タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
水曜日更新 第九話配信中

刑事7人(2017)

| 2017年 | 324円
ポイント
7人のスペシャリストが再集結!東山紀之主演の刑事ドラマ第3シリーズ
見どころ
主人公・天樹の妻子の死に隠された衝撃の真相がついに明らかに。最強の敵を前に7人が暴走し始め、回を追うごとにそれぞれの裏の顔が明らかになるところも目が離せない。
ストーリー
犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する最強の別動隊「第11方面本部準備室」が発足し、精鋭7人が再び一堂に会した。ある日、臨海エリアの倉庫で4人の遺体が発見される。天樹悠は、容疑者として浮上した桜田春樹の居場所を突き止めるのだが…。
2018年3月31日 23:59まで配信
©テレビ朝日・東映

エピソード

  • 東京臨海エリアを専従捜査する「第11方面本部準備室」が発足し、天樹悠をはじめ、再び精鋭7人が集結した。そんな中、4人の遺体が発見される。捜査を進めるうちに元機動捜査隊隊員が容疑者として浮上する。
    58 分
  • 法務大臣・仙波清の警備を担当する野村巡査の連絡が途絶えた。天樹悠が仙波邸に着くと、爆弾を装着された野村が家から出てくる。さらに何者かがインターフォン越しに、仙波邸を占拠し爆弾を仕掛けたと宣言する。
    58 分
  • 拉致した被害者をスタンガンで気絶させ、注射器で少しずつ血を抜くという事件が続発する。4人目の被害者は死に至った。捜査を続ける天樹らは、やがて所轄の巡査部長・大友勝正を被疑者として追うことに。
    44 分
  • ロボット技術開発の研究者・川上勇人が、何者かに絞殺された。第一発見者は川上と旧知の仲である区役所の職員・吉原浩作。吉原は川上と待ち合わせしていたところ、助けを求める川上から連絡を受けて急行したと言う。
    44 分
  • 60~70代とみられる身元不明の男が、腹部を刺されて死亡した。男は顔を整形しており、元の顔は12年前に火災事故で死んだ稲留純一だった。天樹悠らは、真相を求めて12年前の火災事故現場へ向かう。
    44 分
  • 天樹悠の妻子が不慮の事故で亡くなって12年。その命日に天樹は、亡き妻の父・堂本俊太郎から、ある衝撃の事実を告げられる。そんな折、臨海エリアで、12年前から不可解な事件が発生していたことが明るみになる。
    44 分
  • 臨海エリアで女性の白骨死体が見つかった。被害者は7年前に失踪し、富士の樹海近くに遺書が残されていた富樫弘美だと判明。天樹らは、女優を目指していた弘美の当時の交際相手や芸能事務所を調べ始める。
    44 分
  • 井村遼の昇進を祝うパーティーで、主役を含む参加者3人が次々と倒れ、井村は死亡。社長の伊藤真理子と個人投資家の原咲希は何とか一命を取り留めた。井村と咲希はパーティーの席で婚約を発表する予定だった。
    44 分
  • 山下巧が拉致され、行方不明となって数週間。室長・片桐正敏の独断で第11方面本部の面々は、臨海エリアの薬物カルテルを摘発。一方、天樹はホームレスを通し、「M」と名乗る人物からの書簡を受け取る。
    44 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ