タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

怪獣倶楽部

| 2017年
見放題
1970年代の特撮オタクたちの情熱あふれる青春をコミカルに描いたドラマ
見どころ
円谷プロ協力の下で登場するメトロン星人などが主人公・リョウタを見守る姿がシュールな笑いを生み出す。70年代特撮オタクのリアルな生き様に思わずうなずいてしまう。
ストーリー
1970年代。「特撮に登場する怪獣研究」に青春の全てを注ぎ込み、同人誌「怪獣倶楽部」を作り続ける男たちがいた。そのメンバーの1人、中島リョウタは悩んでいた。日曜日はお付き合いしているユリコさんの誕生日。しかし、怪獣倶楽部の締切日でもあり…。
ここがポイント!
円谷プロ作品を知る人にはますます笑えるネタが随所に散りばめられている。
2018年9月30日 23:59まで配信
©円谷プロ ©『怪獣倶楽部』プロジェクト

エピソード

  • 中島リョウタは悩んでいた。日曜は交際しているユリコの誕生日だが、その日は怪獣倶楽部の大事な締切日でもあった。苦悩する彼をメトロン星人が優しく見守る。特撮か、ユリコか、リョウタは選択を迫られる。
    23 分
  • 怪獣倶楽部のメンバーは「セブン暗殺計画」というテーマで熱い議論を交わしていた。だが、リョウタの顔は浮かない。彼は、ある事件をきっかけに女性と距離を置いているメンバーに、ユリコの存在を隠していて…。
    23 分
  • 喫茶店内で、怪獣倶楽部のメンバーがいる一角だけ、空気が重かった。今回のテーマが難題「さらばウルトラマン」だったからだ。議論が白熱する中、キャップとジョーが衝突。2人は怒りに任せて店を出て行ってしまう。
    23 分
  • リョウタは、同人誌の執筆とユリコとの交際を両立させる日々に肉体的にも精神的にも限界を迎え、悪夢にうなされていた。また、怪獣倶楽部のメンバーは「史上最大の侵略」について真剣に議論し合う。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ