タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

エージェント・カーター シーズン2

| 2016年 | アメリカ | 324円〜
ポイント
キャプテン・アメリカの恋人、ペギー・カーターの活躍を描くスパイアクションの第2章
見どころ
舞台がNYからロサンゼルスへと変わっても、ヒロインとタッグを組むのはハワード・スタークの執事ジャーヴィス!前シーズン最終話で姿を消したあの人との因縁にも注目。
ストーリー
シールドの前身であるSSR(戦略科学予備軍)で活動を続けるカーターは、支局からの応援要請でハリウッドへ飛ぶ。奇妙な事件の真相を追ううちに政府と関係する極秘施設を突き止めたカーターは、謎の物体「ゼロマター」を巡る壮大な陰謀に立ち向かっていく。
2018年3月2日 23:59まで配信
(C) 2017 MARVEL & ABC Studios

エピソード

  • 第二次世界大戦後、1947年のニューヨーク。SSRで活躍するペギー・カーターにロサンゼルス支局から応援依頼が舞い込む。夏に湖が凍り、そこから女性の遺体が発見されるという事件が発生したためだった。
    42 分
  • カーターたちは捜索令状を手にし、アイソダイン・エナジー研究所へ急行する。ところが、放射性物質漏えい事故が発生し、立ち入りを禁じられてしまう。そこで、カーターは同所で働くウィルクス博士に接触を試みた。
    42 分
  • カーターが未知の物体・ゼロマターの映像を見せたことで、ハワード・スタークの協力を得られることになった。彼女は独自の捜査で、ある女優がゼロマターを、ウィルクス博士から奪おうとしていた事実を突き止める。
    43 分
  • 女優のホイットニー・フロストと夫がゼロマターへの関与を隠してきたことを知ったカーターたちは、上流社交クラブの警備主任を誘拐し、情報を得る。そのクラブには9人評議会という集まりが存在していた。
    43 分
  • ホイットニーがアイソダイン計画での実験を再現しようとしていることを突き止めたカーターたち。実験の再現にはロクソン社製の原子爆弾が必要だと判明し、同爆弾を保有しているというある施設を見つけ出した。
    42 分
  • ホイットニーの夫、カルヴィン・チャドウィックは、上院議員出馬のため資金集めパーティーを開催。彼は9人評議会のメンバーがやって来ると、ホイットニーにゼロマターの可能性を説明させ、援助を得ようとする。
    43 分
  • ウィルクス博士の装置が完成した。装置の中に入った博士にホイットニーから採取したゼロマターを加えることによって、彼は自分の体を取り戻す。また、ドロシー・アンダーウッドが身に着けていた追跡装置が復活する。
    42 分
  • ジャーヴィスの妻・アナがホイットニーに撃たれて重傷を負う。彼は妻に「君に心配は掛けない。約束する」と、告げた自分を責めた。一方、ホイットニーはウィルクス博士を誘拐し、ゼロマターを一緒に操ろうとする。
    42 分
  • カーターとジャーヴィスがホイットニーに捕まる。また、ホイットニーはウィルクス博士がゼロマターの裂け目に吸い込まれた後、どうして無事に戻って来ることができたのか、その謎を解明しようとしていた。
    42 分
  • ウィルクス博士の体から抜け出たゼロマターが、完全にホイットニーの体に吸収された。彼女は再度ゼロマターの裂け目を作る研究に没頭。カーターはゼロマターのパワーを消滅するには、スタークの力が必要だと考え…。
    41 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ