タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

スキャンダル シーズン4

| 2014年 | アメリカ | 324円〜
ポイント
人気の政治スリラー第4弾。ジェットコースター的な面白さはさらにパワーアップ!
見どころ
オリヴィアと、彼女が追う陰謀集団B613との対決も今シーズンの大きな話題。組織を操る実父ローワンの常軌を逸した行動に、アッと驚くこと間違いなし。
ストーリー
恋人と孤島でバカンスを過ごしていたオリヴィアの元に、かつての部下が殺されたという知らせが届く。ワシントンから戻ると、部下たちは散り散りになり、大統領はますます暴走を続けていた。そんな中、オリヴィア自身が拉致監禁される大事件が発生する。
2017年12月31日まで配信
(C) 2016 ABC Studios

エピソード

  • オリヴィアはジェイクとリゾートライフを満喫していたが、そこへハリソンが死体で見つかったという新聞の切り抜きが届いた。帰国してハリソンの葬儀の準備をする彼女に、上院議員のヴォーンからある依頼が入る。
    43 分
  • 一般教書演説の前日。グラント大統領は中心課題に共和党としては異例の「銃規制強化」を取り上げようとしていた。サイラスは銃規制の国民的シンボル・エリオット夫妻を主賓に招くが、連絡が取れなくなってしまう。
    43 分
  • オリヴィアの友人であるキャサリン・ウィンズローの17歳の継娘・ケイトリンが家を出ていった。オリヴィアは彼女が泊まっているホテルを見つけるが、キャサリンに報告した直後、ケイトリンの銃殺死体が見つかる。
    43 分
  • オリヴィアはグラント大統領の娘・カレンに呼び出されてパーティー会場へ向かう。そして連れ帰ると、カレンが酔った状態で本番動画を撮影されていたことが発覚する。多額の削除料を要求されたオリヴィアは…。
    43 分
  • オリヴィアたちは監視下にあったダン・クビアックがケイトリンの親友・フェイスを殺すのを目撃。すぐに通報するが、元警官のクビアックは捜査の手をすり抜ける。一方、ジェイクは国防総省の地下で尋問を受け…。
    43 分
  • 第40代大統領・クーパーが脳卒中によって逝去。メリーは、大統領の数々の功績が実は妻の手柄だったことを知る。一方オリヴィアは、クーパー大統領暗殺未遂の罪で服役しているカーナハンから依頼を受ける。
    43 分
  • バージニア州選出の上院議員が辞任。これを受けフィッツは後任候補、チャールズ・パトニーの支持を表明する。チャールズから受けたDVに苦しみ続ける元妻・アビーを見たオリヴィアは対抗馬の選挙参謀を買って出た。
    43 分
  • 副大統領・アンドリューを狙った爆破テロが発生し、ホワイトハウスは西アンゴラの反政府組織の関与を疑う。携帯電話の盗聴犯について、エリザベスから調査するよう依頼されたオリヴィアは、それがサイラスだと知る。
    43 分
  • B613と司令官・ローワンを摘発する作戦は失敗した。ローワンは行方をくらましB613はもぬけの殻となる。グラント大統領は、副大統領がテロの標的になったことで西アンゴラに派兵せざるを得ない状況に陥った。
    43 分
  • オリヴィアは自宅から何者かに拉致され、ロイスの部屋に連れ込まれた。注射で意識を失った彼女は、監禁部屋で目を覚まし、脱出を試みるも失敗。罰として監禁仲間のイアンが連れ出されるのだが…。
    43 分
  • グラント大統領は副大統領に、西アンゴラに宣戦布告するよう迫られる。アンドリューはイアンにビデオ撮影を指示し、オリヴィアは「48時間以内に戦争を始めないと私は殺される」というメッセージを読まされた。
    43 分
  • オリヴィアは拉致の主犯格・イアンを味方にして、オークションで莫大な財産を生む商品として扱われることになった。また大統領はオークションに参加してオリヴィアを競り落とすよう、CIA長官に指示を出す。
    43 分
  • オリヴィアはイラン人の買い手にペルシャ語を使い、ガスへの不信感を植え付ける。また、ガスにはイラン人の裏切りをほのめかし、取引不成立に持ち込む。CIA長官は彼女が国家の脅威になるのを防ごうと…。
    43 分
  • ワシントンD.C.にある黒人が多く居住する地区で、17歳の黒人少年、ブランドン・パーカーが白人警官に射殺された。この件でメディア対策を依頼されたオリヴィアは拉致・監禁の傷が癒えぬ身で現場へ足を運ぶ。
    43 分
  • グラント大統領が次期副大統領として指名したスーザン・ロスが、お披露目会見で奇行を見せる。レオ・バーゲンはマスコミ対策を成功させるが、議事運営委員会の公聴会のための執拗な想定問答にスーザンは音を上げ…。
    43 分
  • アビーの依頼で、オリヴィアはスーという一般女性の説得を試みる。彼女はサイトで知り合った政界の大物たちとの性体験を綴った暴露本を出版社に売り込んでいたのだ。その中にはアビーの恋人も含まれていた。
    43 分
  • サイラスの婚約者・マイケルがゲイバーでほかの男性と濃厚に絡み合っている写真がネットから流出し、大きなニュースとなった。するとオリヴィアは、すぐに盛大な結婚式を挙げるようサイラスを説得する。
    43 分
  • オリヴィアは下院議員・リードから父の無実を証明してほしいと依頼された。父・ジョージは15年前、数学教師、ダン・ホフマンを殺害したと自白。だが、その時に使われた銃が、ダンの妻・リサの家で発見される。
    43 分
  • ホワイトハウスはブランドン法案の上院可決を目指していた。白人警官による黒人少年射殺事件を受けた警察改革のための法案は、可否が同数となる。そして、上院議長である副大統領・スーザンに決裁が委ねられた。
    43 分
  • ジェイクは瀕死の重傷を負いながらも、一命を取り留めた。彼が生きていることをローワンに知られるのを避けるため、治療はもぐりのロシア人医師によって行われる。オリヴィアはローワンの殺害を決意して…。
    43 分
  • オリヴィアはラッセルを監禁。ローワンとの電話で話していた「フォックス・テイル」の意味を吐かせようとする。そんな中、彼女は海軍の女性士官がホーリー提督に暴行された事件の処理を副大統領から依頼される。
    42 分
  • ローワンは大口献金者を装ってメリーに近づき、彼女とグラント大統領の弱みを握っていることを示し、あるリストを要求。また、極秘の大陪審が開かれることになり、ジェイクがB613について証言する。
    43 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ