タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

HOMELAND/ホームランド シーズン6

| 2017年 | アメリカ | 216円〜
ポイント
テロ対策のスペシャリストの終わりなき戦いを描いた社会派サスペンスの第6シーズン
見どころ
シリーズ初となるニューヨークを舞台として新たな物語がスタート。政府やCIAなどさまざまな組織の体裁や陰謀、そして個々の感情の絡み合いから目が離せない。
ストーリー
ベルリンからアメリカに戻ったキャリーは、ニューヨークで不当な扱いを受けるイスラム教徒たちを保護する組織に身を置いていた。一方、米国初の女性大統領が誕生しようとする中、CIAの恩師・ソールと策士のアダールが側近として仕えていて…。
2018年9月14日 23:59まで配信
© 2017 Showtime Networks, Inc., a CBS Company. All rights reserved.

エピソード

  • キャリーは帰国し、アメリカ在住のイスラム教徒のために支援活動を始めていた。そこへ彼女にプロポーズしていたオットーが訪ねてくる。一方、政権の引き継ぎに備えてソールらは、次期大統領に対テロ政策を説明する。
    50 分
  • キャリーはレダと共にテロ組織への的援助をたくらんだ疑いで捕まったセクーを救おうと奔走。クインはキャリーの家で暮らし始めるが、毒ガスの後遺症は残っていた。彼を放っておけないキャリーは旧友に助けを求める。
    55 分
  • イランが核合意を破ったという疑惑の調査を次期大統領から指示されたソールは、アブダビでモサドと合流。同じ頃、裁判所命令を無視してサードと会ったキャリーは、悪い知らせをセクーへ告げに行こうとしていた。
    49 分
  • キャリーの奮闘により釈放されたセクーだが、FBIの協力者になったのではないかと周囲に疑われる。一方、キーン次期大統領は核合意違反の疑い持たれているイランに柔軟な姿勢を取っているとすっぱ抜かれ…。
    49 分
  • ニューヨークで爆発事件が発生。キャリーはセクーの保釈をFBI捜査官・コンリンから責められるが、釈放の裏には彼女も知らない事実が潜んでいた。また、次期大統領のキーンはニューヨークからの避難を強いられる。
    45 分
  • 立てこもり事件でクインが逮捕された。キャリーはこの事件の真相を探ろうとしてFBI捜査官のコンリンに協力を求める。コンリンはクインが撮った写真から手掛かりを探し当て、ある施設にたどり着く。
    47 分
  • 病院から連れ去られたクインは、気付くと周囲に人気のない湖畔の家にいた。そして、傍らに懐かしい女性の姿があることに気付く。一方、キャリーの元にはフラニーが通う学校から1本の電話が入る。
    51 分
  • 戦死した次期大統領の息子をおとしめる計画が進む一方で、亡命を望むジャバディは事態が膠着し、いら立つ。自国の諜報機関内に敵の存在があると疑うソールは次期大統領への取り次ぎを頼もうとキャリーの家を訪れる。
    54 分
  • フラニーを取り戻すため、キャリーはセラピーを受けるがブロディとの過去を話すことで、心の傷が深まるのを感じる。一方、ジャバディの言葉を信じた次期大統領のキーンは、イランへの対応の件でアダルを呼び寄せる。
    47 分
  • クインはアダルと野球帽の男の電話を盗聴し、男の居場所を突き止める。そこで懐かしい人物と再会を果たすことになった。一方、マックスはオキーフの会社に潜入。そこでプロパガンダが行われていると訴えた。
    52 分
  • キャリーはクインに呼び出され、ベルリンでの出来事について彼の口から辛い話を聞くことになる。一方、戦死した息子が偽の英雄だったと告発する動画が公開されたことで、キーンへの批判が高まっていく。
    47 分
  • 特殊部隊が拠点としていた家が爆破されたため、キャリーたちは陰謀の証拠を失う。また、キャリーは首席補佐官のエモンズに状況の報告を行うが、その中で次期大統領の命が狙われていることに気付き…。
    53 分

シリーズ・関連作品

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ