タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

鳴かない鳥

| 2015年 | 韓国
見放題
悪女に幸せを奪われたヒロインが壮絶なリベンジに挑む復讐劇
見どころ
「福寿草」の脚本家、ヨ・ジョンミが描くリベンジバトルは、手に汗握る展開の連続。義理の父娘が手を組んで共通の敵に立ち向かうという復讐スタイルが新しい。
ストーリー
父を亡くし、母・スヨンと暮らすハニは、妻に見捨てられ、自殺しようとしていたナムギュと出会う。これがきっかけでナムギュとスヨンは再婚し、ハニやナムギュの娘・ユミと共に仲良く暮らしていた。そんなある日、ナムギュの元妻・ミジャが突然現れる。
2019年10月31日 23:59まで配信
(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
  • 100億ウォンの保険金目当てに妻を殺した容疑で逮捕されたナムギュ。「一体なぜお父さんが」とパトカーの後を追うハニ。7年前、会社が倒産の危機に追い込まれ、妻のミジャに裏切られたナムギュだったが…。
    58 分
  • ミジャは大金を手にフィリピンへ逃亡。その頃、夫のナムギュは絶望の中、自ら命を絶とうと山へ向かっていた。その時、父と最後の別れを済ませて下山中だったハニは、崖で足を滑らせるがナムギュに助けられる。
    40 分
  • 全財産を失い2人の子供を連れて帰国したミジャは、成功を遂げたナムギュを再び取り戻す決意を固めた。子供たちを食堂に残し、質屋に立ち寄ったミジャを見掛けたダリョンは彼女を捕まえて監禁する。
    38 分
  • 因縁のダリョンに捕まったミジャは、50億ウォンを2カ月以内に返す約束をさせられる。そこでミジャは弟のスチャンに手助けを依頼。スチャンはナムギュへの罪悪感を抱きながらも会社の金を横領してしまう。
    41 分
  • ナムギュの家の向かいに引っ越してきたミジャは、思い出の詰まった蒸し餅を手にナムギュの家を訪ねる。一方、ミジャが越してきたことに気付いたユミは叔父のスチャンを問いただすが、スチャンは知らないふりをする。
    37 分
  • 実母のミジャと7年ぶりに再会したユミは、その場にいたハニに悟られないよう他人のふりをし、自分の貯金を全てミジャに差し出し、ここから引っ越すよう懇願した。ユミは体調を崩すが、ハニら家族の愛に支えられる。
    38 分
  • 悩みを誰にも打ち明けられず苦しむユミに何かおいしい物を食べさせようと、ハニは料理教室へ通うことにした。同じくソンスも体調を崩している母親に手料理を食べさせるため、料理を習うことを決める。
    38 分
  • ハニの家を訪れたミジャは幸せそうな暮らしぶりを目の当たりにし、嫉妬心からスヨンとナムギュの写真が印刷されたカップをわざと割った。それを知ったユミはミジャに対し、全てを父親に話して縁を切ると宣言する。
    41 分
  • ユミを助けようとしたミジャがバイクにはねられてしまった。ユミは自分のせいだと罪悪感にさいなまれるが、この事故もミジャのたくらみだった。入院中のミジャに代わってハニの家族がミンジの世話をする。
    37 分
  • ミジャが入院中、ミンジの面倒を見るハニ一家だったが、ミンギが同級生とけんか沙汰を起こしてしまう。警察署にミンギを引き取りに行った叔父のスチャンは、姉と自分の悲しい幼少時代について話し始める。
    39 分
  • ソンスは重要な証拠が入ったUSBメモリーを受け取るためハニの会社を訪れた。2人が一緒にいる姿を見掛け、内心気が気でないテヒョン。一方、誰にも心を開こうとしないミンギに心を痛めるユミはミジャを責める。
    38 分
  • ハニの家族と決別する決心をしたユミは、態度を一変させ家族に冷たく当たる。一方、ひき逃げ犯を捜すために奔走するハニは、協力してくれたソンスに実の父親が事故で亡くなったことを打ち明ける。
    36 分
  • ミンジを送り届けたナムギュは、家で待ち構えていたミジャと7年ぶりに再会する。ナムギュはあまりの衝撃に言葉をなくし、離れた子供たちへの自責の念に苦しむ。そんな夫の姿にスヨンは心を痛めた。
    39 分
  • ミジャはナムギュに、子供たちには父親として接してくれと頼む。今まで父親のいない生活をさせてしまった子供たちを思い心を痛めるナムギュ。ミンギが通う学校に会いに行くが、拒絶されてしまう。
    41 分
  • スヨンはナムギュに「別れた子供たちを捜そう」と言うが、真実を打ち明けられないナムギュはさらに胸を痛めた。一方、事故の目撃者が現れたと聞いたミジャは、ハニが目撃者に会えないよう手を回す。
    35 分
  • 再びハニと会う約束をした目撃者の前にミジャが現れた。「娘の心を取り戻したくて命懸けでバイクに飛び込んだ」と涙ながらに訴えるミジャに心を打たれた目撃者は、事実を胸にしまっておくことを決める。
    40 分
  • ミジャを呼び出したナムギュは、子供たちは自分が引き取り、真実を妻のスヨンやハニに話すと告げる。スヨンはナムギュの前妻と子供たちが見つかったことを知り、夫の思い悩む姿を見て心を痛めた。
    39 分
  • ナムギュとユミは、ミンジに自分たちが本当の家族だと告げ、ミジャも心の平穏を取り戻す。一方、ナムギュから真実を告げられず不安を抱えるスヨンは、ユミに「ナムギュから実母の消息を聞いているか」、と尋ねる。
    39 分
  • ミジャたちと食事をしている店でスヨンたちと鉢合わせたナムギュは何とかその場を切り抜けるが、スヨンはユミとナムギュの態度に不信感を抱く。ハニはそんな両親の仲を修復しようと一計を案じるが…。
    37 分
  • ナムギュとミジャの関係を疑うスヨンはホテルへ向かい、そこで自分の誤解だったと知るが気持ちは晴れない。一方、気持ちの整理をするようにと迫るユミに対し、ナムギュは「ミジャと復縁するつもりはない」と告げる。
    37 分
  • ナムギュはスヨンにミジャが前妻だと打ち明け、何があっても今の家族を守り通すと宣言した。今までのナムギュとユミの不審な行動の謎が解け、スヨンはナムギュのために子供たちを育てる決心をする。
    41 分
  • ダリョンはミジャを精神病院に隔離し、彼女の携帯からユミに「旅行に行く」とメールする。そして、スヨンが何もかも知っていることをミジャに告げる。スヨンはミンギ、ミンジ、ユミのことを気遣い…。
    36 分
  • ミジャはダリョンに、手下になる代わりに子供と引き離さないでくれと懇願。これに対しダリョンは、今日中にナムギュとミン・ハギョンそしてスヨンの3人と保険の契約を取ってくるようにとの条件を出す。
    42 分
  • ミジャに振り回されることに嫌気が差したスヨンは、ついに離婚を切り出した。家を出て会社で一夜を明かしたナムギュの前に姿を見せたミジャは、「スヨンによって精神病院に入れられていた」と言う。
    39 分
  • ダリョンへの返済の期日が迫り、ミジャはナムギュにすがった。しかし、ナムギュとスヨンに冷たくあしらわれ、復讐を決意する。そんな中、ミジャはフィリピンで自身の全財産をだまし取った詐欺師と偶然に再会する。
    39 分
  • 結婚記念日の旅行に出掛けたナムギュとスヨンは幸せな時間を過ごす。ユミからその旅行の情報を聞いたミジャは、子供たちを連れて同じ場所に行く。50億ウォンの返済期限が迫る中、ミジャは復讐を企てていた。
    39 分
  • ハニはテヒョンのプロポーズを受け入れる。2人を祝福しつつもユミの気持ちは複雑だった。翌日、両親が事故に遭ったと聞いたハニたちが病院に駆け付けるとナムギュは意識不明で、その後、スヨンが遺体で発見された。
    36 分
  • 警察の取り調べを受けるナムギュは事故の衝撃で一時的な記憶喪失となっており、重要な部分の証言があいまいなため殺人犯として疑われる。亡くなったスヨンがハニの母親だと知ったソンスは、スヨンの葬儀に参列する。
    41 分
  • ハニは父の前妻がミジャだと知る。そんな中、裁判でナムギュは無実を主張するが、検察側からの証拠により計画的な殺人の疑いは深まるばかりだった。そして、証人台に立ったミジャの証言によりますます苦境に陥る。
    38 分
  • 会社のイメージが落ちたため、株主たちはハニに責任を追及した。ハニは窮地に追い込まれるが、そんな中、中国へ送るはずだった商品が手違いによりキャンセルされ、彼女にさらなるピンチが迫る。
    40 分
  • スチャンを人質にとって脅迫するダリョンに対し、ミジャはスヨン化粧品を手に入れる野望を告白する。ダリョンは返済できない場合にスチャンと子供たちをその代償とすることで、ミジャに2カ月の猶予を与えた。
    40 分
  • 横領に使われた架空口座の名義人を捜し出したハニは、横領された資金がミジャの元に渡っていたことを突き止める。ミジャは「子供たちを思う父親の愛情から起こしたナムギュの犯行だ」とうそぶく。
    41 分
  • スヨン化粧品を手に入れるための準備を着々と進めるミジャ。テヒョンを社長にする計画をミジャから持ち掛けられたハギョンは心が揺れる。ミジャはハニに反感を抱いているチェ理事にも接近し、味方にしようとする。
    42 分
  • ハギョンに叱責されたハニは、テヒョンとの結婚を白紙に戻すと宣言する。ユミはミジャの指示どおりテヒョンにハギョンの行動を告げ口する。一方、ナムギュは断片的な記憶ながら、ミジャが疑わしいと思い行動に出る。
    42 分
  • ハニは指輪をなくし、またもハギョンを失望させた。ユミは今までの控えめな態度を一変させ、積極的にテヒョンに接する。そんな中、ユミがハニからミジャをかばったことで、仲が良かった姉妹の関係も悪化し始める。
    39 分
  • ユミから告白され戸惑うテヒョンだったが、「自分が愛しているのはハニだけだ」ときっぱりと告げる。2人のやり取りをたまたま聞いてしまったハニは、ユミがテヒョンに片思いしていたことを知って驚く。
    40 分
  • ハニに渡るはずの委任状がミジャの策略によってユミに渡る。ハニとテヒョンはナムギュがスヨン化粧品の株の持ち分をユミに委任したと誤解する。株主総会での協力を要請したハニに対し、ユミは不敵な笑みをこぼす。
    40 分
  • ひき逃げ事故を仕組んだのが実の母・ミジャだと知ったユミ。離れてしまった娘の気持ちを取り戻したい一心だったと話すミジャだが、ユミは信じようとしない。そして、母に失望したユミは姿を消してしまう。
    41 分
  • テヒョンを株主総会へ向かわせないため、ユミはテヒョンの車の前に飛び出し命懸けで阻止する。結局テヒョンは株主総会へ行けず、ミジャの計略どおりスヨン化粧品の代表にハギョンが選任される。
    41 分
  • 今まで起こった会社の危機がチェ理事とミジャの仕業だったことを知ったハニ。さらに、ハギョンの社長就任式では檀上のテヒョンの隣にユミが座る光景を目の当たりにし、大きなショックを受ける。
    42 分
  • いよいよナムギュの第3回公判が始まった。一同は無罪を願うが、その願いは新たな証拠品によって打ち砕かれる。ナムギュの指紋の付いた犯行道具が提出されたが、これもやはりミジャの仕業だった。
    38 分
  • ナムギュは死刑宣告を受けるが面会に来たミジャに、必ず正体を暴いてみせると言い放つ。ユミとテヒョンを結婚させる計画が進まずいら立つミジャは、誠意を見せるようハギョンに迫り、彼女を追い込む。
    40 分
  • テヒョンの暴走に不安を感じたハギョンは、テヒョンとの結婚までに少し時間がほしいとユミに打ち明けた。一方、ナムギュの事件に納得がいかないソンスはナムギュと面談して無罪を確信し、控訴の準備を始める。
    37 分
  • ユミの自殺未遂によりハニとテヒョンの結婚式は中止となるが、「待っていてくれ」と言うテヒョンをハニは信じる。一方、テヒョンはユミとの結婚を条件に母・ハギョンが社長の座を手に入れたと知り仰天する。
    40 分
  • ナムギュがスヨンに贈ったブローチと同じ物をハギョンが持っていることを知ったハニとソンス。焦るミジャはスティーブに逃亡を指示する。ハギョンはスヨンの死にミジャとスティーブが関係していることを直感した。
    36 分
  • ブローチの一件でナムギュの事件にミジャが関与していることを確信したハギョンは、テヒョンとユミの結婚を白紙に戻すとミジャに告げた。危機を感じたミジャは何とか控訴審を阻止しようと策を練る。
    33 分
  • ミジャがニッパーを購入した証拠を掴んだハニとソンス。ナムギュが祖母のために事前に用意した誕生日プレゼントを見たハニは、ナムギュへの不信感が消え、改めてミジャが真犯人であると確信する。
    38 分
  • ミジャが事件に関与していたことを知ったスチャンは、真実を話すためにハニの元へと向かう。しかし、後を追ってきたミジャに「子供たちが手から離れたら自首するから待ってほしい」と泣きつかれ、思いとどまる。
    37 分
  • ミジャは控訴を止めるためにハニの祖母を拉致した。祖母と連絡が取れず不安になるハニは必死で捜すが手掛かりが掴めない。不幸が続いても1人でそれに立ち向かっていくハニに、ソンスは気持ちを打ち明けた。
    40 分
  • ハニの祖母をかばって事故に遭ったスチャンは、脳に大きな損傷を受け病院に運ばれる。一方、スチャンの事故現場と祖母の居場所が同じ場所だと知ったハニは、やはり祖母の失踪にミジャが関与していると確信する。
    39 分
  • ハニの祖母を連れ去ったミジャはナムギュに、義理の母を返してほしければ自分と復縁し控訴審でスヨンを殺したのは自分だと自白するよう迫る。控訴審で無罪判決を受けるだけの証拠は揃っていたナムギュは苦悩する。
    38 分
  • 控訴審で犯行を自白して世間を驚かせたナムギュ。その自白にショックを受けたハニは気を失ってしまう。ミジャは自分を脅かしていたナムギュとソンスを一気に始末することに成功。ナムギュは獄中で苦しんでいた。
    36 分
  • ナムギュは面会に来た謎の男から力になりたいと持ち掛けられ、不審に思いながらも「ここから出たい」と切実な願いを告げる。謎の男は、何でも犠牲にする覚悟ができたら再度会いに来ると約束して去った。
    36 分
  • これ以上ミジャの思いどおりにさせないために脱獄を決心したナムギュは謎の男・カン会長に、助けてくれたら要望に応えると約束。カン会長はある薬を差し出し、死の危険を伴うため選択はナムギュ次第だと告げる。
    36 分
  • 脱獄を決意したナムギュは万一に備えて遺書を残し、計画どおり謎の薬を服用した。ナムギュが死亡状態となったことで刑務所は騒然となる。その後、ナムギュは病院への搬送中にカン会長の部下に救出される。
    33 分
  • ユミとテヒョンの結婚式当日にナムギュの訃報を聞き、ミジャたちは衝撃を受ける。一方、カン会長の計画どおりナムギュは脱獄に成功した。ナムギュの葬儀にマスコミが殺到する中、ミジャはしおらしく涙を見せる。
    36 分
  • 脱獄に成功したナムギュは自分の出棺を見届けるボクレとハニを遠目に見ながら、ミジャへの復讐を誓う。一方、ソンスがナムギュの葬儀で問題を起こしたことにショックを受けたヘウォンが病院に搬送される。
    40 分
  • カン会長は初恋の女性を死に追いやったナムギュを殺すつもりでいたが、ナムギュが犯人ではないと知る。ユミは結婚後も心を開いてくれないテヒョンに胸を痛め、ハニを会社から追い出すこともできず煩悶の中にいた。
    38 分
  • 告訴されたソンスを救うか会社に残るかの選択を迫られたハニだが、今まで力になってくれたソンスを無視できず退職願を提出する。そのやり取りをユミに盗み聞きされたことを知ったハニは、ユミに絶交を言い渡す。
    37 分
  • ハニとソンスは互いの気持ちを確認した後、それぞれ別の道に進むことになった。ハニの退職を悲しむテヒョンはハギョンに海外赴任を願い出る。ユミを無視するテヒョンの態度に激怒したミジャはある行動を起こす。
    37 分
  • 「ミジャに立ち向かうべく自分も悪魔になる」と決心したハニの反撃が始まる。ミジャの社長就任後、初の新製品はユミのアイデアとされていたが、実はユミが自分のアイデアを盗用するようハニが仕組んだわなだった。
    34 分
  • ユミがアイデアを盗用したことで会社での立場が危うくなったユミとミジャ。和解を求めてハニを訪ねたミジャだが、住居侵入で通報される。さらにハニは追い打ちを掛けるべく、臨時株主総会の招集を宣言する。
    32 分
  • アンプルのアイデア盗用の疑惑で会社の信用を凋落させたミジャとユミ。ハニといつわりカン会長宅に潜り込んだユミだったが、タイフーンビューティー側を説得できない。そんな彼女をミジャはきつく叱責する。
    33 分
  • ついにカン・テプン会長と面会したミジャはナムギュの生き写しとも言える外見に激しい衝撃を受けるが、テプンは正体がばれないよう巧妙に演技をする。テプンは契約条件を提示する中、暗にハニを会社に戻すよう迫る。
    33 分
  • テプンにミジャランコスメとタイフーンビューティーの合併を持ち掛けるミジャ。テプンはミジャの行動を見透かしていたように、さらなるわなを仕掛ける。一方、テヒョンが帰国したためハギョンとユミは喜ぶが…。
    36 分
  • タイフーンビューティーと合併する話が進み浮かれていたミジャだが、次々と揺さぶりをかけてくるテプンに対して危機感を覚える。しかし、合併話が功を奏し、ハニに傾いていた株主の支持を取り戻すことに成功した。
    36 分
  • ミジャはタイフーンビューティーとの合併を無効にし、会社を存続させる代わりにアイデア盗用の件は譲歩してくれと頼む。ハニはこれをきっぱりと拒否し、ユミとミジャに謝罪会見を開くよう要求した。
    33 分
  • テプンはハニとユミに、フランスで発売したファタールが失敗した原因と改善策の提出を求めた。テヒョンはハニが会社を取り戻すまで韓国に残ることを決めるが、ユミは再びテヒョンの気持ちが離れることを恐れていた。
    31 分
  • 偶然にも7年前と全く同じ状況でテプンに出会ったハニは事態を理解できない。テプンは疑いを強めるミジャを警察へ連れて行き、指紋鑑定やDNA鑑定を受けることで自分がナムギュではないと証明する。
    34 分
  • ミジャはテプンから「私の女にならないか」と告白されて喜ぶ。しかし、これもミジャを撹乱させるためのテプンの策略だった。それを聞いたハニは、テプンにミジャの醜い本性を伝える必要があると面会を求める。
    35 分
  • ハギョンの家に招待されたテプンは、ミジャに目もくれずハギョンに言い寄り、自分に気があると思っていたミジャは屈辱を味わう。ハニはミジャの不正について集めた資料をテプンに見せるために現れるが…。
    34 分
  • ソンスと久しぶりに酒を飲みながら語り合い、心の安らぎを覚えたハニ。しかし、期限が迫るカン会長からのテストに対しては、答えが分かったと言うユミとは対照的に、まだ自分の回答に確信が持てないでいた。
    33 分
  • ミジャの策略によって解雇された社員を工場に戻ってもらうようハニは説得して回る。テプンから与えられた課題の答えを見つけられないでいたハニだが、ある社員の家を訪れた時にそのヒントを得ることができた。
    35 分
  • ハニはソンスの手助けによって無事に発表時間に間に合った。ファタールの失敗原因はハニもユミも水にあると発表するが、解決方法の違いで意見が分かれ、会場の誰もがハニの意見に優位性を感じていた。
    33 分
  • ミンジが行方不明となり、ボクレを疑うミジャは餃子店に向かうが、駆け付けたハニとソンスと言い争った末、1年前にボクレを拉致したことを喋ってしまう。ミジャはその場しのぎの言い訳をするが…。
    32 分
  • テプンはミジャの目の前でハニに電話をかけ、プレゼンテーションに勝ったことを告げることでミジャに屈辱感を与えた。さらに、50億ウォンを3日以内に返済するようミジャに追い打ちを掛ける。
    34 分
  • 合併調査のためミジャランコスメにいたソンスは、ミジャの不正の証拠をハニに渡す。ハニはミジャを失脚させられる確信を得た。やがて、タイフーンとミジャラン合併の是非を判断するための調査結果報告会が開かれる。
    32 分
  • ハニが提示した資料により窮地に立たされたミジャは、あらゆる手を尽くすが全てがうまくいかず気持ちが焦るばかり。一方、ミジャを会社から追い出すことに成功したハニは、次期社長の座をテヒョンにオファーする。
    36 分
  • 会社の資金を横領していたことでミジャの資産は仮差し押さえ処分となり、ミジャとユミはハニに怒りをぶつける。そんな中、ハニが開発したしわ改善アンプルが大ヒットし、ハニはテヒョンや同僚から祝福を受ける。
    31 分
  • 社長の座を追われたミジャはパク議員に接近。党代表選挙でライバルとなるチェ議員がわなを仕掛けるが、ミジャは難なく解決してみせた。パク議員が心を許してくれたため、ミジャは思いどおりに操れるとほくそ笑む。
    34 分
  • テプンは以前スヨンに渡そうとしたブローチを取り戻すことに成功する。ボクレを拉致し施設に連れてきたのもスティーブだと判明したことから、テプンとソンスはスヨンを殺害した実行犯がスティーブだと確信した。
    34 分
  • ミジャの魔の手に翻弄されたパク議員はテプンの警告にも耳を貸さず、テプンに背いて党の代表選挙を辞退する。一方、テプンはスティーブが韓国に入国したとの情報を得たが、いまだに所在を掴めずにいた。
    35 分
  • ミジャとハニの登場により崩壊寸前のパク一家だが、ミジャはパク議員にソウル市長への立候補を勧め、計画どおりに事が進むよう側近を交代させた。一方、ハニとソンスはダリョンを呼び出し、事件の真相を追及する。
    33 分
  • スティーブ発見の一報を受けたソンスは潜伏先に急行し、スティーブを追い詰めるが逆襲に遭って負傷してしまう。一方、ダリョンの協力で500人の署名を集めたミジャは、パク議員から絶大な信頼を得る。
    32 分
  • 再びミジャの前に現れたスティーブは逃亡資金として500万ドルを要求。焦ったミジャはユミの株を担保に資金を用意する。テプンは、ハニの仕事を忙しくさせることで事件の捜査をできないようにしようとする。
    35 分
  • ついにテプンは自分がナムギュであることをハニに告げ、事件にこれ以上深入りするなと告げる。テプンに捕らえられたスティーブは命乞いをするが、テプンの怒りは収まらない。そこでスティーブはある提案をする。
    37 分
  • パク候補のトークショーの最中、ハニとソンスはミジャに車のトランクを開けさせるが、スティーブを発見できない。トークショーの終了後、エレベーターが故障し、パク候補は居合わせた学生と共に閉じ込められる。
    32 分
  • スティーブの殺害はミジャの犯行だと確信するハニたちだが、パク議員は車を運転していたのは自分だとうその証言をしてミジャをかばう。父親のそんな態度にいら立ちながら、ソンスは父親に真相を明かすと宣言する。
    33 分
  • スティーブ殺害の証拠となる監視カメラの映像が何者かによって消去されていた。また、ハニはユミも監視カメラの映像を捜しに来ていたことを知り、ミジャがユミを使って映像を消したのではないかと疑う。
    32 分
  • テプンは自分の正体を明かしてミジャを殺害しようとするが、寸前でハニに制止される。一方、8年前のHグローバルとの関係をパク議員に詰問するソンスは、明確な回答を避ける父親の態度に失望する。
    34 分
  • テプンは自ら警察署に乗り込んで自分の正体がオ・ナムギュであることを告白した。一方、自宅を担保に入れて借金をしたことが発覚し家を追い出されたユミは行く当てを失い、ボクレの店にたどり着く。
    35 分
  • ソンスはナムギュの弁護に前向きだが、ナムギュはミジャの魔手からソンスとハニを守るため担当弁護士を変えることにする。担当を離れたソンスは、ヤン秘書から手に入れた手帳を元にハニと2人で調査を進める。
    31 分
  • ナムギュがスティーブを車ではねて殺した映像が何者かによってメディアに流出。その映像を見たボクレはショックを受けて倒れてしまう。一方、ミジャへの疑惑を強めるパク議員は彼女と距離を置こうとするが…。
    32 分
  • ハニとソンスは、スパイウエアを入れたUSBメモリーを通じてミジャのパソコンにあるデータを盗み出すことに成功する。一方、ミジャの子供たちはボクレの店を訪ね、しばらく一緒に暮らしたいと願い出る。
    33 分
  • ミジャはテレビのトークショーに出演し、生放送中にパク候補に愛の告白をして世間の注目を集める。また、ナムギュがタイフーングループの力を使って罰を逃れようとしていると発言し、世論とマスコミを味方に付ける。
    31 分
  • ソンスはミジャからハニを守るため婚姻届を出した。ハニを思う気持ちにソンヒも検事として事件の真相を知るべきだと悟る。一方、パク議員は息子の行動に怒りを覚えるが、それに拍車をかける言葉をミジャは口にする。
    37 分
  • 実父の死にパク議員が関係していたこと、さらにそれをソンスが隠していたことでショックを受けるハニ。失意の中、ナムギュがスティーブを殺害した映像が捏造であることを証明する記者会見を開くが…。
    33 分
  • ソンスはミジャに自白させるため、決死の覚悟で強硬手段に出る。ソンスの挑発に乗って思わず自白するミジャだが、ドライブレコーダーの存在に気付き愕然とする。2人は車内でもみ合いになり、車ごと崖下へ転落した。
    33 分
  • ドライブレコーダーのデータが車内にないことを知ったミジャはソンスが持っていると確信し、ユミにソンス殺害を指示する。ユミはソンスの病室で点滴に薬物を混入させようとするが、失敗した上に流産してしまう。
    31 分
  • テレビ中継された公開討論会の席上で自分の罪を暴露されたミジャ。警察に逮捕され万事休すかと思われたが、ミジャは「子供に会いたい」と警官に哀願し、一瞬の隙を突いて子供を車に乗せ逃走してしまう。
    36 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ