タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す
水曜日更新 第7話配信中

黒革の手帖

| 2017年 | 324円
ポイント
最強悪女が愛と欲望渦巻く夜の世界で孤高の戦いを挑んでいくサスペンス
見どころ
原作は松本清張の不朽の名作。清張作品初挑戦となる武井咲が、地味な銀行の派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する稀代の悪女・原口元子を熱演。
ストーリー
派遣社員・原口元子は、勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領する。その金と借名口座のリストが記された「黒革の手帖」を盾に、彼女は銀座に自身のクラブ「カルネ」をオープンさせる。元子は自らの欲望のために夜の世界を生き抜いていくが…。
ここがポイント!
武井咲演じる原口元子を取り巻く怪物たちを、江口洋介、仲里依紗、奥田瑛二、伊東四朗ら豪華俳優陣が好演。
2018年3月31日 23:59まで配信
©テレビ朝日

エピソード

  • 母親が遺した借金を返済するため、昼は東林銀行の派遣社員、夜は銀座のクラブでホステスとして働く原口元子。容姿も良く純粋な雰囲気の元子は、クラブの上客である楢林クリニックの院長・楢林謙治の目に留まる。
    59 分
  • 若き銀座のママとして歩み始めた原口元子はある日、元同僚の山田波子と再会する。元彼のために必死に働く波子に、元子は名刺を渡す。カルネ開店から1カ月が経とうとする頃、安島富夫が店にやって来る。
    58 分
  • 原口元子が巡らせた策により、山田波子の新店オープンの話が頓挫する。楢林謙治から「文句があるならカルネのママに言え」と言われた波子は、元子に詰め寄る。しかし、元子は波子を軽くいなし、店から追い出す。
    45 分
  • 銀座のクラブの最高峰・ルダンが売りに出されると耳にした原口元子は、是非とも手に入れたいと考え、次なる一手に思いをめぐらせる。そんな中、元子は上星ゼミナールの理事長・橋田常雄から温泉旅行に誘われる。
    44 分
  • 上星ゼミナール理事長・橋田常雄の裏口入学あっせん者リストを手に入れた原口元子は、銀座の老舗クラブ・ルダン手に入れる計画を実行に移す決意をする。一方、安島富夫は若槻貴子の対抗馬として出馬しようとする。
    45 分
  • 長谷川庄治から銀座の最高峰クラブ・ルダンを買い取る準備を整えた原口元子は、手付金の5千万円を支払い、売買契約書を交わす。元子が自宅に戻ると中岡市子が現れ、楢林謙治から奪った5千万円を返すよう迫る。
    45 分
  • 原口元子は長谷川庄治と約束した期日に契約金の残金を支払えず、ルダンを手に入れることはおろか、カルネまでも差し押さえられてしまう。黒革の手帖も奪われ困った元子は、燭台のママ・岩村叡子を訪ねるが…。
    44 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ