タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
木曜日更新 第10話配信中

正解するカド

| 2017年 | 216円
ポイント
突然現れた謎の存在「カド」と一人の交渉官。彼らの対話が、まだ見ぬ未来を紡ぐ。
見どころ
想像を絶するファーストコンタクトを経て、謎の存在とのやり取りが繰り広げられるドラマ。人類全体を巻き込んだ問い、国家レベルの対応が進むサスペンスフルな展開も必見。
ストーリー
外務省に勤務する凄腕の交渉官・真道幸路朗。彼の乗っていた旅客機が、突然現れた謎の巨大立方体に飲み込まれてしまった。巨大立方体「カド」から現れた謎の存在・ヤハクィザシュニナは人類との接触を試み、真道はその仲介役を引き受けることになる。
ここがポイント!
監督は「翠星のガルガンティア」の村田和也。脚本は小説家の野﨑まど。キャラクターデザインは有坂あこが務めている。
2018年4月12日 23:59まで配信
(C)TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

エピソード

  • 2017年7月25日。突如、羽田国際空港上空に謎の巨大立方体が現れ、離陸準備に入っていた旅客機が乗客もろとも飲み込まれてしまう。その旅客機には、外務省の凄腕交渉官・真道幸路朗が偶然乗り合わせていた。
    23 分
  • 謎の巨大立方体・カドから現れたヤハクィザシュニナと外務省の交渉官・真道幸路朗。真道を介し、ヤハクィザシュニナが直接交信を望んでいることを知った日本国政府は、とある国際交渉官に白羽の矢を立てる。
    23 分
  • 巨大立方体・カドから再び姿を現した謎の存在・ヤハクィザシュニナと外務省の交渉官・真道幸路朗は、国際交渉官・徭沙羅花と初めて言葉を交わす。報道陣への全面公開の元、人類とヤハクィザシュニナの対話が始まる。
    23 分
  • カドに取り込まれていた乗客の解放が始まった。一方、ヤハクィザシュニナより日本政府へ、電力を無尽蔵に発生させる物体・ワムが供与された。人類の技術を超えるワムを手に入れた日本政府に世界の注目が集まる。
    23 分
  • 日本政府に供与された異方の物体・ワム。国連安保理は国連主導でのワムの厳重管理を主張、制裁をちらつかせて日本に即時提出を要求する。岐路に立たされた首相・犬束構造に、真道はある方策を持ち込む。
    23 分
  • ヤハクィザシュニナと真道幸路朗の依頼により、理論物理学者・品輪彼方はワムの製造法を習得。犬束首相は、その方法を全世界に公表した。世界がどよめく中、真道らは羽田空港を占拠するカドの解決に乗り出す。
    23 分
  • 『ワム』の製造法公開で社会が揺れる中、真道幸路朗は羽田空港を占拠し続けるカドの移転計画に尽力。各所の協力の下カドは無事、狭山湖へ移動した。だが、息つく間もなく、ヤハクィザシュニナは、新たな異方の物体を真道に見せる。
    23 分
  • 言野匠はカド内部で人類に異方の感覚を与え、睡眠をも不要とする装置・サンサを目にする。一方、交渉官・徭沙羅花は「ヤハクィザシュニナを異方に帰したい」と、真道幸路朗に自身の望みを伝えるが…。
    23 分
  • SETTENの言野匠は、ヤハクィザシュニナと共に異方の装置・サンサの映像を世界配信した。一方、徭沙羅花の人類と世界の尊厳を守りたいという思いが真道幸路朗に伝わり、真道はカド内部へ向かうのだが…。
    23 分
  • New
    トワノサキワ
    ワムとサンサが世界を席巻する中、ヤハクィザシュニナは真道幸路朗にさらなる異方の物体を提示し、異方存在の本質的な欲求を告白する。しかし、国際交渉官の徭沙羅花は、性急過ぎる人類の進化に異議を唱え…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ