タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
水曜日更新 #9配信中

僕たちがやりました

| 2017年 | 324円
ポイント
#1-#9あと10日で終了
“そこそこ”でよかったはずの日常が大激変!
見どころ
“そこそこ”で生きていた、イマドキな4人の高校生。学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で復讐を企てる。
ストーリー
“そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たち。ある日、ヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされた彼らは、ちょっとしたいたずら心で復讐を企てる。ところが計画実行の日、その計画はとんでもない大事件に発展してしまう。
2017年11月30日 23:59まで配信
©金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ

エピソード

  • トビオ、伊佐美、マル、パイセンがイタズラ半分で矢波高に仕掛けた爆弾が思わぬ大爆発を起こし、10名の死者が出る惨事に。不良たちのリーダー・市橋も死亡したと、蓮子から聞かされたトビオは動揺し、逮捕されるとおびえる。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります
  • 目の前でパイセンが逮捕され、逃げ出したトビオ。だが、自分も捕まるのではないかと怯え学校にも行けず家にも帰れない。まもなく、空港に現れなかったマルから電話が入り、一緒に逃げようと提案。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります
  • 今宵のアパートに伊佐美と身を隠すも、市橋と仲間たちに捕まってしまったトビオは、隙を突いて逃げ出す。そんな中、蓮子から『今から会えない?』というメッセージが。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります
  • 罪の意識に苛まれながら逃亡を続けるトビオは、ひょんなことから出会ったホームレスの男・ヤングに関係を迫られ、絶体絶命のピンチに!だが、このことをきっかけに蓮子への思いに改めて気づく。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります
  • 爆破事件の真犯人を名乗る真中幹男が犯行を自供し、パイセンは釈放に。大爆発は真中の仕業で、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオは、ようやく罪の意識から解放される。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります
  • トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋が入院している病院だった。トビオは罪の意識から逃れるように、今までとは違う自分になることを決意。やけに明るく振る舞うトビオに市橋は戸惑いを隠せない。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります
  • 蓮子とつき合うことになったトビオ。飯室の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなり、幸せの絶頂に浸るが、蓮子に思いを寄せる市橋のことが気になる。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります
  • 市橋が自ら命を絶ち、がく然とするトビオに飯室は追い打ちをかける。市橋への罪悪感があふれ出したトビオは錯乱状態に。その姿に蓮子は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する。
    45 分
    あと10日で終了
    著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ