タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

12モンキーズ

| 2015年 | アメリカ | 324円
ポイント
90年代の傑作映画をリメイク!謎が謎を呼ぶ新感覚のタイムトラベルSF
見どころ
同名の映画では残されたままだった数々の謎に迫りつつ、エピソードを追う毎に新たな謎が生まれるストーリー展開。映画を見た人も見ていない人も存分に楽しめる。
ストーリー
ウイルスによって人類の99%が死滅した2043年の地球。過去を改変するため、ジョーンズ博士は服役囚のコールを2015年へと送り込む。ウイルス発生の鍵となるライリー博士と共に、謎の組織「12モンキーズ」を追うコール。果たして彼は人類を救えるのか!?
ここがポイント!
1995年に公開され、世界的なヒット作となった同名の映画をドラマ化。主な設定を受け継ぎながらも、ドラマ独自の新しい世界観を創り出している。
特集:映画では描ききれなかった世界をドラマで堪能!
キャラやタイムトラベルなどの設定を残しつつ、ドラマだけ見ても楽しめるオリジナルストーリーで進む同名映画のテレビ版。
2018年6月16日 23:59まで配信

エピソード

  • ウイルス学者のキャシー・ライリーの前に、コールが現れた。彼はウイルスの開発者、リーランド・フロストを抹殺するため、2043年から来たと言う。さらに、コールにこの任務を与えたのはライリー本人だと告げた。
    47 分
  • 2043年。音声記録に12モンキーズという名前を聞き取ったジョーンズ博士は、2015年の新聞記事に猿のシンボルを発見。コールとラムゼを過去に送る。2015年。彼らは、精神病院に向かうのだが…。
    43 分
  • ジェニファーとの会話から、ある科学者がリーランドのラボから逃げ出していたことが判明。コールは科学者をその追う。2014年。コールに拉致されてから1年後のライリーは、ハイチへ向かうことになり…。
    43 分
  • コールがリーランドの秘密のラボ・ナイトルームの場所をライリーと調べていると、突然2043年に連れ戻される。かつてコールたちが属していたグループが研究所を襲って来るとの情報があったのだ。
    42 分
  • コールとライリーはナイトルームに侵入。だが、リーランドのラボはすでに謎の青白い男の手に落ちていた。問題のウイルスは保管庫の中にあり、そこを開けられる唯一の人物・ジェニファーも連れてこられていた。
    43 分
  • 2015年。ナイトルームからライリーが運び出されると、コールは2043年へ戻る。だが、研究所はウエスト・セブンの基地となり、ボスはラムゼでジョーンズ博士もいたが、その時空のコールは死んでいた。
    40 分
  • 2015年。コールとライリーは、猿の文様の入った焼き物の写真を発見。意味を探るために考古学者・ギャレットに近づいた。その頃、アメリカ政府は元CIAの職員・ウェクスラーの亡命事件で揺れていた。
    43 分
  • 2015年。コールは、チェチェンで爆破に遭遇し、瓦礫に埋もれてしまう。一方、2043年ではタイムマシンが機能せず、コールを呼び戻せない。ジョーンズ博士はラムゼたちに、スピアヘッド行きを命じる。
    42 分
  • タイムマシンのトラブルのため2043年に戻れないコール。チェチェンの街角では世界中に広まる疫病についてテレビが伝え、そこには闘うライリーの姿があった。一方、コールを呼び戻せないジョーンズ博士は…。
    43 分
  • 2043年。ラムゼは、研究所からタイムトラベルに必要な薬を盗み出し、会議室に火を放った。2015年。コールが現れたことによって、未来はまだ変わっていないと知ったライリーとアーロンは驚きを隠せない。
    43 分
  • コールは、疫病発症源のウイルスを追って1987年の東京に飛ぶ。そこで日本のヤクザからヒマラヤで発見された病原体を持つ死体をオファーされたリーランドに対して、コールが死体の価値を教えてしまう。
    43 分
  • 2043年。ジョーンズ博士はコールの追跡信号を捕らえることができず、戻ってこられないと断言。2015年。瀕死のコールを助けようとして、ライリーはこの時代のジョーンズに助けを求めるのだが…。
    42 分
  • 2015年。裏切ったアーロンを尋問して、謎の女の存在を知ったライリーとコール。ジェニファーが新CEOとなったマークリッジ社のイベントへ出向く。2043年では、ある一団がジョーンズ博士の研究所を狙い…。
    43 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ