タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

帰ってきたファン・グムボク

| 2015年 | 韓国 | 324円
ポイント 1話無料
かけがえのない愛と、母親の失踪事件に隠された真実を求めて奮闘する女性を描いた物語
見どころ
姿を消した家族、親友とのいさかい、親世代から続く確執や愛憎などが絡みあい、怒涛のラブロマンスが繰り広げられる。過酷な運命に立ち向かう健気な姿から目が離せない。
ストーリー
高校生・グムボクは、イェリョンとイヌ、その母親たちと一緒に一軒家で暮らしていた。ある日、母親のウンシルが突然行方知れずになる。さらにイェリョンとその母・リヒャンも姿を消した。その背後には、ウンシルと昔恋仲だった男と、その妻の影があった。
2018年6月14日 23:59まで配信
(C) SBS

エピソード

  • 無料 
    女子高生のグムボクとイェリョン、男子高生のイヌは、揃って母親がシングルマザー。一軒家をシェアし、助け合って暮らしていた。ある夜、目覚めたイェリョンは、グムボクの姿が見えないので気になり外に捜しに出る。
    34 分
  • テジュンは、初恋の人・ウンシルを訪ね、ゴミ出しのルールを守らない住民に罵倒される彼女の手を取り連れ出す。一方、テジュンの様子を怪しみ、後を付けてきた妻のミヨンは、2人の姿にショックを受ける。
    34 分
  • グムボク、イェリョン、イヌの3人は大学に合格した。ところが、入学金を用意できないイェリョンは、グムボクの金に手を付けてしまう。テジュンとウンシルの会話を盗み聞きしたミヨンはショックを受けて…。
    34 分
  • 3年後、大学生となったイェリョンは不良グループとのけんかで相手にけがを負わせる。グムボクの誕生日を祝っていると、警察が押し掛けグムボクとイェリョンを連行。グムボクは留置されてしまった。
    34 分
  • けがを負った不良が意識を取り戻し、殴ったのはイェリョンだと証言し、グムボクは釈放され、イェリョンが逮捕される。ムンヒョクは、2人が不良グループにリンチされている動画を入手し、グムボクを呼び出した。
    34 分
  • 証拠となる動画を録画した携帯電話が故障したと言うムンヒョク。グムボクは警察に行くのを怖がっていると誤解する。だが、ムンヒョクが警察に証言し、携帯のデータも本当に復元中だと知り、グムボクは謝罪する。
    34 分
  • リヒャンは、ミヨンの提案を受け入れることにした。彼女から受け取った金で被害者と示談し、イェリョンは釈放される。イヌは3家族が集まった席で、大学を出たらグムボクと結婚したいと言って指輪を渡すが…。
    34 分
  • リヒャンは夫が日本にいて、イェリョンの示談金も彼に用意してもらったとうそをつく。また、日本に旅行に行くから一緒に行こうとウンシルを誘う。イヌの母・マルジャは、ウンシルの家族だけを誘ったことに立腹する。
    34 分
  • ウンシル、リヒャン一家は日本に到着した。すると、ミヨンの元恋人であるギョンスがリヒャンの夫役を演じて迎えにくる。ウンシル親子や娘の前で演技をしなければならないリヒャンは困惑するばかりだった。
    34 分
  • リヒャンはウンシルに、このまま韓国に戻らず日本で生活をしようと持ち掛ける。リヒャンは、金ならあると言うが、ウンシルはどうしても同意できなかった。計画が進まないことに業を煮やしたミヨンはリヒャンを脅す。
    34 分
  • ウンシルの乗ったタクシーはリヒャンとミヨンの目の前で山道から崖下に転落して炎上。リヒャンを連れて現場から逃走したミヨンは、リヒャンとイェリョンに、韓国に戻れと指示する。グムボクはニュースで事故を知る。
    35 分
  • ウンシルの目撃者を訪ねるグムボク。車を運転中にグムボクの姿を見掛けたミヨンは、ウンシルと勘違いして気を失ってしまう。一方、大学を卒業後、検事になっていたイヌは、連絡の取れないグムボクを心配する。
    33 分
  • 事故後すぐに渡米し、ミヨンから手に入れた金で裕福に暮らしていたリヒャンとイェリョンが、事業に失敗して9年ぶりに帰国。一方グムボクは、入国者リストにペク・リヒャンの名前があったという連絡を受け…。
    34 分
  • グムボクはイヌと一緒に、リヒャンが空港から乗ったタクシーの運転手を捜す。ムンヒョクは、ミヨンを病院まで連れていった人に礼をするため、残された連絡先に電話をする。一方、ミヨンは久々にリヒャンに会う。
    34 分
  • 探偵事務所から追加費用を要求されたグムボクは、病院に運んだ女性の息子が、謝礼を払いたいと言っていたのを思い出し、会うことにした。グムボクはTSグループ本社にやって来るが、イヌから連絡が入り…。
    33 分
  • 日本から、事故現場でウンシルのものと思われる遺骨が発見されたという連絡が入る。生存を信じるグムボクは、DNA鑑定を依頼。リヒャンは、自分との会話を録音したデータをテジュンに送るとミヨンを脅す。
    33 分
  • イヌは、イェリョンがジェシカ・ペクと改名して、入国したことを確認。リヒャンはミヨンと姑のワン女史に出くわし、自分をミヨンの親友だと紹介する。一方、グムボクは遺骨の鑑定結果が出たという連絡を受ける。
    34 分
  • 遺骨がウンシルのものではないことが判明し、安心するグムボク。一方、リヒャンをすっかり気に入ったワン女史に、ミヨンは気が気ではない。また、イェリョンは自分の素性を誰かが探っていることに気付く。
    35 分
  • プレゼン中のイェリョンは、突然登場したグムボクの姿を見て激しく動揺し、プレゼンは失敗する。警備員に部屋を追い出され、抗議するグムボクは、自分だけではどうにもならないと悟り、電話でイヌを呼び出す。
    33 分
  • イェリョンは、車に向かって突進してくるグムボクを無視して、車を発進させた。また彼女は、家に帰ると、リヒャンにチラシを見せて怒りだす。グムボクは、なぜ彼女が自分を見て逃げたのか理由が分からなかった。
    34 分
  • 目を付けた工場の買収代金をミヨンに出させることにしたリヒャン。彼女は、秘密保持に違反したら買収資金の10倍の違約金を払うという念書にサインし、工場の買収契約を結んでしまうのだが…。
    34 分
  • リヒャンはスーパーでマルジャに見つかってしまう。彼女は「隠れていたのは後ろめたいことがあるからだ」とマルジャに問い詰められて、慌てて逃げ出していく。また、テジュンの携帯電話には非通知の電話が入る。
    34 分
  • イェリョンは会社のロビーでグムボクとムンヒョクが会っているのを見て驚く。ムンヒョクは、自分のことを覚えていないのかとグムボクに尋ねる。ようやく気付き、喜ぶグムボクはムンヒョクに抱き付いた。
    34 分
  • 娘・テラが担当するアウトドア売場への助言がほしくてワン女史は、リヒャンに連絡。すると、リヒャンは手料理が食べたいと言いワン女史の家に押し掛けた。ミヨンはリヒャンのおしゃべりに夢中になる姑を見て…。
    34 分
  • グムボクを襲うヤミ金業者を殴るムンヒョク。ミヨンはグムボクに、「若いのにヤミ金なんて」と説教をし、もうグムボクに近づくなと警告する。イェリョンもミヨンに、グムボクについて良くないことを吹き込んだ。
    34 分
  • グムボクの借金を肩代わりすることにしたムンヒョク。とはいえ、グムボクのプライドを傷つけないため、1カ月以内の返済を求めた。グムボクは借金返済のため、TSリゾートの客室清掃員として働き始める。
    34 分
  • ワン女史だけにはとどまらず、テジュンにまで接近して自分を脅かすリヒャンに、ミヨンは怒り心頭。「工場を倒産させてやる」と脅してみると、リヒャンはミヨンの声を録音したメモリーチップを突きつけた。
    34 分
  • テスが話した件についてイヌ、マルジャ、グムボクは、リヒャンとイェリョンを問い詰める。借金のことも父親のことも明らかにおかしいのに、うそではないと突っぱねるイェリョンに、グムボクは不信感を募らせる。
    34 分
  • イェリョンを部屋の外へ追い出すムンヒョク。廊下に誰もいないことを確認すると、ずぶ濡れになったグムボクにワイシャツを着せて部屋から出す。ところが、その一部始終を隠し撮りしている人物がいて…。
    34 分
  • みんながグムボクとムンヒョクの関係を疑っている中で、テジュンまで登場し、グムボクは窮地に追い込まれる。だが、イェリョンがテジュンに、掃除をして浴槽に落ち、ムンヒョクが服を貸しただけだと説明する。
    34 分
  • ソウルに戻ったイェリョンと会い、リゾートでの件について彼女に感謝するミヨン。後日グムボクに会い、ムンヒョクとのことで彼女を叱る。どんな教育を受けたんだと母を侮辱されたグムボクは、ミヨンに謝罪を迫る。
    34 分
  • 会長室にバイク便が届く。中には事故当時と別の髪型をしたウンシルの写真が入っていた。慌ててテジュンを訪ねたミヨンは、すでにひと騒動起きた後だというペ理事の言葉に、リヒャンが秘密を洩らしたのではと焦る。
    35 分
  • ウンシルを捜すチラシを貼ってくれとグムボクから頼まれるイェリョンだが、そのチラシを燃やしてしまう。一方、イェリョンがリヒャンの娘と知らないミヨンは、イェリョンをムンヒョクの嫁にと考え自宅に招くが…。
    34 分
  • イェリョンはムンヒョクとグムボクの仲を邪魔しようと考え、ムンヒョクの部屋から出てくるグムボクの写真をイヌに送りつけ、TSリゾートで清掃員として働いている事実をばらす。このためイヌは衝撃を受ける。
    35 分
  • 大切な人に突然姿を消される悲しみを知るグムボクは、何としても行方不明の客を見つけようと奮闘する。「あとは警察に任せよう」と言うムンヒョクに、グムボクは母・ウンシルの事故の話を打ち明けた。
    35 分
  • ムンヒョクの話を聞いたイヌは、もうこれ以上待っていられないとグムボクに結婚を迫る。一方、行方不明のリゾート客を探し出し、巨額の契約まで成立させたグムボクに、テジュンはTS本社に就職しないかと誘う。
    34 分
  • ミヨンとイェリョンはテジュンとムンヒョク、グムボクの会食に同席する。お前の命の恩人だとグムボクを紹介するテジュンの前で良妻を演じるしかないミヨン。バイク便に扮してテジュンに写真を届けたのはテスだった。
    34 分
  • グムボクが辞表を出したと聞いて笑顔でTS本社に出勤するイェリョンだが、そこで清掃員として働くグムボクと会う。一方、マルジャがミヨンに殴られたと聞いたイヌはTS本社にムンヒョクを訪ね、激しく抗議する。
    34 分
  • 原料の生地に汚れが見つかり、グムボクが洗剤をこぼすのを見たとイェリョンが証言。グムボクは、自分がこぼしたのは炭酸ソーダで、防水が売りの生地では問題だと指摘。調査の結果、イェリョンが責められてしまう。
    34 分
  • 駐車場で接触事故を起こしたリヒャンは、弁償すると言う相手の紳士に見覚えがあった。彼の正体はギョンスだった。一方、服の交換に店を訪れたウンシルは、1人で遊んでいるイヌの幼い従妹・ピョンガンと会う。
    35 分
  • グムボクとムンヒョクが一緒にいる姿を見て誤解したイヌ。グムボクは彼に、ムンヒョクに話があると言う。イヌを先に帰し、「ウンシルを探すために自分を利用してくれ」とムンヒョクに言われ、グムボクは動揺する。
    35 分
  • ムンヒョクが帰宅すると、イェリョンが女房気取りで家事をしている。彼は仕方なくミヨン、ワン女史と食事をする。イェリョンは「うちで家政婦をしている暇があるなら仕事をしろ」とムンヒョクに言われ、泣いて帰る。
    35 分
  • グムボクがイェリョンの下で清掃員として働いているのが耐えられないイヌは、彼女にこの仕事だけは辞めてくれと頼む。一方、イヌを酒に誘ったイェリョンは、ムンヒョクを手に入れるために力を貸してほしいと頼む。
    34 分
  • ムンヒョクとグムボクを引き離したいワン女史とミヨン。グムボクの母親だと勘違いしているマルジャに食事を作らせ、イェリョンとグムボクを招待し、マルジャとグムボクに、嫁になる女性だとイェリョンを紹介する。
    35 分
  • 母・マルジャがイェリョンの前で恥をかかされたことを知ったイヌ。謝罪させてやるとムンヒョクを訪ねようとするが、グムボクが必死に止める。イヌはそんなグムボクを、ムンヒョクを好きなのだと誤解して心を痛める。
    35 分
  • リヒャン母娘はミヨンに復讐するために韓国に戻った。工場ぐらいでは満足できないイェリョンは、「ムンヒョクと結婚してTSグループを乗っ取る」と豪語。しかしリヒャンは、人殺しの息子との結婚はダメだと言う。
    35 分
  • ウンシルの事故現場にリヒャン母娘がいた証拠を入手したグムボクは、イヌに調査を依頼する。一方、グムボクとイェリョンは、TSの新製品のネーミングコンペに応募し、グムボクの考案が最終選考に残る。
    35 分
  • マルジャの家を訪れたワン女史とミヨンは、5階建ての商業ビルの契約書をちらつかせてグムボクとムンヒョクを別れさせるよう要求する。しかしマルジャは、ボウル1杯分の塩をぶちまけて2人を追い返す。
    35 分
  • 新製品のネーミングを決めるプレゼンに清掃員の制服で現れたグムボクは、役員たちが反発する中、落ち着いてプレゼンを行う。リヒャンはイェリョンとムンヒョクの結婚に向け、ワン女史とミヨンに贈り物攻勢を掛ける。
    35 分
  • 会社の持ち株の半分を売却するとテジュンに言われ、ムンヒョクは衝撃を受ける。ミヨンはテジュンが捜している人物が誰なのかが気になる。一方、グムボクは新製品ネーミング公募展の最優秀賞を獲得した。
    34 分
  • ついにウンシルと再会を果たしたテジュン。彼に抱きしめられたウンシルは「あなたは私の夫ですか」と聞いてみる。ウンシルと離れたくないテジュンは別荘に彼女を連れていき、一夜を共に過ごした。
    35 分
  • ムンヒョクは、「生地の不正取引について確認したいことがある」とイェリョンとグムボクを呼び出した。グムボクは、携帯電話に録音されたイェリョンの声を聞かせようとするが、削除されていることに気付いて戸惑う。
    34 分
  • 窮地に立たされたイェリョンは酒に酔ってイヌを呼び出し、「私とムンヒョクが結婚できるよう助けてほしい」と頼む。一方、グムボクとの結婚を宣言したムンヒョクに、テジュンは2人を応援すると言うが…。
    34 分
  • イヌは叔父・マルシクとの酒席で、グムボクに対する気持ちと、検事を辞めてTSの法務チームに入った理由を明かす。マルジャは、グムボクとの結婚の許しを請いに訪れたムンヒョクを前に、胸が張り裂けそうになる。
    34 分
  • テスはグムボクに、ウンシルの事故当日は日本へ行っていないと話し、自分ではなくリヒャンを疑えと言う。ウンシルはテジュンから、イェリョンは自分の娘ではないと知らされ、なぜギョンスがうそをつくのか解せない。
    34 分
  • ウンシルは、グムボクが自分の娘であると知って訪ねるが、ギョンスに邪魔される。ギョンスは、9年前の件は事故ではなく仕組まれたことだ、自分はウンシルを陥れた人物に復讐するため韓国に帰ってきたと明かす。
    34 分
  • ギョンスはウンシルに、リヒャンとイェリョンがミヨンからもらった金で裕福に暮らしてきたこと、グムボクはホームレス同然となり母を探し回ってきたことを話した。ウンシルは号泣し、ミヨンに復讐する計画を聞く。
    34 分
  • リヒャンはミヨンに、テジュンとムンヒョクの間に親子関係はないというDNA検査の報告書を見せ、ムンヒョクとイェリョンの結婚を進めるよう強要する。困ったミヨンは、テジュンに隠れてあれこれ取り繕うが…。
    35 分
  • ムンヒョクは、自分がテジュンの実子ではないと知り衝撃を受ける。ウンシルはギョンスから、9年前の事件の目撃者としてテスを紹介される。一方、イェリョンはミヨンがムンヒョクとの結婚を認めたため喜ぶ。
    35 分
  • 会社に復帰したイェリョンは、早速グムボクをいじめ始める。一方、上機嫌で車を運転するリヒャンが音楽をかけると、ウンシルらしき声が、「事故を仕組んだのはあなただ」と喋りだしたため凍りつく。
    34 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ