観るのも読むのも、これひとつ。

映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで。U-NEXTひとつで楽しめます。

まず31日間 無料体験
キャンペーン・イチオシ作品の情報を発信中

スタッフおすすめ見放題傑作選!

21件

見放題でこんなに楽しめる!各ジャンルから選りすぐりの名作、傑作、話題の新着をピックアップ。

劇場公開&放送から間もない最新作

18件

ジャンルを問わず、ハイクオリティな最新作が勢揃い!

一度は憧れた、かっこいい不良・ヤンキー系

14件

素行やガラは悪くても、自分の心を信じて突き進む信念を持つキャラクターの姿に惹かれる。

【毎週更新】週間映画ランキング

10件

もっとも観られた映画は?先週の映画ランキング Top10 !

美しい顔と肉体!パク・ソジュン出演作

14件

ドラマや広告で引っ張りだこ!ラブコメからサスペンスまで、作中で披露される肉体美にも注目!!

罪の比重

|書籍
新津きよみ | U-NEXT
読み放題
読む
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん! 日本最大級の動画サービス
内容紹介
短編集「家庭恐怖コレクション」の最終話。3か月前、宇都宮で一人暮らしをしていた史子が86歳で亡くなり、一人娘の聡子(62)と孫の美香(34)は、遺品整理のために史子の家を訪れるようになった。史子の夫の謙造は聡子が高校一年生の折、愛人をつくって家を出て以来、行方が知れないままだった。伴侶を亡くし、中学教師の職も引退した聡子。美香は独身のまま、企業でデザイナーとして活躍中。二人が住む上尾の自宅からは遠い一軒家をどうするか? 家じまいをすべきか、女系三代、各人の思いが交錯する。
新津きよみ
著者
新津きよみ(にいつ・きよみ) 長野県生まれ。青山学院大学を卒業後、旅行代理店勤務などを経て、1988年に作家デビュー。巧妙な心理サスペンスや、日常に根ざした質の高いホラーに定評がある。短編の名手としても名高く、数多くのアンソロジーに作品が収録されている。映像化作品に『トライアングル』『ふたたびの加奈子』など。近刊に、『二年半待て』(徳間文庫大賞2018)『シェアメイト』『誰かのぬくもり』『夫が邪魔』などがある。
同じシリーズの作品
なんでもないはずの日常に潜む闇をえぐり出す、練達の作家によるホラー短編コレクションの第1話。さいたま市内の調剤薬局に勤務する真砂子は、医療関係者が集まると聞かされた合コンで寛之と出会った。設計事務所に勤める寛之は、新規開業するクリニックの設計を手がけた縁で、その場にいた。三年間の交際を経て、二人は結婚。夫婦共働きの新婚生活は快適そのもの。夫になった寛之は思いやりがあり、家事の分担もすすんでやってくれる。そんな夫に対して、唯一つと言っていい気がかりを真砂子は感じていた。寛之の六歳上の姉・治美の存在だ。治美は高崎市の実家で両親と暮らしていて、未婚だった。寛之は治美にどうにも頭が上がらない。母親が病弱だったため、治美は若くして家事全般を担ってきた。いや、それ以上に姉弟の間には強い絆が存在した。やがて三十歳を過ぎ、真砂子は待望の妊娠を果たしたが……。女性の深層心理に肉薄して、背筋が粟立つほど怖い。
短編の腕利きが手がけるホラーコレクションの第2話。語り手の「博美」は、「自分が一人っ子だ」と意識した日を今でも覚えている。小学二年生の頃だ。「どうして、わたしにはきょうだいがいないの?」「弟がほしい」と言って母親を困らせた。いたいけな願いは、その後、思いがけない経緯で実現する。中学入学の直前、両親は離婚し、家を出ていった実母は再婚して男児を産んだという。10歳以上、歳の離れた異父弟「隆志」だった。「博美」は父親と、父方の祖母と一緒に暮らすようになったが、意外にも母親を恨む気持ちは抱かなかった。愛された記憶が強かったのだ。「博美」は女子大を卒業し、絵の具メーカーに就職。一人暮らしを始めて仕事に没頭し、気がついてみると36歳、未婚。祖母、再婚していた父親も亡くなると、まだ一度も会ったことのない「隆志」から手紙が届き、人生の転機がやってくる。血のつながりを問い、家族のありように迫って怖い。
巧緻が冴えるホラー短編コレクションの第3話。主人公の武田美登里は48歳になったのを機に、信州にある実家に移り住もうと決心する。三年前に父を、その翌年に母を亡くして以来、実家は空き家になっていた。都内で看護師をしてきた美登里は独身で子供もなく、手術室所属の激務に疲れたせいもあり、郷里に帰って訪問看護の仕事をはじめようと考えたのだ。帰宅した美登里に、右隣に住む小宮が声をかけた。小宮の奥さんには、空き家を気にかけてもらってきたが、介護が必要な夫を施設に入れ、自分は尼崎に住む息子と同居するので、近々、転居すると言う。その小宮が、気になる一言を洩らした。武田家の左隣の丸山家の奥さんが「ちょっとおかしい」らしい。丸山さんの奥さんは81歳。夫に先立たれ、息子・清隆と二人暮らしだが、清隆は長年、ひきこもっているので有名だった。そんな折、美登里は小学校時代に一番仲の良かった同級生・岩岡雅美と再会する・・・・・・。
短編集「家庭恐怖コレクション」の第4話。多摩地区にあるM中学校の二学期の始業式の日、転校生の白鳥麗美(しらとり・れいみ)が1年2組にやってきた。瀬戸内海に面し、自然に恵まれた港町で育ち、夏休みは毎日のように海で泳いでいた麗美の肌はすっかり日焼けしていた。名前と容姿とのギャップ、そんななんでもない理由から、彼女はたちまちいじめの対象となり、深く傷ついた。27年後、学級委員を務めていた権田基樹の呼びかけで、同窓会が企画されたが、不惑の歳を迎えたかつてのクラスメイトたちの間には波紋が広がり……。
短編集「家庭恐怖コレクション」の第5話。後藤紀美子(47)が、かつて義母だった橘澄枝(72)と乗り換え駅で偶然、再会する印象的なシーンで本作は幕が開く。九年前、紀美子は大学の同期だった夫を、澄枝にとっては長男の夏輝を心筋梗塞で亡くすという痛ましい過去を共有していた。一級建築士として活躍し、建設会社の管理職の地位にある紀美子は独身のまま。澄枝は、夏輝の妹である弥生とその夫、孫二人と同居していた。離れ離れになったはずの二人の人生に思わぬ交点が生じて……。
短編集「家庭恐怖コレクション」の最終話。3か月前、宇都宮で一人暮らしをしていた史子が86歳で亡くなり、一人娘の聡子(62)と孫の美香(34)は、遺品整理のために史子の家を訪れるようになった。史子の夫の謙造は聡子が高校一年生の折、愛人をつくって家を出て以来、行方が知れないままだった。伴侶を亡くし、中学教師の職も引退した聡子。美香は独身のまま、企業でデザイナーとして活躍中。二人が住む上尾の自宅からは遠い一軒家をどうするか? 家じまいをすべきか、女系三代、各人の思いが交錯する。
作品情報
出版社