タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

アカギ

| 2015年
見放題
生死を賭けた一夜の麻雀対決を巧みな心理描写でスリリングに描く!
見どころ
累計発行部数1000万部にも及ぶ麻雀漫画の金字塔を本郷奏多主演でドラマ化。アカギと対決する鷲巣役に津川雅彦。二人のビジュアル、役作りの再現度の高さに注目だ。
ストーリー
実力者を次々に打ち負かし、裏社会を震撼させてきた伝説の雀士・赤木しげる。昭和40年、しげるは不良刑事・安岡の依頼で日本の闇の王、鷲巣厳と対決することになる。立会人の稲田組若頭・仰木が見守る中で血と金を奪い合う死闘が繰り広げられる。
ここがポイント!
描かれた「鷲巣麻雀」は原作で完結していないエピソード。ドラマでどう終わらせるのかという楽しみも!
特集:接近注意!怖いけど、のぞいてみたい裏の世界
伝説の天才雀士・赤木が裏の麻雀界で宿敵・鷲巣と対決。自らの血液を賭けた赤木が致死量の血を抜かれても戦い続ける姿に絶句!
2018年1月4日 23:59まで配信
2015スカパー! (C)福本伸行/竹書房

エピソード

  • かつて、伝説の雀士と言われた赤木しげる。昭和40年の夏。赤木は、知人の不良刑事・安岡からの依頼で、日本の闇の王・鷲巣巌と対戦することになった。 立会人、稲田組若頭・仰木が見守る中、鷲巣麻雀が始まる。
    56 分
  • 鷲巣麻雀でアカギは血液を鷲巣は金を賭ける。その一回戦東四局は、鷲巣がタンヅモドラドラ満貫で和了。アカギは4000点の払いとなり、ボーナス払い400ccを採血された。鷲巣の吸血麻雀、これが最初の採血だ。
    52 分
  • 一回戦終了時、アカギは勝ち分の全てを金にして、採られた血は戻さないと言う。それを聞いた仰木と安岡は死んだら終わりだと諭すが、アカギは鷲巣の金を奪い取ることしか考えない。そして二回戦が始まった。
    54 分
  • 二回戦・南四局でアカギは輸血を拒否。鷲巣はそのアカギの気迫に圧倒され、ミスを犯した。それが結果的に、二回戦もアカギを勝ちへと導いてしまうのだった。そして、三回戦の東一局がスタートする。
    54 分
  • 四回戦を終えて3億円以上の勝ちとなったアカギたち。一方で、大敗の鷲巣は廃人のようにソファで横たわる。その場にいる誰もが五、六回戦への続行はないだろうと思っていたが、アカギは寝ている鷲巣へ近寄り…。
    53 分
  • 抜かれた1400ccの血を、アカギ自ら破棄してスタートした五回戦。迎えた東四局、序盤はアカギの流れかに見えたが、流局間際に安岡がツモ順をずらすミスを犯してしまう。そして鷲巣はハネ満をツモる。
    52 分
  • 五回戦南四局で、トップを確定させるあがりをみせるアカギ。そして、そのまま五回戦の勝利を確定させて、六回戦へ行くと思われた。ところが、アカギは誰1人として予想もしなかった連荘を選択する。
    52 分
  • 五回戦で勝負を決してしまおうと連荘を重ねたアカギだったが、もう少しのところで鷲巣に逃げられてしまう。五回戦が終わり総額5億7250万円をゲットしたアカギたちに対して、鷲巣は2750万円を残すのみだ。
    51 分
  • 六回戦・東三局、アカギは鷲巣に親のダブル役満をあがられ、10万点近い差をつけられる。鷲巣麻雀では逆転は難しい圧倒的な点差に、白服たちは大喜びだ。その一方で、仰木と安岡は重苦しい空気に包まれる。
    52 分
  • 六回戦・南一局一本場、アカギは鷲巣へ親満を直撃し、金だけでなく、採血まで追い詰める。鷲巣は「金が足りぬ分は血だ、ワシの血を抜け」と叫ぶ。アカギは「俺の親を止められなきゃ、お前は死ぬ」と言い放った。
    52 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ