タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

グレイズ・アナトミー シーズン12

| 2015年 | アメリカ | 324円〜
ポイント
通算250話を迎えた人気ドラマの第12シーズン。メレディスが新たな一歩を踏み出す!
見どころ
義妹アメリアとオーウェンの結婚式が行われる最終話は、すったもんだのドタバタが繰り広げられる注目のエピソード。渦中のメレディスにも新たな恋の予感が…。
ストーリー
夫デレクのいない寂しさを感じながらも、仕事と子育てに多忙な毎日を送っている外科医メレディス。妹マギー、義妹アメリアと共同生活を始めるが、生活スタイルの違いからイライラが募るばかり。一方、病院では新たな外科部長を決める理事会が開かれることに。
ここがポイント!
オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが第9話を監督。彼にとっては初めてのTVシリーズ監督作となった。
2018年4月4日 23:59まで配信
(C) 2016 ABC Studios

エピソード

  • 理事会で後任の外科部長を決めるプレゼンが行われる日、キャサリンの選んだ候補者であるトレイシーが病院に到着した。ベイリーはライバルがどんな人物かを見極めるために病院見学に同行することにした。
    43 分
  • 外科部長となったベイリーは初日に、下垂体腫瘍を患った女性・ジェイドを診察。するとベイリーは、帰ろうとするジェイドを引き止め、カリーやアメリアたちに、大至急、最優先で治療方針を立てろと指示を下す。
    42 分
  • 肝臓に腫瘍があるため、移植手術が望ましい男女の双子の新生児を担当したアレックスとアリゾナ。ドナーが2人必要だったが、両親のうち適合しているのは父親だけ。だが、2人目のドナーを捜す時間もなかった。
    43 分
  • 事故を起こしたバスに乗っていた高齢者たちが大勢、ERに搬送されてくる。オーウェンは、治療中に死亡した男性の遺族に訃報をうまく伝えられず、遺族を激怒させてしまったアイザックの様子を見て…。
    43 分
  • カリーは、メレディスの家で開かれたディナーパーティーに新恋人・ペニーを連れてきた。思わぬ形で彼女と再会したメレディスは、動揺を隠して彼女を自宅へ招き入れる。だが、ペニーはすぐに帰ろうとした。
    43 分
  • デレクが亡くなった時の担当医の1人・ペニーが、グレイ+スローン記念病院のレジデントとなった初日、メレディスが彼女の指導に就くことになった。メレディスは私情を捨て、務めを果たそうとするが…。
    43 分
  • 1年半移植を待っていた腎疾患患者・サイモンに適合する腎臓が見つかったとの連絡が入る。担当医のメレディスとジョー、そしてペニーは術前検査を行って、サイモンの頭部に悪性の腫瘍を見つる。
    43 分
  • 山火事で熱傷を負った大勢の消防士が搬送されてくる。アンドリューが助手となったマギーは肺が露出するほどの熱傷を負った男性を担当。また、メレディス、ペニー、ネイサンも消防士の治療に当たるが…。
    43 分
  • 玉突き事故が発生し、多数のけが人が担ぎ込まれてきた。頭を強打したルーという男性を担当したメレディスは、脳外科にコンサルを依頼する。だが、待っている間に、ルーが発作を起こしてしまう。
    43 分
  • 患者に襲われたメレディスは、ベイリーの命令でセラピーを受ける。一方、アレックスは軟骨腫瘍が胸骨などに転移した少女・マヤを担当し、安全策で治療に当たろうとする。だがマヤは、そんなアレックスに失望する。
    43 分
  • 花嫁姿のタチアナという女性が待つ教会へ駆け付けるジャクソン。その日よりも前、ジャクソンはエイプリルとの夫婦関係は続行不可能と悟り、弁護士立ち合いで彼女に離婚届にサインするよう要請していたのだ。
    43 分
  • メレディスがインターン初日にデレクとオペをした患者が来院する。検査をすると、巨大な動脈瘤があることが発覚。オペの担当になったアメリアは、どうにかして患者を救おうと大きなプレッシャーを感じる。
    43 分
  • シアトル郊外の陸軍病院に入院する男性は、左足と骨盤周辺を骨肉腫に侵されていた。カリーは、その患者の病変部を切除したのち、健康な方の足を体の中心に接合するという奇策を考え付いたのだが…。
    42 分
  • レジデントの配置がシャッフルされることになった。ジョーはメレディスの助手になるが、まともに指導されず、名前も間違われてうんざり。ペニーはアメリアの助手になり、頭蓋内出血のあった男性を担当する。
    41 分
  • エイプリルの妊娠をアリゾナから聞かされたジャクソンは、離婚前に分かっていたのに彼女が黙っていたことに激怒。メレディスは陸軍病院の腫瘍外科医・ソープと飲む約束をするが、直後に重大なオペに入る。
    43 分
  • メレディスは、ほぼ2回目のデートでソープを家に招き入れた。だが翌朝、いきなりソープを怒鳴りつけて家から追い出してしまう。マギーと、メレディス宅に泊まっていたアメリアは何が起きたのか、と心配する。
    43 分
  • 研修医を対象にした研究助成金の応募締め切りが迫ってきた。ステファニーはアメリアから確実に推薦を受けるために、彼女のオペに入り込む。ところが、助手にはペニーが指名されたため、対抗心を燃やす。
    42 分
  • 病院内で6歳の少年が行方不明となったため、コード・ピンクが発令される。その頃、ベンとアンドリューは交通事故に遭った妊婦を産婦人科へ移動させていたが、彼女の容体が急変。妊婦は激しい腹痛を訴え始める。
    41 分
  • ベイリーはベンの処分決定のため、メレディスらによる諮問委員会を招集し、彼の行動を検証させる。ベンはその医療行為についてやむを得なかったとし、目の前で開いたエレベーターのドアには気付かなかったと訴える。
    43 分
  • 8歳のブランドンが、友達に誤って銃で撃たれて担ぎ込まれる。2人でブランドンの母親の銃で遊んでいるうちに起きた事故で、アメリアらが治療を担当。一方、ベンは半年の謹慎処分のうちやっと1カ月が経過した。
    42 分
  • アリゾナとカリーは、ソフィアの監護権をめぐって法廷で争うことになり、同僚たちに証人になってくれるよう頼む必要に迫られる。また、アリゾナはエイプリルのエコー中に気になることに目を留めたのだが…。
    43 分
  • アリゾナとカリーの法廷闘争で、病院の同僚が証言台に立つ中、妊婦・ジェニーが転んで腹を切ったとして母親と共に再度来院してきた。羊水が漏れていたため、アリゾナの代理のルッソが子宮底を閉じる処置を施すが…。
    43 分
  • 新居を購入したオーウェンは、トレーラーを売却。メレディスは、引き取られるトレーラーを見て、気持ちをざわつかせる。さらにアメリアとオーウェンが同居、もしくは、結婚するという話がメレディスの耳に入る。
    42 分
  • オーウェンとアメリアの結婚式の日、シェパード家からは誰も式に参列せず、アメリアはバスルームに閉じこもる。オーウェンが説得し、教会へ移動するが、再び情緒不安定になったアメリアは式場から逃げ出す。
    43 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ