、移植手術後にドナーの記憶や性格を受け継ぐセルラーメモリー現象について聞かされ、さらにスンジョンが好きなのではと言われ当惑。ジュニは、スンジョンとの仲を嫉妬するミノに…。
    57 分
  • ミノは会長に経営権を放棄するよう冷酷に迫るのだが、心は痛みを伴っていた。一方、スンジョンは代表理事就任が決まったジュニから長年の思いを告げられるのだが、「友達以上には思えない」と言う。
    57 分
  • ナ刑事はジュニの車の血痕を調べる。だが血液反応は出なかった。一方、会社再建のため、ドンウクの父は新製品の企画書をスンジョンを通してミノに託す。また、ゴールド社会長が中部工場視察のため来韓した。
    58 分
  • 心臓の提供者を捜していたミノは、それがドンウクだったと知り、自分のスンジョンへの感情に疑問を抱く。一方ジュニとの闘いに臨むミノは、自分の持ち株だけでは勝てないため、スンジョンの助言で労組に働き掛ける。
    60 分
  • ナ刑事から原材料事件について聞いたミノは、ジュニを訪ねて詰問するが一蹴される。その頃、ジュニの父はヨンベを病室に訪ねて、真相を伏せるよう言い、ドンウクをはねたのは自分だと遺書を残して命を絶ってしまう。
    59 分
  • ジュニは納品会社に圧力を掛けて、ミノが原材料を入手できないように画策する。生産が中断されたヘルミアにゴールド社からジュニが乗り込む。そして2週間以内の解決を命じた上、スンジョンを秘書に任命する。
    58 分
  • ミノのことを調べていたジュニは、彼のドナーがドンウクだったことを知る。また、ヘルミアはゴールド社に口座を差し押さえられて倒産寸前に。窮地に陥ったミノは金策に走り回るが、金を工面することができない。
    59 分
  • ジュニから、ミノにはドンウクの心臓が移植され、それを彼も知っていると聞かされたスンジョンは取り乱してしまう。その後、悩んだ末に辞表を提出。事情が分からないミノに引き止められるが、聞こうとはしなかった。
    61 分
  • ドンウクの父は、息子の死が無駄にならなかったとミノに対して感謝する。また、会社を辞めたスンジョンに「心臓とは関係なく君が好きだ」と訴えたミノは、陰ながら彼女の新たな門出を見守っていたのだが…。
    57 分
  • ミノはバイクの男に襲われて、証拠映像のメモリーカードを奪われてしまった。そして、証拠を消し去ったジュニは、来週までに金を返せなければ会社は倒産し、背任罪が確定するとミノに言い放った。
    59 分
  • ヘルミアは会社更生の手続きに入った。そして、ミノが会社を去る日、スンジョンは彼をねぎらう。またスンジョンはナ刑事から、ドンウク殺しの犯人がジュニだと知らされ、ショックを受けながらも協力を申し出る。
    60 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ