タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ろんぐらいだぁす!

| 2016年
見放題
この自転車となら、どこまでも行ける!女子大生の自転車青春ストーリー!
見どころ
三宅大志の人気漫画を原作とする青春アニメ。運動音痴な女子高生がひょんなことから自転車ライフに目覚め、やがて友人たちとともに自転車ロードレースを目指していく。
ストーリー
ある日、女子大生の亜美は折りたたみ自転車に一目惚れ。「ポンタ君」を購入した亜美は、幼なじみの葵と一緒にサイクリングへ。流れる景色、風の心地よさ…。「私…このままどこまでも行けちゃいそう」だが、サイクリングは甘いことばかりではなかったのだ!
2017年3月31日 23:59まで配信
(C)三宅大志・一迅社/ろんぐらいだぁす!製作委員会   【提供:バンダイチャンネル】

エピソード

  • 大学生になった倉田亜美は、何もない所で転ぶようなドジな女の子。ある日、キャンパスで見掛けた折り畳み自転車に胸をときめかせた亜美は、同じ大学に通う幼なじみ・葵と共に自転車ショップへ向かう。
    23 分
  • 初めてサイクリングを体験した亜美。そこで遭遇したピンチを救ってくれたのは、大学の先輩でありサイクリストの雛子と弥生だった。亜美は経験豊富な2人から「ブルベ」という長距離サイクリングの話を聞き…。
    23 分
  • 亜美がサイクリングを始めて1カ月。専用のウエアも揃え、先輩である雛子と弥生、そして幼なじみの葵とサイクリングを重ねていく。ある日、亜美は「本格的な峠に挑戦してみないか?」と雛子に誘われ…。
    23 分
  • ロードバイクの軽さを知るも、私にはポンタ君がいるからと購入を躊躇していた亜美。そんな中、亜美は雛子たちに「自転車の使い分け」を教えてもらい、スポーツ自転車には用途に応じた車種があることを知る。
    23 分
  • 自転車と出会って成長していく亜美が、仲間たちと一緒に体験してきたサイクリングシーンを振り返る特別編。ヒロインたちによる自転車の解説を交えながら、亜美がロードバイクを買うまでの道のりを追う。
    23 分
  • ついにロードバイクを手に入れた亜美。その加速感や風を切る爽快さは、亜美に新たな感動と可能性を与える。そして、新しい自転車仲間とも出会う。彼女こそ、渋峠で遭遇していた高宮紗希だった。
    23 分
  • ロードバイクに慣れてきた亜美は、ヤビツ峠のリベンジを決意。亜美の成長を実感している雛子たちも賛成し、揃って走り出すことに。亜美は前回のリタイアで味わった悔しさを胸に、力強く坂を登り…。
    23 分
  • 愛しのポンタ君とロードバイクを掃除する亜美。その様子を見た葵は、ショップでの点検を勧める。早速ショップに持ち込まれた亜美のロードバイクは、謎めいた店長によって手際良く点検、調整されていき…。
    23 分
  • 雛子たちの提案で、距離160kmを走るイベント「あづみのオータムライド」への参加を決めた亜美。その練習を兼ねて、まずは距離100kmのサイクリングを体験。亜美はサイクリストとして確実に成長していき…。
    23 分
  • 距離160kmを走るサイクルイベント「あづみのオータムライド」に参加したチームフォルトゥーナ。しかし、亜美だけ出走のタイミングが遅れてしまう。亜美はペース配分を忘れて必死に仲間との合流を目指すが…。
    23 分
  • 「あづみのオータムライド」も終盤。制限時間をオーバーすると、「足切り」にされて完走できないことを知った亜美は激しく焦る。しかし雛子と弥生、紗希は一向に動じず、集団走行によってペースアップしていく。
    23 分
  • 弥生の提案でナイトライドを体験することになった亜美。江の島あたりまで走るのだと思っていた亜美は、夜通し掛けて伊東まで走ると知って驚く。ためらう亜美に、弥生は温泉や朝の海鮮丼の素晴らしさを教え…。
    23 分
  • 「しまなみ海道」ならではの絶景とグルメを満喫しながら、泊まり掛けのサイクリングに求められるノウハウを体験する亜美。そんな中、亜美は雛子や弥生、紗希たちがある目標を持っていることを知る。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ