タイトルとの一致

  • 該当する検索結果がありません

キャスト・スタッフとの一致

  • 該当する検索結果がありません
一覧から探す

ビーストサーガ

第26話  絶望と勇気

23 分
残る巨大水竜はあと1体。気力を振り絞ってサイコロットを撃ち続けるライオーガたちだが、徐々に劣勢に追い込まれていく。牢に入れられていたジャンジャンたちも駆け付けて加勢するが、巨大水竜を止められず…。

エピソード

  • グロリア王国の首都・プログレスでは、王の側近たちが姿を消した王を捜していた。ちょうどその頃、王国南部の田舎町にフードで身を隠した男がやって来た。その男こそ、グロリア王国国王・ライオーガだった。
    23 分
  • 公務に励むライオーガの元に王国軍の輸送船が海賊・デスハート団の襲撃に遭ったという報せが届く。さらに漁港の町・ブルーラグーンが占拠されたという続報を受けたライオーガは自ら海賊退治に出向くことを決意する。
    23 分
  • 圧倒的な強さを誇る父王・ライオーガを尊敬する王子・オーガは、国内に1人だけその父と互角に戦えるものがいると知り、誰なのか興味を抱く。一方その頃、王国軍の各部隊が襲撃される事件が相次いでいた。
    23 分
  • 無限のエネルギーを産み出す神秘のエネルギー体・ゴッドロット。グロリア王国はそのうちの1つ炎のゴッドロットを所有していた。しかし、その炎のゴッドロットを奪い、ライオーガに反逆を企てる者がいた。
    23 分
  • 一進一退の攻防を繰り広げるライオーガとゴールダー。亡き祖父に誓ったベンガ国再興と、ライオーガへの激しいライバル心。この2つがゴールダーを突き動かしていた。果たして2人の戦いの結末は…。
    23 分
  • 炎のゴッドロットの力を得て、ライオーガに勝利したと確信するゴールダー。しかし、ライオーガは倒れてはいなかった。ゴールダーはライオーガを倒すため、さらにゴッドロットの力を引き出そうとするが…。
    23 分
  • デスハート団が水のゴッドロットの三つのパーツ全てを手中に収めるために動き始めた。ボトムパーツを保持する鱗板宮殿へ攻め込むビルソードとマンタレイの前に、傭兵・セイラスが立ちはだかり…。
    23 分
  • グロリア王国軍は海賊団に振り回されてばかり。特務諜報軍と高速機動軍は沿岸の警戒網を突破され、海賊の侵攻を許してしまう。その事実を知ったライオーガは、国民を守るため牙錠砦に出陣するが…。
    23 分
  • ギャリソンGたち重装攻撃軍はビルソード率いる海賊団を迎え撃つが、海賊に主導権を握られ、苦戦を強いられる。それを知ったオーガは周囲の制止を振り切って城下町に向かい、アゴールの大群相手に奮戦するが…。
    23 分
  • ライナスを倒した海賊たちは、深海の魔術師・サーモマンサーの作った秘薬によって炎のゴッドロットに触れることが可能な状態にあった。シーレンスはアゴール兵たちにゴッドロットを運び出すよう指示するが…。
    23 分
  • 病院を抜け出し宝物庫にやって来たライオーガは、民を守れず、炎のゴッドロットを奪われた自分を王失格だと責めていた。ビッグセロウは、国を復興させるためにも早く傷を癒やすべきだとライオーガを励ます。
    23 分
  • デスハート団によるプログレス襲撃から3日後の満月の夜。海賊たちのアジトでは、メガテンペスト発動のための儀式が執り行われていた。水のゴッドロットは、キラーシャークの求めに応じて彼に力を与えるが…。
    23 分
  • ライオーガたちグロリア国王軍は1体の巨大水竜を倒すが、何と水竜はあと2体いるらしい。その時、キャプテンイーグル率いる風の戦士団が救いの手を差し伸べる。彼らは2体のうち、1体の退治を引き受けるという。
    23 分
  • 巨大水竜の甚大な被害を受けたグロリア王国では、王国軍の兵士が風の戦士団の協力の下、救助活動に励んでいた。一方、ライオーガはターロックの潜水艇・ベッコウ丸の力を借りてデスハート団の本拠地に突入していた。
    23 分
  • デッドロックではシャーク3兄弟がそれぞれ大立ち回りを繰り広げていた。末弟・パワーシャークの相手を引き受けたライナスだったが、パワーシャークのパワーはライナスをも上回り、苦戦を強いられる。
    23 分
  • ライオーガとキラーシャークの一騎打ち。キラーシャークの猛攻の前に追い詰められるライオーガ。しかし、仲間やグロリア王国の民を守るという魂の思いに炎のゴッドロットが共鳴し、すさまじい力が体内に与えられる。
    23 分
  • 復興のためグロリア王国を巡回していた高速機動軍が久々にプログレスに帰還。順調に復興しているというゼブラックスの報告を受けて満足するライオーガに対し、オーガは一番大切なものが元に戻っていないと進言する。
    23 分
  • 順調に復興が進むグロリア王国。だがソアラ聖国の愛艶神官・スワンイクシードは、最近立て続けに起こっている山賊の横行、ゴールダーの反乱、デスハート団による侵攻などに関し、闇の力が働いていると危惧していた。
    23 分
  • 高速機動軍が逮捕にやって来ることを知ったチタンバートンは、凄腕のガンマン・ウルフェンを用心棒として雇う。だがウルフェンはライオーガとの勝負にしか興味が無く、高速機動軍の戦士たちを相手にしようとしない。
    23 分
  • ソアラ聖国から、ライオーガを招待する案内が届いた。返礼のためにキャプテンイーグルの元を訪れたいと考えていたライオーガはソアラ聖国へ向かう。だがその招待の裏には、空の神官団たちによる陰謀が隠されていた。
    23 分
  • 竜宮王国に攻め込んできたアルダイル一味を迎え撃つターロックとリュウコツマル。王女・オトヒメも自ら長刀を手にして参戦し、必死に抵抗する。だがアルダイル一味の侵攻を止めることができず…。
    23 分
  • ライオーガは、バーゴラーたちの目的が暗黒神の復活だと知る。暗黒神を封じる封印石の一つが解けたことを喜ぶバーゴラー、パラダイン、グンバーの三神官。彼らによって第2第3の封印石も次々と輝きを失っていき…。
    23 分
  • 残る封印石はあと4つとなった。デスコンドルの復活阻止のため大聖堂へ向かうライオーガたち。そこでバーゴラーたちと対峙し、改めて彼らのただ者ではない気配を感じ取ったライオーガは気を引き締める。
    23 分
  • ついに復活を果たしたデスコンドルは、手を貸したバーゴラーたちを一瞬で消し去り、この世の全てを破壊し尽くすと宣言する。ビースト星全土に分身を放ったデスコンドルに、ライオーガたちは必死で抵抗するが…。
    23 分
  • ライオーガのピンチを救ったのは、終生のライバル・ゴールダーだった。精気を蘇らせたライオーガは渾身の一撃を放ち、最後のゴッドロットをデスコンドルから弾き出すことに成功する。しかしデスコンドルに異変が…。
    23 分
  • 残る巨大水竜はあと1体。気力を振り絞ってサイコロットを撃ち続けるライオーガたちだが、徐々に劣勢に追い込まれていく。牢に入れられていたジャンジャンたちも駆け付けて加勢するが、巨大水竜を止められず…。
    23 分

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ70024001

inside U-NEXT サイトマップ