観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

21件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

18件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

14件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

【毎週更新】週間映画ランキング

10件

もっとも観られた映画は?先週の映画ランキング Top10 !

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

New

月刊誌PHP 2021年8月号

|書籍
PHP編集部 | PHP研究所
209円~
ポイント
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
内容紹介
※電子書籍版『月刊誌PHP 2021年8月号』は、電子化にご協力いただけた作品を掲載しております。「あの人は心が強い」「やさしい」と感じる、とても魅力的な人がいますが、具体的にはどんな人のことをいうのでしょうか。2021年8月号では、女優の由美かおるさん、プロレスラーの棚橋弘至さん、作家の万城目学さんなどにご登場いただき、心を強く保つ、やさしくなる、その秘訣について考えます。ぜひ、ご一読ください。
同じシリーズの作品
209円
人生はなかなか思うようにいかないことが多いもの。そんな状況でも、笑顔で明るく前向きに歩んでいけば、元気や希望がわいてくるはずです。2013年1月号では、女優の木の実ナナさんのインタビューをはじめ、辺境作家・高野秀行さんほかのエッセイで、つらいときの気持ちの保ち方について考えます。新連載では、東日本大震災の復興への取り組みを紹介する「東北レポート 復興への道をひらく」がスタート。ぜひ、ご一読ください。
209円
人生では、心が折れてしまいそうになることが多々あるもの。そんなときでも、くじけず、しなやかに乗り越えていく人は、どんな考え方や行動を心がけているのでしょうか。2013年2月号では、歌手の八代亜紀さんのインタビューをはじめ、経営コンサルタント・小倉広さんほかのエッセイで、困難に直面したときの気持ちの強い持ち方について考えます。特別企画では、漢字を楽しく・正しく使いこなすヒントが満載。
209円
何かを始めたいと思っているのに、なかなかスタートできないことがありませんか。思い立ったが吉日、今すぐできることからチャレンジしたいものです。2013年3月号では、俳優の橋爪功さんのインタビューをはじめ、僧侶でシンガーソングライターでもある、やなせななさん他のエッセイで、新しいことを始めたい時の心の持ちようについて考えます。特別企画では、新選組ゆかりの地、京都の歩き方を紹介します。ぜひ、ご一読ください。
209円
やりたいことがあるのに始められなくて、心がもやもやすることがあります。後悔しないためにも、勇気を出して思い切って始めてみませんか。2013年4月号では、北海道日本ハムファイターズ監督の栗山英樹さんのインタビューをはじめ、料理研究家の谷島せい子さん他のエッセイで、後悔しないための心の持ちようを考えます。特別企画では、社会に出た駆け出しの頃どんなことがあったか、読者手記で紹介します。ぜひ、ご一読ください。
209円
新しい環境になじめずに落ち込んだりして、挫折感や焦りを感じることがあるかもしれません。そんなときは、頑張りすぎず肩の力を抜いてみませんか。2013年5月号では、俳優の藤本隆宏さんのインタビューをはじめ、エッセイストの岸本葉子さん他のエッセイで、心のゆとりの持ち方について考えます。特別企画では、心の拠り所にもなる「読書」の役割や意義について、作家・林望さんの特別寄稿と共に紹介します。ぜひ、ご一読ください。
209円
不景気で仕事が思うようにいかなかったり、世知辛い世の中で寂しさを感じ、不安に思うことがあります。しかし、同じような状況でも楽しめる人がいます。2013年6月号では、俳優の原田美枝子さんのインタビューをはじめ、スペランツァFC大阪高槻監督の本並健治さん他のエッセイで、落ち込んだときの気持ちの切り替え方について考えます。特別企画では、山登りの楽しみ方について、田部井淳子さんが紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
たとえ歳を重ねても、どんな境遇におかれても、いきいきと元気に、充実感をもって生きている人がいます。そのような方から、よりよい人生をおくる智恵を学びたいものです。2013年7月号では、俳優の滝田栄さんのインタビューをはじめ、フードコーディネーターの根本きこさん他のエッセイで、毎日わくわくしながら楽しく過ごすヒントについて考えます。特別企画では、「たしなみある日本語の使い方」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
仕事でのスランプや病気など、どんなつらい経験があっても、それを糧として充実した人生を歩んでいる人がいます。だから、困難があっても大丈夫、あきらめなければいつか道がひらけるときがくるのです。2013年8月号では、女優の小山明子さんのインタビューをはじめ、写真家の桃井和馬さん他のエッセイで、どんな苦難も前向きにとらえるヒントについて考えます。特別企画では、「日本の神さまの謎」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
心をなかなかひらけず、周囲とコミュニケーションをうまくとれないことがあります。上手に心をひらいている人は、周囲から信頼され心地よい関係をつくることで人生が広がっていくのではないでしょうか。2013年9月号では、俳優の水谷豊さんのインタビューをはじめ、祗園コンシェルジュの桐木千寿さん他のエッセイで、周囲といい関係を築くヒントについて考えます。特別企画では、「くらしの歳時記」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
突然の病気やスランプなどで落ち込むことがあります。悩みや不安を抱えることは悪いことではなく、きちんと向き合うことで乗り越え、毎日を充実して過ごすことができるのではないでしょうか。2013年10月号では、女優の松田美由紀さんのインタビューをはじめ、落語家の立川志ら乃さん他のエッセイで、悩みから抜け出す気持ちの切り替え方について考えます。特別企画では、「毎日にいかしたい論語」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
一生懸命頑張っているのに、なかなかうまくいかないことがあります。報われない、と悩むこともありますが、誰かが頑張りを見ていたり、努力は将来の財産になるものです。2013年11月号では、野球解説者・野球評論家の工藤公康さんのインタビューをはじめ、映画監督の関口祐加さん他のエッセイで、「苦難を前向きにとらえる考え方」について考えます。特別企画では、「毎日の元気を養う『漢方生活』」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
誰もが悩んで、気持ちがもやもやしてしまうことがあります。その悩みから抜け出し、何が起きても確固とした心の軸を持ち、決してぶれず、前向きに生きるためにはどうしたらいいのでしょうか。2013年12月号では、俳優の榎木孝明さんのインタビューをはじめ、作家の下重暁子さん他のエッセイで、「迷いがなくなる心の持ちよう」について考えます。特別企画では、「気軽に楽しむ『茶の湯』のすすめ」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
しんどいとき、つらいときは、にっこり笑ってリラックス。笑顔でいると、不思議と人間関係がスムーズになったり、気持ちが前向きになるものです。笑顔でコミュニケーションをよくし、人生を好転させてみませんか。2014年1月号では、女優の宮崎美子さんのインタビューをはじめ、作家の井上雅義さん他のエッセイで、「つらいときの心の持ちよう」について考えます。特別企画では、「『和の食文化』入門」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
何かと言い訳をつけて、物事をあきらめてしまうことがあります。気持ちをしっかり持てば、もう少し頑張ってみようと思えるのではないでしょうか。2014年2月号では、タレントの原田伸郎さんのインタビューをはじめ、映画字幕翻訳者の戸田奈津子さん他のエッセイで、「気持ちが萎えてしまったときの心の持ちよう」について考えます。特別企画では、「生誕120年 松下幸之助の考えた『素直な心』」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
新たなことを始めようとしても、躊躇して前に進めないことがあります。そんな時は、行動してみて新たな一歩を踏み出してみれば、明日への道がひらけてくるのではないでしょうか。2014年3月号では、相田みつを美術館館長・相田一人さんのインタビューをはじめ、宇宙飛行士の向井千秋さん他のエッセイで、「新しいことを受け入れる心の持ちよう」について考えます。特別企画では、「お遍路の楽しみ方」を紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
相手を心地よくさせることで自分も嬉しくなるという「おもてなしの心」。その大切な心を、今一度、思いおこし身につけたいものです。2014年4月号では、華道「未生流笹岡」家元・笹岡隆甫さんのインタビューをはじめ、イラストレーター・エッセイストのこぐれひでこさん他のエッセイで、「身近な人間関係で心がけたい相手への気配りや配慮」について考えます。特別企画では、「私の挑戦」を読者手記で紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
失敗してくよくよしたり、物事がうまくいかずに悲観的になることがあります。ただ必要以上に不安に思わず、おおらかに受け止めたほうがいいといいます。2014年5月号では、フリーキャスターの丸岡いずみさんのインタビューをはじめ、スノーピーク代表取締役社長の山井太さん他のエッセイで、「不安との上手な向き合い方」について考えます。特別企画では、「地域を変える『読書』の取り組み」について紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
困難を前にしても動じないために、確固としたぶれない自分の軸をもちたいものです。そんな人は心の拠り所をもつことで心にに余裕があり、毎日の生活を楽しんでいるのではないでしょうか。2014年6月号では、元プロ野球選手の石井一久さんのインタビューをはじめ、作家の澁澤幸子さん他のエッセイで、「気持ちのゆとりの持ち方」について考えます。特別企画では、「野菜づくり」の楽しみ方について紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
誰しもがマイナス思考になったり、コンプレックスを感じて落ち込むことがあります。そんなとき、考え方を上手に切り替えれば、プラス思考で物事を考えることができるのではないでしょうか。2014年7月号では、俳優・演出家の坂上忍さんのインタビューをはじめ、スタイリストの原由美子さん他のエッセイで、「前向きに生きる考え方」について考えます。特別企画では、「ラジオ体操の楽しみ方」について紹介。ぜひ、ご一読ください。
209円
忙しさにおわれ余裕なく過ごしていると、大切なものを見失いがちになります。少し立ち止まって物事を見る角度を変えるだけで、何でもないことが有り難く思えるようになるのではないでしょうか。2014年8月号では、スキージャンプ選手の葛西紀明さんのインタビューをはじめ、元女流棋士の林葉直子さん他のエッセイで、「感謝すべきあたりまえ」について考えます。特別企画では「坐禅と養生法」について紹介。ぜひ、ご一読ください。
作品情報
出版社
レーベル