タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ピアシェ~私のイタリアン~

| 2016年
見放題
これは料理で紡がれる絆と成長の物語。皆さまのご来店をお待ちしております!
見どころ
Nab_At/渡辺敦子による漫画をアニメ化。個性派ぞろいのイタリア料理店で働くことになった女子高生。彼女が様々な人との出会いと料理を通して成長していく。
ストーリー
様々な料理やドルチェが並ぶイタリア料理店トラットリア・フェスタ。そこでアルバイトする七瀬萌里菜は料理を学びながら、仕事に励んでいた。店長代理の小学生・北原マロや個性派揃いのスタッフと共にトラットリア・フェスタは、今日も客を迎え入れる…。
2018年3月31日 23:59まで配信
(C)Nab_At・渡辺敦子 / comico / トラットリア「フェスタ」常連一同

エピソード

  • キャッチーなシーンと簡潔な情報で、作品の世界観やテイストをぎゅぎゅっと凝縮している予告編。あなたの感性との合致度は何パーセント?「あれ?」「おー!」などと興味を持ってもらえたら予告編冥利に尽きます!
    1 分
  • 夏休み前、七瀬萌里菜はバイト募集の看板を見つける。雑木林の先にあったトラットリア「フェスタ」は、色とりどりのおいしい料理に甘いドルチェが並ぶイタリア料理店。だが、萌里菜はイタリアンを知らず…。
    4 分
  • 萌里菜は無事フェスタでバイトすることになる。分からないことだらけでも、基本から頑張ればきっと大丈夫と彼女はバイトに励む。そんな時、里菜がシェフの桐秀が作ったペンネ・アラビアータをこぼしてしまう。
    4 分
  • ある夜、萌里菜はトラットリア・フェスタでよく見掛ける男の人に、ほろ苦い甘さのティラミスをお薦めする。すると萌里菜は、その男の人に甘ーい言葉を掛けられる。実は彼は、店のドルチェ担当・折木衛で…。
    4 分
  • 突如、マロたちが掛け声と共に変なポーズを決める。彼らに乗り切れなかった萌里菜だけが置き去りにされるが、いつもと変わらないフェスタ。そこへ謎の老人と孫娘の着物少女が「いつものアレ」を食べにやって来る。
    4 分
  • マロたちは客の沙羅から「イタリアンはフレンチに比べて低俗」と言われ、ショックを受ける。特に桐秀から食の在り方を教わっていた萌里菜にとっては、それは悲しく傷つくもので、つい沙羅に対して怒ってしまう。
    4 分
  • 怒りにまかせてフェスタの壁を壊してしまった萌里菜は、フェスタを去る決心をする。辞めたくない思いと、いくつもの思い出を胸にフェスタを出た萌里菜に、マロは「フェスタや自分たちを思うなら辞めるな」と言い…。
    4 分
  • 学校の昼食時間。沙羅には栄養と彩りのバランスの取れた完璧な和風弁当が。その弁当をマロが見ていると、沙羅はそんなに気になるなら交換しましょうかと言い、マロのお手製イタリアン弁当と交換することになるが…。
    4 分
  • 「また来た」という瑠梨の言葉で、フェスタ内に緊張が走る。おじじ様が沙羅と謎の男を連れてフェスタに再来店し、沙羅のリクエストで萌里菜が作ることに。何を出せば良いか悩む萌里菜に、沙羅はある提案をする。
    4 分
  • おじじ様の一言で、萌里菜は祭礼で働くことになる。どっしりと構える祭礼の雰囲気に圧倒された彼女は、日本料理の美しさに感激する。祭礼にフェスタとの違いを感じた時、萌里菜の前をある香りが横切り…。
    4 分
  • 商店街のお祭りで、フェスタは屋台を出すことになる。普段と違う雰囲気に盛り上がるマロたちは、お祭り限定の料理に腕を振るう。そこに、萌里菜と一緒に謎のイケメンが登場し、マロの心が震え上がる。
    4 分
  • フェスタの定休日にみんなでピクニックに行くことに。衛が借りてきたレンタカーで、萌里菜の親友・李依や途中で見かけた沙羅とおじじ様も乗せて目的地に向かう。海に着いた桐秀たちは、食事の準備を始めるが…。
    4 分
  • イタリア帰りの衛が、トラットリア・フェスタで出会ったのは、マロと桐秀と瑠梨。店内は料理のおいしい香りがするのに、どこか寂しい香りも交じっていた。これは今より少しだけ彩りが足りない頃のフェスタの話で…。
    4 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ