タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

スーツ シーズン5

| 2015年 | アメリカ | 324円
ポイント
敏腕弁護士と天才的な記憶力を持つ青年が繰り広げるサクセスストーリー第5シーズン
見どころ
苦楽を共にしてきたドナがハーヴィーの元を去り、今シーズンはさらなる騒動が勃発。また、今まで経歴詐称疑惑を何とか切り抜けてきたマイクに最大のピンチが訪れる。
ストーリー
レイチェルにプロポーズをし、幸せな日々を送るマイク。一方ハーヴィーは、10年以上も秘書として尽くしてくれたドナがライバルであるルイスの秘書になること知り、彼の婚約を素直に喜べない。秘書不在の間、レイチェルが仕事を手伝うことになるのだが…。
2018年2月13日 23:59まで配信
(C)2016 Open 4 Business Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

エピソード

  • マイクがついにレイチェルにプロポーズをした。2人は婚約のことを職場にはしばらく内緒にしておくことにする。マイクはハーヴィーには伝えたが、彼はドナからルイスの秘書になると告げられてショックを受けていた。
    43 分
  • 元同僚のジミーから集団訴訟の案件を預かったマイクは、ひどい扱いを受けた原告団の1人であるエマに会って同情する。しかし、費用が掛かり過ぎるとジェシカに却下されたため、ほかの方法を探る。
    42 分
  • マイクはケルトン保険の集団訴訟の案件をレイチェルの父・ロバートと進めることになった。ジェシカは仕方なくこれを承諾し、マイクを対等に扱うようロバートに要求するが、マイクは部下扱いされてしまう。
    43 分
  • 事務所にルイスの妹・エスターが訪れ、離婚条件で夫と揉めている案件をハーヴィーに頼みたいと言う。引き受けたハーヴィーはエスターのキャリアを長年支えた夫の主張に、ドナの献身的な仕事ぶりや思いを重ねる。
    43 分
  • ある案件で因縁のトラヴィス・タナーと再会したハーヴィー。タナーは改心したと言い好条件で和解を提案するが、ハーヴィーは信じず攻撃を仕掛ける。マイクはアリッサと会い、タナーを解雇するよう勧めたが…。
    43 分
  • マイクとルイスは、マッカーノン・モーターズの代表・ドミニクから友人の会社、レンジテックを2週間以内に買収したいと相談される。しかし、ルイスは相手をよく調べるべきだと渋ってドミニクの不興を買う。
    41 分
  • ジャックから一緒に案件をやろうと持ち掛けられたマイクは断るが、ジャックの行動を探りたいジェシカの命令で渋々承諾した。客に訴えられたエスターは再びハーヴィーに弁護を依頼するが、ルイスに頼めと言われる。
    43 分
  • ジュニアパートナーへの推薦を断るようジェシカから言われていたマイクだが、昇進を認められ初仕事をもらう。しかし、相手弁護士がマイクの学歴詐称を知っているクレアだったため、レイチェルにこれを託す。
    43 分
  • ルイスが考えを改めたこともあり、ハーヴィーの停職処分は投票により回避される。その席上で、ジャックは「ハードマンが大口のクライアントとの契約を手土産に事務所に復帰したがっている」と告げた。
    43 分
  • かつての悪友・トレヴァーと再会したマイクは、両親を亡くした時のことを思い出して教会へ行く。子供の頃から世話になっていた神父に会い、秘密を打ち明け助言を求めるが、罪を後悔していないとマイクは説教される。
    44 分
  • 逮捕されたマイクは連邦検事補に尋問された。レイチェルがマイクの弁護を父・ロバートに頼んだため、ついにロバートに秘密がばれてしまう。ロバートはハーヴィーを検察に売り渡すことを勧めるがマイクは断る。
    45 分
  • ギブスはドナの父・ジェームズを捕らえてドナにハーヴィーを売らせようとする。ジェームズは無実を訴え、ハーヴィーもドナに問題はないと話す。ギブスはまた、ジェシカの事務所に対して全書類の開示を求めた。
    43 分
  • ハーヴィーとマイクは検事補・ギブスに証拠開示を要求する。裁判を2週間後に控え、事務所には検察から膨大な量の証拠書類が届いた。マイクたちは検察の狙いを探るべく、片っ端から書類に目を通す。
    42 分
  • 詐欺容疑の公判が近づき、マイクは自分で弁護をすると主張。事務所内で演習の模擬裁判を行い、その結果次第で弁護人を決めることとなり、「ハーバード大学に行った」との明確な証言が必要だと痛感する。
    43 分
  • マイクは法廷で弁護人として自らを弁護し、彼に恩義があるグロリアが証言台に立つ。しかし、ギブスの正論を聞いたマイクは最終弁論で、自分が才能を無駄にし、詐欺師であることを認めて改心すると誓った。
    43 分
  • マイクは陪審員の評決を待たず、ギブスとの取引で自分が2年服役する代わりにジェシカやハーヴィーが免責になる道を選ぶ。しかし、これを受け入れられないハーヴィーは陪審長を探し出し、評決の結果を聞く。
    46 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ