タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

二人の女の部屋

| 2013年 | 韓国
見放題
友人だった2人の女がある事件をきっかけに、愛と地位を巡って繰り広げる壮絶な復讐劇
見どころ
ドロドロの復讐劇で、前半は奪われる立場だったヒロインのギョンチェが、後半は反撃に出てヒスを追いつめていく姿が痛快。ヒスの徹底した悪女ぶりには驚かされる。
ストーリー
貧しい家のヒスは義父を過って死なせ、郊外の道路に遺棄する。ホテル副社長のギョンチェはその遺体をひいて、自分がはねたと思い込む。被害者の娘となったヒスは、人の好いギョンチェを利用して彼女の家に入り込み、やがて彼女の恋人や仕事を奪っていく。
2018年3月9日 23:59まで配信
©SBS
  • ホテルで契約社員として働いていたヒスは客とのトラブルが原因で解雇されてしまう。一方、モナリザホテル社長、ミン・ドンチョルの長女で副社長のギョンチェは、同ホテルの総支配人・ジソプとひそかに交際していた。
    36 分
  • ヒスは解雇の撤回をちらつかせるキム部長に誘われ、モナリザホテルでベッドを共にする。しかし解雇は撤回されず、打ちひしがれたヒスは家に帰る途中、走ってきたギョンチェとぶつかり、バッグを取り違えてしまう。
    36 分
  • 就職先にモナリザホテルを選んだヒスは、面接でキム部長との一件を非難され、衝撃で倒れそうになるが、ジソプが彼女を助ける。一方、レストランに就職するため帰国したスヒョクは、空港でギョンチェを待っていた。
    38 分
  • ギョンチェは自分の起こした交通事故の被害者・ギマンが即死したと聞かされ、ショックを受けて罪の意識にさいなまれる。一方、スヒョクは祖母・ヘグムのいるモナリザホテルのレストランに現れ、非常識な行動を取る。
    37 分
  • ギョンチェはギマンの葬儀に向かい、ヒスと母親のボクチャに謝罪し、自分が力になれることがあれば迷わずに連絡してと言いヒスに名刺を渡す。一方、ドンチョルはジソプが手際よく事故を処理したことを高く評価した。
    37 分
  • 母・オクソンからギョンチェは、遺族に「事故について一切口外しない」との念書を書かせるように言われる。しかし、困っているヒスとボクチャの姿を見て彼女たちを助けたいと思い、住む家を何とかすると申し出る。
    38 分
  • ヒスは借金取りたちに揉みくちゃにされ、転倒して頭にけがを負う。そんな中、父を失くし生活に困っているヒスたちを哀れに思ったギョンチェは、両親にヒスとボクチャを自宅の空いた部屋に住まわせたいと言う。
    37 分
  • ギョンチェがモナリザホテルのレストランのシェフに解雇を言い渡す。その姿を見たスヒョクは彼女に失望する。しかし、突然倒れたシェフを一緒に病院に運ぶことになり、スヒョクはギョンチェの優しさに気付く。
    38 分
  • スヒョクこそ自分が捜していたシェフであることを知ったギョンチェだが、相変わらず予測不能な彼の行動に戸惑う。ジソプは社長・ドンチョルの運転手をしている父・ビョングクの社長に対する卑屈な態度にいら立つ。
    39 分
  • スヒョクはギョンチェとジソプが内緒で交際していることを知り、すっきりしない。一方、ドンチョルがヒスからプレゼントされた化粧品を使う姿を見たオクソンは、腹を立てて化粧品を全部捨ててしまう。
    37 分
  • ジソプは自分の父親であるビョングクに冷たく対応する。そんな2人の姿をスヒョクが目撃する。一方、ギョンチェはホテルのフロントで、騒ぎを起こした客に冷静に対応するヒスの姿を見て感心する。
    38 分
  • ギョンチェとジソプの仲は次第に深まっていくが、2人の関係を知らないドンチョルは、娘には自分の選んだ相手と結婚してほしいと願っている。そして、ギョンチェに先延ばしにしていた見合いの席に出るよう強要する。
    36 分
  • ヒスは、前の職場の同僚・ジェハにモナリザホテルに勤務するいとこがいることを思い出す。そして、ジェハの機嫌を取って自分が就職希望者のブラックリストに入っているかどうかを確認しようとする。
    39 分
  • スヒョクは、自分がホテルに恋人を連れ込んでいるといううわさが広がっていることを知り、吹聴した犯人はジソプに違いないとにらむ。オクソンはウンチェに、ヒスが福祉施設に迎えに来たのか確認しようとするが…。
    37 分
  • ヒスは正社員としてモナリザホテルに特別採用されたが、彼女を快く思っていないオクソンは激怒してギョンチェとドンチョルに不満をぶつける。ヒスは一般採用された新入社員に交じって新入社員研修を受けるが…。
    38 分
  • ジソプは、ヒスが研修中に酔っ払った客に捕まって飲酒を強要されているところを目撃して助ける。そんなジソプの姿にヒスはますます引かれていく。同時に、ギョンチェに対して嫉妬心が芽生え始める。
    38 分
  • ジソプはビョングクから「ギョンチェは諦めろ」と言われる。しかし、納得できないジソプはヒスのいる前でギョンチェにプロポーズし、ギョンチェはヒスに「2人の愛の証人になってほしい」と頼む。
    38 分
  • 仲良く料理を作るスヒョクとギョンチェの姿を前に、ジソプは2人のことが気になって仕方がない。ギョンチェが料理をする時に外した指輪をなぜかスヒョクの机で見つけたジソプは、スヒョクに詰め寄るが…。
    38 分
  • ギョンチェは「付き合っている人がいる」とドンチョルに打ち明け、顔合わせの席を設ける。ビョングクはジソプに見合いの約束を取り付けたと言うが、彼は気が進まない。ヒスはジソプとビョングクが親子だと知り…。
    38 分
  • ギョンチェの言う、会わせたい人とはジソプのことだと知ったドンチョルは、ジソプに「ギョンチェは財閥のヨンイングループに嫁ぐから別れろ」と告げた。一方、ギョンチェはジソプから連絡が途絶えて苦しんでいた。
    38 分
  • ヒスはジソプとギョンチェがいる前で、ジソプと父親のビョングクの話をほのめかす。その後、ジソプに約束をすっぽかされ腹を立てたヒスは、ドンチョルに自分の運転手がジソプの父親だと知れるよう仕向ける。
    36 分
  • ジソプは自分の父がドンチョルの運転手・ビョングクであることが明らかになると、ギョンチェに別れを切り出す。しかしギョンチェは、結婚に反対する父・ドンチョルが認めてくれるまで結婚を保留しようと言う。
    38 分
  • スヒョクとギョンチェの親しげな姿を見たヘグムは、スヒョクに2人の関係を問いただす。そしてギョンチェの父・ドンチョルと、スヒョクの亡くなった父親の話を持ち出し、ギョンチェだけは絶対に駄目だと反対する。
    37 分
  • ギョンチェがリゾート開発用地の購入のため農家を訪れ、農家の主人が振り回した棒で頭を殴られて病院に運ばれる。一方ドンチョルは、ギョンチェに同行しなかったジソプが反社長派のオ理事と一緒にいる姿を目撃した。
    37 分
  • 今すぐ辞表を書いて出ていけとドンチョルはジソプに迫る。苦悩するジソプは気を失うまで酒を飲み、ギョンチェはそんな彼を介抱した。ヒスはドンチョルに、ジソプとギョンチェが一夜を共に過ごしたことを密告する。
    36 分
  • オ理事と手を握ったジソプはドンチョルの辞職勧告を拒否し、オ理事も拒否権を行使するとドンチョルに告げる。一方、ドンチョルの家にヒス親子を訪ねたジェシクは、ボクチャに意味深長な言葉を残して去った。
    37 分
  • ヒスはヘグムの泊まっている客室に忍び込み、彼女の正体を探ろうと物色する。オクソンは、ボクチャが店を明け渡す日にギョンチェが訪ねていた事実を突き止めた。一方、ジソプのミスで晩餐会の招待客が倒れてしまう。
    37 分
  • スヒョクは自分の無実を信じてくれないギョンチェの態度に傷ついた。ギョンチェへの嫉妬がエスカレートするヒスは、同乗した車内でギョンチェとジソプの仲むつまじい姿を見て車を飛び出してしまう。
    36 分
  • ギョンチェは監視カメラの映像を見てジソプとヒスがうそをついていることを確認し、戸惑いを隠せない。スヒョクを疑ったことを申し訳なく思ったギョンチェは彼に謝罪し、これで2人の間の確執は解消した。
    36 分
  • オ理事は、副社長を信任するか否か決議案を提出すると言いドンチョルとギョンチェに圧力を掛けた。スヒョクは自信なさそうなギョンチェを叱咤する。一方、ヒスはリゾート用地買収の件にヘグムが絡んでいるとにらむ。
    36 分
  • スヒョクはジソプとヒスの関係が怪しいことをギョンチェに伝えようとするが躊躇する。ジソプもギョンチェと親密になっていくスヒョクを警戒していた。一方、ヒスはヘグムとの取り引きに成功する。
    37 分
  • ジソプとヒスが同じ客室から出てくるところを目撃したスヒョクは、ジソプに2人の関係を問い詰め、「ギョンチェを悲しませるな」と殴ってしまう。ドンチョルの信頼を得たヒスは、新人から一気に支配人に抜擢される。
    37 分
  • 友人のヒスを疑い自己嫌悪に陥っているギョンチェにスヒョクは、友達であっても真実を直視すべきだと助言する。ギョンチェの起こした交通事故を調べていたオクソンは、監視カメラにヒスの顔が写っていることを知る。
    37 分
  • ギョンチェはジソプと彼の両親に挨拶に向かうが、家の前まで来た時、ジソプにヒスから電話が入り、ジソプはその場から立ち去る。一方、ギョンチェは実家の家政婦だったチャンスクがジソプの母親だという事実を知る。
    36 分
  • ヒスの行動に腹を立てていたギョンチェは我慢できず、家を出て行けとヒスに言ってしまう。オクソンはジェシクに現金入りの封筒を渡し、ヒスがギマンを殺して交通事故に見せかけて遺体を捨てた証拠がほしいと迫る。
    38 分
  • ヘグムはドンチョルが裏金工作をしている事実を掴み、裏金を記載した帳簿を入手すべくドンチョルの家に住むヒスに帳簿を探すよう求めた。一方、ヒスの妊娠がうそだったことが分かり、ジソプはヒスに別れを告げる。
    36 分
  • 自分を相手にしないヒスに怒ったジェシクは、オクソンにギマン殺害の証拠写真を渡し、ヒスにも同じ写真を送る。不安が募るヒスはボクチャに、ギマンは交通事故で死んだのではなく自分が殺害したのだと告白した。
    36 分
  • ドンチョルの家で火事が発生し、炎の中で倒れたオクソンが病院に運ばれる。家には誰もいないはずで、証拠写真だけを燃やせたと思っていたヒスは、オクソンが集中治療室に入ったと聞いて激しく動揺する。
    37 分
  • オクソンの意識が一時戻ったという話を聞いて、動揺を隠せないヒス。ギョンチェの頼みでオクソンの病室を訪れたヒスは、意識のないオクソンに「お願い、このまま目を開けないで」と語り掛ける。
    37 分
  • オクソンは意識を取り戻さないまま死亡した。放火の可能性を疑うギョンチェは、再捜査を消防署に依頼する。ヒスはヘグムに、手に入れたドンチョルの裏帳簿を渡す代わりに平倉洞にあるドンチョルの家を要求した。
    36 分
  • 犯行を自白するよう詰め寄るギョンチェに対し、ヒスは逆上して怒鳴り散らす。ギョンチェはヒスの本当の姿を見て衝撃を受ける。一方、ジソプはオ理事からドンチョルの秘密帳簿を受け取り、検察に告発した。
    37 分
  • モナリザホテルの理事会で、ギョンチェの副社長解任が採決された。会社を追い出されたギョンチェはヒスへの復讐を誓う。一方、ドンチョルの面会に訪れたヘグムは、自分はチン・ミョンソプの母だと名乗る。
    37 分
  • 新しく副社長の座に就いたのはヒスだった。ギョンチェはスヒョクの助けもあり、モナリザホテルの厨房で働くことになる。ジソプはギョンチェと交際していることがオ理事の怒りを買い、総支配人に戻れないでいた。
    37 分
  • ヒスとジソプが同じベッドにいるのを目撃し、ショックを受けるギョンチェ。泥酔するまで酒を飲み、心配して迎えに来たスヒョクの家で朝まで眠った。それを知ったジソプは、これ幸いとギョンチェに別れを告げた。
    37 分
  • ヒスはヘグムに、ギョンチェをホテルから追い出すことを条件に、ジソプを総支配人に復帰させてほしいと頼む。さらに、ギョンチェに見せ付けるように、ジソプの両親を呼び出した上でジソプとの結婚を宣言する。
    36 分
  • 意識が戻ったドンチョルは記憶を全て失っていた。ドンチョルとウンチェを連れて家に戻ったギョンチェは、家の所有権がヒスに移っていることを知り驚愕する。一方、ギョンチェの力になりたいスヒョクは悩んでいた。
    37 分
  • ヒスとジソプの両家が顔合わせの席を設けた。ヒスの顔を見たピルソプは、以前ウンチェが迷子になった時に出くわした女だと気付く。どうも怪しいと訴えるが、チャンスクもジソプもピルソプの言葉に聞く耳を持たない。
    37 分
  • 父親代わりにヒスと入場してきたのはドンチョルだった。驚いたギョンチェはドンチョルを外に連れ出し、会場がざわめく。ヒスはマイクを手に事情を巧みに説明して招待客たちの同情を買い、ギョンチェを悪者にする。
    36 分
  • ヒスはギョンチェを解雇し、よそのホテルでも働けないようブラックリスト入りさせた。ギョンチェは酒場の厨房で働き始め、彼女が解雇になったことを知ったスヒョクはその撤回を訴えるが、ヒスは聞き入れない。
    37 分
  • モナリザホテルを辞めたスヒョクはギョンチェとパスタ店を経営する準備を始める。一方、ヒスは自分とギョンチェを比較するビョングクとチャンスクの会話を聞き、ギョンチェより自分を低く評価する発言に憤る。
    37 分
  • ドンチョルと酒席を共にしたボクチャは酔い潰れたドンチョルを連れて帰宅し、彼と並んで寝ているところをヒスとビョングク、チャンスクに見られてしまう。一方、ギョンチェとスヒョクのパスタ店が開店する。
    36 分
  • ヘグムはギョンチェに、スヒョクとはどんな関係なのかと問いただし、ギョンチェはスヒョクのことが好きだと答える。一方、スヒョクとギョンチェの店の評判がいいことが気に食わないヒスは、店に現れて大暴れする。
    36 分
  • 酒に酔ってギョンチェの名前を叫ぶジソプ。怒ったヒスはジソプに水を浴びせ掛け、正気に戻ったジソプは土下座して謝る。この光景を見たチャンスクはヒスに激怒し、2人の間の溝はさらに深まっていく。
    36 分
  • ギョンチェはスヒョクのプロポーズを断った。パスタ店で開かれる合コンにスヒョクは参加するが、現れたのはヒスが手配した女性だった。一方、ジソプはスヒョクたちのパスタ店を閉店に追い込むべく行動に出る。
    37 分
  • ジソプとヒスの夫婦仲を心配したチャンスクは、占い師から渡されたお札やお守りを2人の部屋のあちこちに忍ばせる。これを見つけたヒスは驚き、「何でこんなものがあるの」とジソプと口論になる。
    36 分
  • ジソプはヒスに、ギョンチェに呼び出されたとうそをつき、それを聞いたスヒョクとギョンチェは呆れ返る。一方、ようやく結婚を決心したスヒョクとギョンチェは、ドンチョルとウンチェに報告する。
    36 分
  • ヘグムは挨拶に訪れたギョンチェに、今すぐ出て行けと怒鳴りつける。一方、ルビーニ社の幹部・モニカがギョンチェの元ルームメイトだと知ったヒスは、ギョンチェにルビーニ出店の仲介を頼むが断られる。
    36 分
  • ドンチョルを守るためにスヒョクの両親が命を落とした聞かされたギョンチェは、スヒョクとの別れを決意する。ドンチョルとスヒョクの両親の因縁を知ったヒスは、記憶を失ったドンチョルにそのことを伝える。
    35 分
  • ギョンチェはアーケード総括責任者としてモナリザホテルに復職を果たした。ジソプは再び接近するが、ギョンチェは冷たい態度で接する。ついに始まったギョンチェの反撃に、ヒスは恐れおののく。
    37 分
  • ボクチャは「チャンスクが妊娠したようだ」とヒスに話す。ギョンチェは交通事故の前にヒスと会っていたことを思い出し、ヒスを問い詰める。一方、ギョンチェの冷たい態度に耐えられないジソプはやけ酒を飲む。
    36 分
  • ヒスはギョンチェとホテルの職員たちを家に招待する。ピルソプはウンチェから聞いた話をジソプにする。この家で火事が起きた時、ヒスが家から出てくるのを見たと言う。ギョンチェもまた、火災の件を探っていた。
    36 分
  • ギョンチェは偽物バッグの件はヒスの仕業だとにらむが、ヒスはギョンチェの責任にして、ホテルから出ていけと言う。またヒスはヘグムに会い、ギョンチェの追い出しに成功したら、ホテルの社長の座をくれと請う。
    36 分
  • 店の品物を偽のバッグに差し替えるよう指示したことがばれ、ヒスは窮地に追い込まれる。しかし、自分がやったと言うのならその証拠を持ってこいと言い放つ。一方、モナリザホテルの新社長にスヒョクが就任した。
    36 分
  • 新社長・スヒョクは偽物バッグ事件でギョンチェに対し、物的証拠が提示できなければ解雇すると告げ、彼女を困惑させる。一方、ヒスとの結婚生活に嫌気が差したジソプは、かつての恋人・ギョンチェに会いに行く。
    36 分
  • ジソプに離婚を切り出され激怒したヒスは、ギョンチェが生きている限り絶対に離婚しないと叫ぶ。一方、バッグの件でヒスが犯人である証拠を探すギョンチェは、犯行現場の映像を入手し、ヒスに突き付ける。
    37 分
  • ギョンチェの家に転がり込んだジソプをヒスが連れ戻そうとするが、彼はこれを拒む。一方、ギョンチェは例の交通事故を担当した刑事に会い、交通事故を装った犯人はヒスに付きまとっているジェシクという男だと聞く。
    36 分
  • ジソプとヒスが別居中だとのうわさを聞いたヒスは、家を出ていったビョングクら3人に家に戻ってくるよう頼む。一方、ギョンチェはヒスの犯行の証拠が入ったウンチェのぬいぐるみを取り戻そうとする。
    36 分
  • ぬいぐるみを見つけることはできなかったギョンチェだが、ジェシクが現在服役中で間もなく出所することを知る。一方、スヒョクはヘグムに、25年前の事故の犯人がドンチョルだという証拠でもあるのかと尋ねた。
    36 分
  • ギョンチェは出所したジェシクに会い、ヒスに気をつけろと警告する。またジソプには、ジェシクがヒスを訪ねた一件も告げる。ジソプは、離婚を避けるためにも子供を産みたいとヒスが言っていると聞き、心が安らぐ。
    36 分
  • ドンチョルにベルボーイをさせるスヒョクに怒りをぶつけるギョンチェは、スヒョクの弁明に一切聞く耳を持たない。一方、ジェシクがヒスを訪ね、そこでの2人の会話を聞いたギョンチェは、ヒスの犯行を確信する。
    36 分
  • ジェシクは証拠写真をヒスに見せ、これを消去する代わりに30億ウォンをよこせと要求。ヒスは、ヘグムに家を担保にして資金を融通してほしいと頼み込む。一方、ピルソプはジェシクとヒスとの関係を疑い始めていた。
    36 分
  • ヘグムはスヒョクに、ヒスが家を担保に大金を借りたことを話し、ヒスが会社の金を横領しないか目を光らせろと命じた。一方、チャンスクはヒスの男性関係を疑って問い詰め、揉めごとに発展する。
    36 分
  • 証拠の写真が入った携帯電話をギョンチェとヒスが奪い合うが、携帯電話が粉々に砕けてしまう。一方、ジェシクは受け取った小切手を現金化しようとするが、小切手はヒスが盗難届を出していたため逮捕されてしまう。
    36 分
  • 社内報にギョンチェの書いた小説が掲載され、主人公はヒスではないかとのうわさが流れる。ヒスはこれの廃棄を指示するが、スヒョクは拒否。一方、スヒョクがドンチョルにベルボーイをさせた真意をギョンチェは知る。
    36 分
  • ヒスが犯罪を犯したと言うギョンチェの言葉が信じられないビョングクだが、スピード違反取り締まりのカメラに写ったヒスを見て衝撃を受ける。 ビョングクは、ヒスが家を担保に大金を借りたと知り、行動を起こす。
    36 分
  • ウンチェを怒鳴りつけているところをビョングクに見られてたヒスは、何とか自分を良く見せようとするが、ビョングクはジソプにヒスとの離婚を勧めた。一方、ギョンチェは理事会でルビーニとの契約書を公開する。
    36 分
  • 自分の悪事を夫の家族に知らされて激怒したヒスは、ギョンチェの家に殴り込み、準備してあったオクソンの法事の膳を台無しにする。妻に代わって謝罪するジソプに、ギョンチェは副社長解任案に賛成してくれと頼む。
    36 分
  • スヒョクはヒスの解雇に反対するヘグムに対し、副社長の解任は絶対に撤回しないと告げる。一方、ドンチョルが殺人犯だという記事をヒスが社内報に掲載したため、ギョンチェ親子は社員の流すうわさに苦しめられる。
    36 分
  • ギョンチェはヘグムがスヒョクの祖母だと知りショックを受ける。スヒョクは、25年前の事故当日の業務日誌をドンチョルに見せて自分の筆跡かを確認させ、事故当日の足取りを確かめるべく彼を事故の現場に連れ出す。
    36 分
  • ドンチョルは25年前のことを思い出すと同時に意識を失って倒れる。スヒョクはヘグムに、ドンチョルは事故発生時刻に現場にいなかったと言うが、ヘグムは聞く耳を持たない。一方、ジソプは離婚を決意するが…。
    35 分
  • ヘグムは「これ以上このポストに居続けるのは無理だ」とヒスに副社長の座を退くことを勧める。これに対しヒスは「裏切り者」と叫んで逆にヘグムを脅迫し、ショックで発作を起こしたヘグムの薬を奪って立ち去る。
    35 分
  • ビョングクはチャンスクにヒスの正体を明らかにするが、チャンスクはなかなか信じようとしない。そんな中、ヒスはオ理事を説得し、邪魔者になったスヒョクを社長の座から引きずり下ろそうとするが…。
    36 分
  • ギョンチェとスヒョクは、ヒスが裏金を懐に入れていることを明らかにするため、リゾート開発事業の施工業者を他社に交代する。これを知ったヒスはオ理事を脅し、何が何でもスヒョクを社長から退かせるよう動く。
    35 分
  • ジソプはヒスに理事会の中止を申し出るが、スヒョクを解任してホテルから追い出したいヒスは承知しない。しかし理事会を前に、危篤だと思っていたヘグムが突然姿を現したため、仰天したヒスは理事会を中止する。
    36 分
  • ヒスが妊娠しているのか気になって仕方がないチャンスクは、本人を呼び出して問いただすが、彼女は何も答えずにその場を立ち去る。ヒスは、ギョンチェが探し出したというぬいぐるみのことが頭から離れない。
    36 分
  • 不安が募るヒスは、USBを見つけて証拠を隠滅するためギョンチェの携帯を盗もうとまで考える。一方、ギョンチェはデータの復旧を頼んだ電算管理室の職員から、「ヒスがUSBの存在を知っている」と聞かされ驚く。
    35 分
  • ジソプはギョンチェに、ヒスと和解してほしいと頼み、ヒスは自分が何とか説得してみると言う。一方、ビョングクはドンチョルを訪ね、ヒスが妊娠していることを告げ、どうか一度だけヒスを許してほしいと頭を下げる。
    37 分
  • 交通事故で意識不明のギョンチェとヒスは病院に運ばれる。先に意識を取り戻したヒスは、ギョンチェの持っていたUSBメモリーを処分する。一方ギョンチェは、ヒスがわざと交通事故を起こしたのかと疑問を抱く。
    36 分
  • ヒスは記者を使って、ヘグムが悪徳金融業者だという悪意ある記事を拡散する。一方、生まれてくる孫を思って手放しで喜んでいるチャンスクの姿を見て、ボクチャはうそがばれやしないか不安を募らせていた。
    36 分
  • ヒスはジソプに、ヘグムがモナリザホテルの大株主で、父親のビョングクがヘグムの下で働いていたことを明かす。ギョンチェからヒスは妊娠していないと聞いたジソプは、真実を知るためヒスを病院に誘う。
    36 分
  • 臨時株主総会を開いたヒスは、ヘグムが違法な高利貸し業で財を築き、その金をホテルに投資して孫のスヒョクを社長に就任させるなど、権力を乱用したと非難。そしてスヒョクの社長解任を投票で決定すると発表した。
    36 分
  • ギョンチェとスヒョクはヒスの放火の罪を明らかにし、焼死したオクソンの無念を晴らそうと決意。ヒスが自白するよう仕向ける方法を考える。一方、ヒスは3日後にスヒョクの解任投票を行うとギョンチェに伝えた。
    36 分
  • スヒョクは理事たちを前に、チャンスが与えられれば父親が果たせなかったことを実現したいと演説し、解任の危機を乗り越えた。ギョンチェはウンチェがヒスに誘拐されたことを知り、警察に証拠を渡すべきか躊躇する。
    36 分
  • ヒスの反対を押し切りウンチェをギョンチェの元に返したボクチャは、警察でウン・ギマン殺人事件の犯人は自分だと虚偽の自白をする。ウンチェ拉致事件の件で警察に呼び出されたヒスは、居合わせたウンチェを脅す。
    36 分
  • ヒスに脅されたウンチェは、恐ろしくて自分がヒスに連れ去られたと警察に話すことができない。一方、ギョンチェも犯人はヒスだと分かっているにもかかわらず、それを証明することができずにいた。
    36 分
  • 突然ギョンチェは母親が死亡した放火事件の解明を諦めると宣言。ヒスはジソプにギョンチェの本音を探ってほしいと頼む。一方、法廷で証言することが可能か調べるため、ギョンチェはウンチェを病院に連れていく。
    36 分
  • チャンスクは産婦人科の診療を避けるヒスを見て、本当に妊娠しているのかボクチャに尋ねる。ヒスは賄賂を受け取っていたチョン常務から、「ギョンチェに会う」と脅迫とも受け取れる言葉を掛けられ不安を募らせる。
    37 分
  • 発作を起こしたウンチェは意識を失って入院してしまい、結局裁判に出られなくなる。ホッと胸を撫でおろすヒスだったが、彼女はさらにこれを利用し、ギョンチェを虚偽告訴と名誉毀損で訴えることを考える。
    36 分
  • ギョンチェはチャンスクに、ヒスが妊婦に見せかけるために使っていた、お腹に入れる詰め物を見せた。一方、ヘグムは「お金はいくら使っても構わないからチョン常務を捜し出せ」とドンチョルに言う。
    36 分
  • モナリザホテルは大騒ぎになっていた。女性従業員たちはギョンチェの公開謝罪と処分を要求する投書を社長に提出し、抗議活動を展開。ヒスはこれに便乗し、ギョンチェを責め立ててホテルから追い出そうとする。
    36 分
  • チョン常務の登場に困惑したヒスは会社の顧問弁護士を訪ねるが、ヒスのこれまで犯した罪を知る弁護士から逆に脅迫される。一方、ヘグムはスヒョクに、ヒスが解任されれば副社長にはギョンチェを復帰させようと言う。
    36 分
  • 副社長解任にショックを受けたヒスは精神錯乱で入院する。一方、副社長代行に就任したギョンチェは、副社長室にあるべきはずの帳簿類と重要書類が無くなっていることに気付き、犯人に違いないヒスの元へ向かう。
    36 分
  • ヒスはライバル会社・グレイスホテルの社長と会い、モナリザホテルの事業計画とそれに関連する秘密資料を渡し、条件を提示する。一方、ピルソプとウンチェの2人は結婚の許しを得ようとギョンチェの家に向かう。
    36 分
  • 麗水リゾートの完成を迎えるモナリザホテルだが、完成イベントの日にリゾートで火事が発生。ヒスはマスコミにリゾートの火災情報を流し、ニュースで報道されたホテルはイメージに大きな打撃を受ける。
    36 分
  • ギョンチェはジソプに、ウンチェが録音した音声を聞かせた。ヒスが麗水リゾートへの放火を指示しているのがはっきりと聞こえる。一方、病室から逃亡したヒスは、ジソプに会ってこれを弁解しようとするが…。
    36 分
  • 医師とギョンチェの会話を盗み聞きしたヒスは、再び精神錯乱の発作を起こす。ヒスの弁護を引き受けたチャン弁護士は刑の執行停止を裁判所に申請。また、ヘグムはヒスとチャン弁護士が会話している姿を目撃し…。
    36 分
  • ヒスの錯乱は演技で、精神状態は正常であることがギョンチェにばれる。ヒスは逃亡し、ギョンチェは懸命に彼女を探す。ヒスは極度の不安から睡眠薬を大量に服用し、病院に搬送されるが一命は取り留めた。
    38 分
  • スヒョクとギョンチェはチャン弁護士に、「ヒスが譲渡を約束した土地はモナリザホテルの事業用地であり、絶対にあなたの物になることはない」と告げ、今からでも全てを明らかにすべきだとチャンを説得する。
    37 分
  • ギョンチェが警察にヒスの再収監を要請し、再収監決定の知らせを聞いたヒスはボクチャに泣きつく。ボクチャは「一度だけ見逃してほしい」と懇願するがギョンチェは拒否。ヒスは自ら命を絶とうと薬を飲むが…。
    36 分
  • ギョンチェはジソプに、放火事件が起こった時刻、ヒスがホテルにいなかったことを裁判で証言してほしいと頼むが、ジソプはこれを拒む。一方、家も含めて全てを失ったヒスは、ギョンチェへ復讐の炎を燃やし始める。
    37 分
  • ギョンチェはヒスが帳簿を渡したライバルホテルの社長に会い、帳簿を返してほしいとお願いする。一方、ジソプはドンチョルから「ヒスがホテル事業関連の情報をライバルホテルに渡した」と聞かされパニックになる。
    36 分
  • ヒスが姿を消したと知らされるギョンチェ。逃亡したヒスはギョンチェの命を狙い、事務所の机の上の水に毒を入れる。その水を、ヒスの行方を捜してギョンチェを訪ねたボクチャが何も知らずに飲んでしまう。
    36 分
  • 自分が盛った毒で母が倒れたことを知ったヒスは再び警察署に連行され、意識を回復したボクチャはギョンチェを娘だと錯覚する。一方、ヒスは拘置所に収監される前に、母に会わせてほしいと懇願するが…。
    36 分
  • ジソプは自分のマンションに逃げてきたヒスに自首するよう説得するが、ヒスは拘置所には戻れないと拒否する。ギョンチェに居場所を気付かれたと思ったヒスは、逃走資金を用意してくれとジソプに頼む。
    37 分
  • ヒスに手術を受けるようボクチャは必死に訴えるが、自身の妊娠を強く信じているヒスは「妊娠している私が手術を受ければ赤ん坊の命が危ない」と拒む。一方、ジソプは母親から見合いをしろと迫られていた。
    36 分
  • 拘置所に収監されたヒスは逃げ出す方法ばかり考えていた。ジソプはヒスと離婚する意志を固め、両親のビョングクとチャンスクに伝える。一方、放火事件の裁判が始まり、ウンチェが証人として証言するが…。
    35 分
  • ボクチャはジェシクに面会し、ヒスが置かれた現状を話す。そして「ヒスはもうすぐ離婚する予定で、拘置所を出たらあなたと暮らすつもりだ」とうそをつき、裁判で証言はしないでほしいと頼み込む。
    37 分
  • 枕元にオクソンの幻影が何度も現れ恐怖に震えるヒスは、法廷で自らの罪を全て認めた。無期懲役が言い渡されたヒスは刑務所で急激に体調が悪化。病院に運ばれるが、医師が頭を抱えるほどの状態だった。
    36 分
  • 面会に来たギョンチェはヒスに、生き方を後悔しているかと問いかける。ヒスは自分の思いを語り、静かに息を引き取った。その後、スヒョクとギョンチェは結婚し、ギョンチェとドンチョルはホテルに復帰した。
    37 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ